WordPressの段落と改行の違いと、見出しの設定を説明します。

WordPressの 段落と改行、見出しの説明

57歳でフリーターをしている Un lapinです。退職の手続きや、転職後の話をブログで綴っています。

はてなブログの広告をなくすためにWordPressを始めました。前回の記事ではWordPressの初期設定の説明をしました。

WordPressの初期設定、パーマリンクとプラグインは最初に設定しましょう。

初心者の私がWordPressのビジュアルエディタで記事を書いて戸惑ったことが2つあります。

● 改行をすると、行間が空いてしまう
● 見出しの種類がたくさんある

初歩的なことですが、WordPressを正しく使うために大切な設定です。今回は段落と改行の違いと、見出しの設定方法を説明します。

段落と改行

WordPressのビジュアルエディタには、行を変える方法が2つあります。

行間を開けるのが段落で、行間を空けないのが改行です。

段落

皆さんは段落と改行の違いをご存知でしょうか。

だんらく【段落】
①長い文章の中の、一つの主題をもってまとまった部分。
また、その切れ目。段。節。

『大辞林』より引用

段落を区切るときに紙媒体では文頭を1文字分空けますが、インターネットでは行間に空白を入れます。

WordPressのビジュアルエディタでは、エンターを押して行を変えると段落が挿入されます。

57歳でフリーターをしている Un lapinです。退職の手続きや、転職後の話をブログで綴っています。(Enter)

 

WordPressで記事を書くときに戸惑ったことが2つあります。改行をすると、行間が広がってしまうのです。

改行

同じ段落内で文章を読みやすくするために改行します。

かいぎょう【改行】
(名)スル
文章などの区切りで、行を改めること。

『大辞林』より引用

WordPressではシフトを押しながらエンターを打つと、行間を空けずに改行できます。

57歳でフリーターをしている Un lapinです。退職の手続きや、転職後の話をブログで綴っています。(Shift+Enter)
WordPressで記事を書くときに戸惑ったことが2つあります。改行をすると、行間が広がってしまうのです。

パソコンとスマホの違い

早速、パソコンで段落と改行を意識しながら記事を書きました。

この記事をスマホで見ると、ぶつ切りの文章になってしまいました。

パソコンの画面

 

ドメインに費用がかかるのは取得時だけではありません。一定期間
経過すると更新の手続きと費用が必要になります。更新をしないと
ドメインは使えなくなって、せっかく作った自分のブログが閲覧で
きなくなってしまいます。あなたのドメインはオークションに出さ
れて他者のドメインになってしまいます。

スマホの画面

 

ドメインに費用がかかるのは取得時だけで
はありません。一定期間
経過すると更新の手続きと費用が必要にな
ります。更新をしないと
ドメインは使えなくなって、せっかく作っ
た自分のブログが閲覧で
きなくなってしまいます。あなたのドメイ
ンはオークションに出さ
れて他者のドメインになってしまいます。

パソコンで書いた文章を横幅が狭いスマホで読むと、(Shift+Enter)の改行に加えて、行末での改行が加わります。不自然な改行だらけの文章なので、読む気にもなりませんでした。

対策

試行錯誤の末、(shift+enter)による改行をなるべく行わないことにしました。

スマホの文章は段落挿入を増やさないと読みにくくなってしまいます。改行しない代わりに、スマホの画面で3~4行程度の文字数になったら、本来は同じ段落に含まれる文章でも読点でエンターを押して段落を挿入しています。

意識して段落を挿入することで、パソコンとスマホのどちらでも読みやすい文章になります。皆さんも試してみてください。

見出し

見出しは読者にとって2つのメリットがあります。

● メリハリがついて記事が見やすくなる
● 階層構造が分かるので、記事の内容を理解しやすくなる

SEOの面でも、見出しは文章の階層構造を検索エンジンに正しく伝えてくれます。

使い方の注意

● 使用する順序を守る
● 文字の強調に使わない

見出しの順序

見出しタグは<h1>から<h6>まで6種類あります。小さい数値のタグほど上位の見出しになります。

<h1>はタイトルに使い、文中では<h2>以下のタグを上位から順番に使っていきます。

見出しの順番を守らないと、文章の階層構造が検索エンジンへ正しく伝わらないためSEOの面で不利になります。

文字の強調

WordPressの見出しは普通の文字より強調して表示されます。

文中で強調したい文字は太字に設定するのが本来の方法ですが、見出しタグでも見た目は同じ効果がえられます。

反対に見出しに見出しタグを使わず、文字を強調すれば読者には見出しのように見えます。しかし、検索エンジンは文字の強調と判断するので、文章の階層構造は正しく伝わりません。

どちらの場合も検索エンジンは階層構造を正しく判断できないので、SEOの面で効果はありません。

見出しを使う目的は文章の階層構造を分かりやすく伝えることです。読者と検索エンジンが文章を正しく理解するために見出しは正しく使ってください。

まとめ

WordPressの段落と改行、見出しの設定方法を説明しました。

● 行間に空白が入るのが段落、入らないのが改行です。
● ビジュアルエディタでは、エンターを押すと段落、シフトを押しながらエンターを打つと改行が挿入されます。
● 意識して段落を増やすと、スマホで読みやすい文章になります。
● 見出しタグは数値の小さいタグから使います。
● 見出しタグは文字の強調のために使わないでください。

WordPressの初心者が記事を書き始めて最初に戸惑うポイントを説明しました。読みやすい記事を書くために大切なことなのでぜひ実行してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください