ストウブ鍋でご飯を美味しく炊く方法。もっと美味しいご飯を食べたい方にオススメです。

鍋でご飯を炊いている写真です。フタをしていないので、沸騰したお湯が吹き上がり、あふれそうに泡だっている様子がわかります。鍋は鋳鉄製のホーロー鍋です。黒色の丸い鍋で、大きさは直径が14cm、高さが10cmです。

ストウブ(STAUB)鍋を使った美味しいご飯の炊き方を紹介します。

炊飯方法は柾式炊飯術。

『ご飯の炊き方を変えると人生がかわる』(晶文社 、2019)の著者真崎庸さんが考案した炊飯方法です。

柾式炊飯術の特徴は、お米を完全に吸水させて、強火で一気に炊き上げること。

外硬内軟に炊き上がったご飯は、粘りがなく旨みを強く感じられます。

もっと美味しいご飯を食べたい方にオススメの炊飯方法です。

「柾式市販術」ストウブ鍋を使ってご飯を炊いています。

柾式炊飯術

真崎庸さんは東京都中野区にある「柾(まさき)」という和食屋のご亭主。

お店のコンセプトは、炊きたてのご飯がおいしいおまかせ料理の飲み屋さん。

真崎さんの求めるご飯

一粒一粒を噛みしめられる
口の中ではらりと解ける
内部は火が通っていて柔らかい
外側はしっかりとしている

ご飯の炊き具合は、コンロの火力や鍋の形、炊く量、水加減など様々な要素で変わります。

真崎さんの本には、うまく炊けなかったときの対処法が詳しく書かれているので、自分にあった炊き方が見つかります。

ストウブ鍋を使った炊飯方法

調理環境

私は次のような環境でご飯を炊いています。

米は1合

鍋は14cm径のストウブ鍋

熱源はIHヒーター

柾式炊飯術では鍋の指定はありません。

穴が空いていなければ何でも可。

火加減の調節が肝心なので、火の強さを変えたときに反応のよい鍋がオススメ。

材質は熱伝導がよく、少し厚みのある鍋が理想です。

私は自宅にあった14cm径のストウブ鍋を使用しています。

ご飯を炊くのに使っている鍋の写真です。ストウブ鍋といい、鋳鉄製のホーロー鍋です。黒色の丸い鍋で、大きさは直径が14cm、高さが10cmです。

熱源

私の住居で使える熱源はIHヒーターのみ。

IHヒーターには火力が弱いという弱点があります。

柾式炊飯術で最も大切なのは、沸騰までの時間を短くすること。

本来は蓋をしないで加熱しますが、IHヒーターの場合は始めから蓋をして沸騰を早めます。

また火力が弱く、お湯が蒸発しにくいので水加減は少なめに。

鍋は弱い火力を有効に使えるストウブ鍋のような蓄熱性のよいものがオススメです。

炊飯方法

米を洗う

やさしく、ていねいに、水がきれいになるまで米を洗います。

お米を洗っている写真です。大きなボールに水をくみ、ひとまわり小さいザルに米を入れて水につけています。手のひらで米を擦りつけるようにして洗っています。

最初に水に浸すときは早めに水を変えてください。

糠で汚れた水を米に吸わせないことが重要です。

浸漬米をつくる

洗った米は1時間以上水につけて完全に吸水させます。

浸漬米の写真です。タッパーに入った水の中に米が浸してあります。タッパーの蓋をして冷蔵庫に保存します。

ザルに上げるのは、米が割れてしまうのでNG。

水に長く漬けても問題はないので、ご飯を炊くまで冷蔵庫で保管します。

水加減

炊飯に必要な水は「ご飯が吸い上げる水」+「蒸発する水」。

IHヒーターは火力が弱く蒸発する水が少ないので、水は減らします。

200mLの調理用カップに入った水の写真です。水の量は190mLです。

我が家では生米1合に対して水190mLで、ご飯が最も美味しく炊けました。

蓋をして加熱

本来の柾式炊飯術は蓋をしないで加熱します。

粘りのないご飯を炊くには、4分半以内に沸騰させることが重要。

火力が弱いIHヒーターでは沸騰する時間を早めるため、始めから蓋をして加熱します。

沸騰したら蓋をはずす

およそ3分30秒で沸騰。

吹きこぼれを防ぐために蓋を外します。

鍋でご飯を炊いている写真です。フタをしていないので、沸騰したお湯が吹き上がり、あふれそうに泡だっている様子がわかります。鍋は鋳鉄製のホーロー鍋です。黒色の丸い鍋で、大きさは直径が14cm、高さが10cmです。

鍋からお湯が吹き上がり、あふれそうに泡だってきました。

お湯が減ったら蓋をする

1分30秒ほどたってお湯が少なくなったら蓋をしてください。

蓋をしたら火加減は中火に。

中火にして2分たつと鍋底からチリチリ音が聞こえてきます。

湯がなくなって米が焼ける音です。

蛍火で加熱

チリチリ鳴りだしたら火加減は最弱に。

ご飯には芯がまだ残っています。

3分半たつと、火が中までしっかり通って上がり。

炊きあがったご飯の写真です。黒い鍋にご飯が入っています。ご飯が立っている様子がわかります。

フタを開けると、つやつやのご飯。

しゃもじを入れると、さっくとした手応え。

すぐに鍋からおひつへご飯を移します。

おひつ

おひつに移すひと手間が、ご飯を美味しくします。

おひつに移したご飯の写真です。おひつの材質はさわらで、大きさは径18cm、高さ12.5cmです。おひつの内側はご飯がこびりつかないように水で湿らせてあります。

真崎さんもおひつをオススメ。

もし炊飯にお金をかけるなら、鍋にこだわるよりもお櫃を求めてもらいたいです。炊きあがったごはんは、鍋に入れたままにすると湯気でふやけてしまいます。湯気をしっかりと吸い取ってくれる木のお櫃は格段にごはんの仕上がりをよくするのです。
真崎庸『ご飯の炊き方を変えると人生がかわる』(晶文社 、2019)より

おひつに炊きたてのご飯を入れると余分な水分が吸収されて、旨みと甘みが引き出されます。

外硬内軟の粘つきのないご飯を噛みしめると、一粒一粒口の中ではらりと解けます。

 お茶碗によそったご飯の写真です。ひと粒ずつご飯が立っていて、つやつや光っています。

おかずがなくてもご飯だけで大丈夫。

美味しいご飯が炊けました。

『ご飯の炊き方を変えると人生がかわる』(晶文社 、2019)の著者真崎庸さんが考案した柾式炊飯術を紹介しました。

 

お米を完全に吸水させて、強火で一気に炊き上げることで、外硬内軟の粘りがないご飯が炊けます。

 

真崎さんの本には、うまく炊けなかったときの対処法が詳しく書かれているので、誰でも自分にあった炊き方を見つけられます。

 

もっと美味しいご飯を食べたい方にオススメなので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください