ミネフジツボを食べたことがあますか? 濃厚なカニと上品なエビをあわせた味わいです。

ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。

みなさんは、ミネフジツボを食べたことがありますか?

濃厚なカニと上品なエビをあわせたような味わい。

料亭で出される高級食材です。

紙袋に入ったミネフジツボの写真です。御徒町の吉池で売られていました。

今回のミネフジツボは青森県産で御徒町の吉池で購入しました。

売り場の人の話では、塩ゆでが美味しくてオススメ。

さっそく購入して、ミネフジツボを塩ゆでにしました。

カニとエビを混ぜて濃厚にしたような旨み。

日本酒にぴったりでした。

みなさんも、ミネフジツボを見つけたら、ぜひ試してみてください。

身だけでなく、汁も絶品です。

ミネフジツボ

峰富士壺と書きます。峰は「高い」 という意味。

ミネフジツボの写真です。高さが3~4cm位あります。2個~4個の殻がくっついて一塊になっています。

海岸の岩場や船底で見かけるフジツボとは大きさがまったく異なります。

高さは3~4cm位。青森県の陸奥湾で養殖されています。

ミネフジツボの殻の中を覗いた写真です。くちばし状の蓋板が動いています。

殻の中を覗くと、くちばし状の蓋板が動いていました。

塩ゆで

鍋にミネフジツボが浸るまで水を入れ、塩と日本酒を加えます。

ミネフジツボを茹でている写真です。鍋にミネフジツボが浸る量の水を入れ、塩と日本酒を加えて湧かしています。

鍋を火にかけ、水が湧いてきたらミネフジツボを並べてください。

ミネフジツボを茹でている写真です。5分ほど沸騰させたら、ミネフジツボの蓋板が開いてきました。

沸騰してから5分茹でると、蓋板が開いてきます。

茹ですぎると身が縮んで固くなってしまうので注意が必要。

塩ゆでしたミネフジツボの写真です。富士山のような形をしています。噴火口の部分から開いた蓋板が見えます。

ミネフジツボの身を取り出して熱いうちに食べます。

食べ方 

殻を割って、ツメを指でつまみながら身を引き抜きます。殻は大きく割ってください。

ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。

ツメに付いたウニのような塊がミネフジツボの卵巣。

チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶けます。

旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わい。

殻の中に残った汁をこぼさないでください。

汁が絶品で、磯の香りと旨みが凝縮されています。  

日本酒にぴったりの一品でした。

「ミネフジツボの塩ゆで」33秒の動画レシピです。ぜひご覧になってください。

御徒町の吉池でミネフジツボを購入して、塩ゆでにして食べました。

 

ミネフジツボの身は、カニとエビを混ぜて濃厚にしたような旨みでした。殻の中に残った汁には、磯の香りと旨みが凝縮されています。

 

茹でるだけで日本酒にぴったりの一品が味わえます。皆さんもミネフジツボを見つけたら、塩茹でをぜひ試してください。

吉池で見つけた珍しい食材の記事を書いています。

 

ホヤの酒蒸しは、日本酒にピッタリです。

 

トコブシは姿も味も、アワビにそっくりです。

 

「亀の手」は美味しい。食べ始めたら止まりません。

 

ぜひ、こちらの記事もご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください