味はサザエ、食感はアワビ。「ながらみ」を食べたことがありますか?

ながらみの写真です。直径が2ー3cmの巻貝で、ヤドカリのような形をしています。表面はツルツルと滑らか鮮やか色をしています。

「ながらみ」という貝を見かけたので、塩ゆでにしてみました。

サザエに似た味で、アワビのよう食感。

酒の肴に絶好でした。

簡単に調理できる「ながらみ」の塩ゆでを紹介します。

ながらみ

直径は2~3cm。

形はヤドカリのよう。

ながらみの写真です。直径が2ー3cmの巻貝で、ヤドカリのような形をしています。表面はツルツルと滑らか鮮やか色をしています。

色は鮮やかで、表面はツルツルと滑らか。

正式な名前は「ダンベイキサゴ」。

漢字では「團平喜佐古」と書きます。

團平とは川や運河などで雑荷・肥料・石などを運ぶ平底の荷船のこと。

旬は春から夏。

日本各地の砂浜に生息しています。

購入したながらみは千葉県産でした。

とても元気で、殻から身を出して動いていました。

調理方法

ながらみの調理方法を紹介した動画です。

 

砂抜き

 美味しく食べるためには砂抜きが重要です。

ながらみは砂を多く含んでいるので、一晩かけて砂抜きをしました。

ながらみを砂抜きしている写真です。バットに網をしいて、ながらみが容器の底に接しないようにしています。

ザルや網を使って容器の底から、ながらみを離します。

ながらみが容器に接していると、吐き出した砂を再び吸い込んでしまうので注意してください。

塩ゆで

塩水にながらみを入れて、ゆっくり茹でます。

ながらみを塩水で茹でている写真です。沸騰したら1分程で火を止めます。

沸騰したら1分程で火を止める。

火を通しすぎると身が硬くなってしまいます。

茹であがったながらみの写真です。。火を通しすぎると身が硬くなってしまうので、沸騰したら1分程で火を止めます。

食べるときは貝の口に付いている茶色の薄い膜を取り除き、ようじを使って身を取り出します。

ながらみの身を楊枝で取り出している写真です。 貝の口に付いている茶色の薄い膜を取り除き、クルッと回しながら取り出します

砂が残っていたら、身をゆで汁で洗いながら食べてください。

味はサザエのようで、ほのかな甘みと磯の風味を感じました。

食感は柔らかいアワビのよう。

肝に苦味はありません。

ながらみの殻と身の写真です。身は楊枝を使って取り出しました。

とても美味しくて、食べ始めたら止まらなくなりました。

酒の肴に絶好。

皆さんも見つけたら、ぜひ試してください。

吉池

ながらみは御徒町にある吉池の鮮魚売り場で見つけました。

吉池は御徒町駅前にある総合スーパー。

鮮魚売り場は吉池ビルの1階。

まるごと一匹の魚や、珍しい貝や魚卵が揃っています。

肴になる食材が揃っているので、お酒が好きな方にもオススメします。

絶対に満足できるお店です。

吉池で見つけた珍しい食材の記事です。

亀の手の写真です。柄を引き剥がすと、爪にピンク色の身がついています。この身を食べます。 やめられない♪ 止まらない♪ 「亀の手」は食べ始めたら止まりません。 茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。 「タコの卵」を初めて食べました。白子に似たクリーミーな味わいです。 茹で上がったうちわえびの写真です。全長は15cmですが、尾をお腹の側に丸めているので10cmほどになっています。茹でたら甲羅はオレンジ色になりました。 「うちわえび」を食べたことがありますか? カニの味覚とエビの歯ごたえを味わえます。 ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。 ミネフジツボを食べたことがあますか? 濃厚なカニと上品なエビをあわせた味わいです。 トコブシの含み煮の写真です。白い皿にトコブシが盛られています。5cm程の大きさで、アワビより二回り小さいです。貝殻の内側は真珠のように輝いています。 アワビの子ども? トコブシは姿も味も、アワビにそっくりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください