「500 Internal Server Error」。原因は「バックアップ」プラグインでした。

「500 Internal Server Error」と表示されたモニター画面の写真です。背景は青色で画面の上方に白色の文字で「500 Internal Server Error「、その下に「アクセスしようとしたページは表示できませんでした」と表示されています。画面の一番下には考えられる原因が箇条書きされています。

「500 Internal Server Error」が突然あらわれてブログを表示できなくなりました。

原因はWordPressの「バックアップ」プラグインによるサーバーの容量過多。

FTPソフト「FileZilla」を使って、バックアップデータを削除することでブログは復活しました。

初心者にはハードな経験だったので、解決までの道筋を紹介します。

500 Internal Server Error

朝、Googleアナリティックスを開くと、前日の来訪者は7名。

Google Analyticsのホーム画面の写真です。6月27日土曜日のユーザー数が7名と表示されています。

アクセスが激減していました。

ホームページを開くと。

「500 Internal Server Error」と表示されたモニター画面の写真です。背景は青色で画面の上方に白色の文字で「500 Internal Server Error「、その下に「アクセスしようとしたページは表示できませんでした」と表示されています。画面の一番下には考えられる原因が箇条書きされています。

初めてのことで、何が起きているのか全く不明。

画面の下の方に原因になりそうなことが書かれています。

● CGIの負荷が大きい

● CGIのパーミッション設定に誤りがある

● CGIのソースコードに誤りがある
● .htaccessの記述に誤りがある

「CGI」?

「パーミッション」?

「ソースコード」?

「htaccess」?

考えごとをしている人のイラストです。右側に身長の1.5倍の高さの赤色のクエスチョンマークが描かれています。

知らない単語ばかり。

WordPressはビジュアルエディターで入力。

知識がゼロなのでプログラムはいじったこともないので、可能性があるのは「CGIの負荷」のみ。

インターネットで調べると、サーバーの過剰負荷が原因である可能性が大でした。

サーバーの利用状況

使っているレンタルサーバーは「wpXクラウド」。

サーバーの利用状況を確認するとディスク容量は「9999.992 / 10000MB」。

「wpXクラウド」というレンタルサーバーの管理画面に表示されたサーバー利用状況の写真です。ディスク容量が「9999.992/10000MB」と表示されています。9999.992だけ赤色で示されています。

ディスクの99.999%が使われていました。

原因はサーバーの容量オーバー。

解決法はサーバーに負荷をかけているデータの削除。

しかしWordPressを開こうとすると「500 Internal Server Error」と表示された青い画面。

データを削除できません。

WordPressの管理画面にアクセスできないのにどうやってデータを削除できるのか?

FTPソフト「FileZilla」

インターネットで調べるてFTPクライアントソフトを使えば、WordPressの管理画面を経ないでサーバーに直接アクセスできることがわかりました。

このソフトを使うとWordPressのデータ移行やファイル編集も可能です。

FileZilla

ソフトは「FileZilla」を選びました。

FTPクライアントソフト「FileZilla」のホームページの写真です。

定番の「FTPクライアントソフト」なので、使い方をやさしく説明したページがインターネット上にたくさんあるのが選んだ理由。

FTPアカウントの設定

FTPソフトを使う前に、wpXクラウドではFTPアカウントを使えるように設定します。

wpXクラウドのサーバー管理画面の写真です。FTPアカウント設定のトップページが表示されています。

FTPアカウント設定 | wpXクラウド – WordPress専用のクラウドサービス

wpXクラウドのサーバー管理画面の写真です。FTPアカウントを設定するページで、FTPアカウントIDとパスワードを入力しています。

wpXクラウドのサーバー管理パネルでFTPアカウントを設定。

ここで発行されたパスワードはFTPソフトを使うときに必要なのでメモしておきます。

注意
メモしないで次の操作をすると、その後はパスワードを確認できなくなります。

FileZillaの設定

ホームページからら「FileZilla」をダウンロード。

インストール後にFileZillaを起動。

「サイトマネージャ」画面を開いて「新しいサイト」を作成。

サイト名を決めたら、画面の右側にFTP情報を入力。

「FileZilla」でFTPアカウントを設定している写真です。パスワードを入力しています。

使っているサーバーによって記入法は異なります。

wpXクラウドはホームページに詳しい説明があるので参考にしてください。

FTPアカウントの設定

プロトコル:「FTP – ファイル転送プロトコル」

 

ホスト:サーバーID.wp-x.jp

 

暗号化:「明示的な FTP over TLS が必要」

 

ログオンの種類:「通常」

 

ユーザ:対象のWordPressの「ドメイン名」

 

パスワード:FTPアカウント設定時に表示されたパスワード

入力後、「接続」ボタンをクリック。

私の場合、ユーザー欄に「ドメイン名」だけを入力したら接続できませんでした。

MEMO
「ドメイン名 .com」まで入力したら繋がりました。

原因はBackWPUp

サーバーに接続するとWebサーバーにあるファイル一式が表示されます。

「FileZilla」を使ってサーバーに接続した画面の写真です。画面の左側にパソコン、右側にサーバーのデータが表示されています。

画面の左側がパソコン、右側がサーバーのデータです。

右側のWordPressのブログを構成するデータの中から原因を探索。

「FileZilla」を使ってサーバーに接続した画面の写真です。画面にはサーバー側のデータが表示されています。「backwpup-8c9683-backups」というバックアップファイルの容量が9331.73MBに達しています。

原因は「BackWPUp」というバックアッププラグイン。

「backwpup-8c9683-backups」というフォルダの容量が9331.73MBに達していました。

BackWPUpに関連しているフォルダを削除。

サーバーのディスク容量は9999.992MB→865.632MB、占拠率は99.9%から8.6%に減少しました。

バックアップデータを削除した後のサーバー利用状況の写真です。ディスク容量が「865.532/10000MB」と表示されています。数字は全て黒色です。

サーバーの大部分はバックアップファイルで占拠されていました。

自動バックアップは週に1回。

3ヶ月分のデータが溜まったところでサーバーの容量はオーバー。

古いバックアップデータは早めに削除する設定にしておくべきでした。

wpXクラウドの『自動バックアップ』機能

wpxクラウドでは過去14日分のサーバーデータを自動で毎日バックアップしています。

wpXクラウドのサーバー設定画面に表示された自動バックアップ状況の写真です。6月14日から6月27日までのデータがバックアップされています。「自動バックアップは完了し、データの取得が可能です」と表示されています。

バックアップデータの使用には手数料が必要ですが、このようなサービスがあることを今回始めてしりました。

自分でわざわざバックアップをとる必要はないのかもしれません。

「500 Internal Server Error」の原因は「BackWPUp」によるサーバーの容量過多でした。

 

FTPソフト「FileZilla」でWordPressのバックアップデータを削除したらブログは復活しました。

 

今後の対応

● 古いバックアップデータの早期削除

● サーバー容量の定期確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください