「ふぐ」と「カキ」が登場!10月の吉池食堂で、秋の味覚を味わいませんか。

カキフライの写真です。5cm位の大きさのカキが4個、白いお皿に盛られています。レモンとからしが添えられています。

秋の味覚が満載な10月の吉池食堂を紹介します。

57歳でフリーターになったUn lapinです。上野の東京都美術館の帰りに御徒町の吉池食堂で食事をしました。

10月の吉池食堂には「ふぐ」と「カキ」が登場していました。今回は、御徒町の吉池食堂の秋の味覚を紹介します。

吉池食堂

御徒町駅の目の前にある吉池ビルの9階に吉池食堂はあります。

吉池食堂の入り口に掲げられた赤い暖簾の写真です。高さが2m位の大きな赤い暖簾です。白い字で吉池食堂と書かれています。

入り口には、赤い暖簾がかかっています。

エントランスの壁面には一升瓶が並んでいます。

吉池食堂の入り口の壁に並ぶ一升瓶の写真です。壁一面、4段の棚に日本酒の一升瓶が並べられています。

ここを通ると、テンションが上がってきます。

店先には10月のメニューが掲げられていました。

吉池食堂の入り口に掲げられていたメニューの写真です。カキフライとフグが紹介されています。ふぐは、平仮名でふく、と書かれています。刺身とふぐちり、唐揚、ひれ酒が写真入りで載っています。

10月になって「ふぐ」と「カキ」が登場。

カキはフライ。ふぐは刺身と鍋、唐揚げが食べられます。ふぐのひれ酒もOK。

ご飯も新米になっていました。

吉池食堂の入り口に掲げられているメニューの写真です。ご飯が新米になったことが紹介されています。お米の銘柄は、きらきらです。奥越後の棚田で栽培されたお米です。

奥越後の棚田で穫れた「きらきら」。おかわりは自由です。

入り口の水槽には、大きなサザエ。

吉池食堂の入り口に置かれていた水槽の写真です。中には生きたサザエがいます。本日のおすすめ、と紹介されています。

生きの良いサザエは、本日の「おすすめ」です。

ちょい飲みセット

生ビール

キリン一番搾り。

生ビールの写真です。ジョッキ入ったビールがテーブルに置かれています。グラスにはKIRIN BEER 一番搾り、と銘柄が描かれています。

お客さんの回転が良いので、吉池食堂のビールはいつも新鮮です。

本日の小鉢

アジの南蛮漬け。

アジの南蛮漬けの写真です。10月のちょい飲みセットについてきました。白い小鉢にエノキとアジが盛られています。七味の赤色がアクセントになっています。

エノキが入っていました。七味がきいてピリッとします。

タコキムチ

キムチの辛味がタコに良く合います。

タコキムチの写真です。10月のちょい飲みセットについてきました。茶色い小鉢に盛られています。

コリコリとした歯ごたえ。お酒のつまみにピッタリでした。

本日のお刺身

マグロの中落ち。

お刺身の写真です。10月のちょい飲みセットについてきました。マグロの中落ちです。大葉と大根のつまが添えられています。

濃厚な旨みでした。

さざえのつぼ焼き

プリプリのサザエ。千葉県鵜原産。

サザエのつぼ焼きの写真です。吉池食堂の入り口の水槽にいたサザエです。白い皿にサザエが一個、殻ごと盛られています。

肝はほろ苦い甘みがあり、磯の旨みを味わえます。

揚げ銀杏

翡翠色をした銀杏。

揚げ銀杏の写真です。銀杏は翡翠色をしています。

プリプリとした歯ごたえ。ほろ苦さが日本酒に合います。

カキフライ

今シーズン初めて食べたカキフライ。

カキフライの写真です。5cm位の大きさのカキが4個、白いお皿に盛られています。レモンとからしが添えられています。

ふっくら、サクサクとした歯ごたえ。とてもジューシーでした。

丸ごとトマトサラダ

とても甘いトマトです。

トマトサラダの写真です。白いお皿に8切れのトマトがリング状に並べられています。中央には玉ねぎと香草が添えられています。

ドレッシングの酸味がトマトの甘み絶妙に引き立てていました。

ふぐの唐揚げ

ふぐの唐揚げが10月から登場しました。

ふぐの唐揚げの写真です。2切れのふぐの唐揚げに、ししとうとすだちが添えられています。

外はカリカリ、実はふわっと淡白な味わいです。

肉豆腐

味がしみ込んだ豆腐と玉子が絶品。

肉豆腐の写真です。土鍋に豆腐と春菊、ゆで卵、白滝、豚肉が入っています。

美味しいので、ぜひランチの定食に加えてもらいたい一品です。白いご飯に豆腐と汁をかけて食べたくなりました。

若鶏のパセリ・パン粉焼き カボチャのソース

吉池食堂には珍しい洋風の一品。

若鶏のパセリ・パン粉焼き カボチャのソースの写真です。若鶏にソテーしたじゃがいもとレンコンが添えられています。

鶏肉だけでなく、レンコンとじゃがいもがカボチャのソースに良くあっていました。

松茸土鍋 炊き込みご飯

メニューに炊き込みご飯があると、注文してしまいます。

松茸の炊き込みご飯の写真です。土鍋で炊かれた松茸ご飯の上に三つ葉が散らされています。

つやつやのご飯に松茸の香り。これこそが秋の味覚です。満足しました。

こだわりの おでん

10月になって、メニューに「おでん」が登場していました。

吉池食堂の10月のおすすめのメニューです。おでんが、写真付きで紹介されています。値段は780円です。玉子とこんにゃく、大根、もみじ麩、はんぺん、つくね、結び昆布、巾着が入っています。

玉子とこんにゃく、大根、もみじ麩、はんぺん、つくね、結び昆布、時鮭・男爵の巾着。

ボリュームがあり、コストパフォーマンスは抜群。こちらもランチに追加して欲しいメニューです。

アジフライ

10月から、アジフライだけを注文できるようになりました。

吉池食堂の10月の昼のランチのメニューです。10月からアジフライを単品で注文できるようになりました。950円です。

細かいことですが、9月まではミックスフライかロールキャベツ、豚の生姜焼きとのセットでないと、アジフライは食べられませんでした。

アジフライ好きには朗報です。

吉池食堂で秋の味覚を満喫しました。帰り際、出口に「ありがとう 築地市場」のポスターがかかっていました。

吉池食堂の出口に貼られていたポスターの写真です。ありがとう築地市場、と書かれています。2018年10月6日に築地市場は閉場しました。上握りが1,800円から1,500円に、刺身盛り合わせが3,400円から3,000円に値下がりしています。

築地は10月6日に閉場、11日に豊洲が開場します。

豊洲へ移転する築地市場に感謝して、お寿司と刺身がサービス価格になっていました。

市場が休場している間も、吉池は全国各地から直送で魚を仕入れているそうです。

鮮魚売り場

吉池食堂の帰りに1階の鮮魚売り場を覗いてみました。町のスーパーとは異なり、丸ごと一匹の魚がごろごろしています。

入り口近くで、珍しい食材を見つけました。

ミネフジツボ

青森県産のフジツボです。甲殻類の一種で、大きさは5㎝くらい 。

ミネフジツボの写真です。紙袋にフジツボが6個入っています。ミネフジツボは5cm程の大きさで、富士山のような形をしています。

塩ゆでにすると、濃厚なうま味を味わえます。殻に残った汁も絶品です。早速、購入しました。

以上、10月の吉池食堂の秋の味覚を紹介しました。「ふぐ」と「カキ」が登場して、吉池食堂は秋の味覚が満載でした。

御徒町駅前にある吉池食堂。10月は「ふぐ」と「カキ」が主役です。

 

カキはフライ。ふぐは刺身と鍋、唐揚げで食べられます。ふぐのひれ酒も頂けます。

 

上野や秋葉原へ来る機会があれば、ぜひ御徒町の吉池食堂で秋の味覚を味わってください。オススメのお店です。

 

「吉池食堂」に興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

土鍋ご飯が復活。9月は吉池食堂で「松茸ご飯」を食べられます。

9月もオススメは秋刀魚。御徒町の吉池食堂で、美味しい秋刀魚を食べられます。

今年初めての秋刀魚の塩焼き。御徒町の吉池食堂で頂きました。

6月は「あゆ」と「はも」。御徒町の吉池食堂で、初夏の味覚を味わいました。

5月のおすすめは「あさりご飯」です。

御徒町の吉池食堂、4月は桜えびが主役です。

3月の吉池食堂。春の食材を美味しく味わえます。

御徒町の吉池は「新潟の食のテーマパーク」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください