大原千鶴さんの「鯛めし」。切り身で簡単につくれます。

ピコ・ココット・ラウンドという直径14センチの丸い鍋で作った鯛めしの写真です。ダシに浸したお米の上に、焼かれた鯛が3切れ置かれています。

「鯛めし」を作りました。

調理方法はNHKで放送された『京都人の密かな愉しみ 桜散る』を参考にしています

この番組の料理コーナーで大原千鶴さんと松尾剛アナウンサーが、「鯛めし」をつくっています。

二人は自分たちで作った弁当を持って花見にでかけました。

花見の場所は滋賀県大津市石山寺の芭蕉庵。

石山寺は『蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などに登場する由緒あるお寺。

ふだんは見ることのできない芭蕉庵からの桜景色は貴重な映像です。

「鯛めし」の作り方をビデオで紹介しています。

鯛めし

鯛は春が旬、魚屋さんで売っていた切り身で調理しました。

鯛の切り身の写真です。白いトレイクにはいって魚屋さんで売られていました。長さが18cm、幅が8cmの冊になっています。熊本県天草産の真鯛で、塩じめ熟成と書かれています。164gで1,079円でした。

鯛を焼く

塩をふって鯛を焼きます。

鯛の切り身を焼いている写真です。皮が少し焦げています。

皮に焦げ目がついたら鍋へ。

「ピコ・ココット・ラウンド」という鍋にいれた米の上に焼いた鯛の切りみを並べた写真です。鍋の14cmで、黒い色をしています。

土鍋ではなく「STAUB(ストウブ)」鍋で調理しました。

「STAUB(ストウブ)」鍋

フランス製の鋳鉄ホーロー鍋。

直火だけでなくIHでも使用可。

熱が均一に伝わるので、短時間で美味しいご飯がたけます。

STAUB(ストウブ)」鍋の写真です。黒い丸い鍋で、直径は14cm、高さは10cmほどです。

「ピコ・ココット・ラウンド」14cm。

1合のお米を炊くのにピッタリの大きさ。

ご飯を炊く

米1合を洗って30分吸水させてから鍋に入れます。

米と焼いた鯛を入れた鍋に200mlの水を加えている写真です。

酒と醤油を小さじ1/2、塩少々を200mLの水に混ぜて鍋に加えます。

米と焼いた鯛をいれた鍋を、蓋をすこしずらして弱火で加熱している写真です。

蓋をすこしずらして弱火で加熱。

米と焼いた鯛をいれた鍋がブクブクと沸騰している写真です。

ブクブクと沸騰してきたら蓋を閉めて強火で2分。

続いて弱火で10分加熱。

炊きあがった鯛めしの写真です。鯛はホクホク、ご飯はふっくら炊けています。

炊けたら火を消して10分蒸らしてください。

蒸らし終わって蓋をあけると磯の香り。

食欲がそそられます。

鯛をほぐす

ホクホクした鯛と、ふっくら炊けたご飯。

炊きあがった鯛めしをほぐしている写真です。

鯛をほぐして、むらなく混ぜます。

炊きあがった鯛めしを茶碗に盛っている写真です。

お茶碗にもって「鯛めし」完成。

茶碗にもった鯛めしの写真です。ご飯が部分的に茶色く焦げています。茶碗の縁に、怒っているチコちゃんが描かれています。

ご飯にお焦げができています。

茶碗に盛られた鯛めしを接写した写真です。ご飯の表面に焦げた鯛の皮が見えます。

鯛の身は柔らかくてふわふわ。

だしを入れなくても鯛の旨みが味わえます。

冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめです。

春が旬の鯛を使って「鯛めし」をつくりませんか。

 

調理法はNHKの『京都人の密かな愉しみ』で紹介された大原千鶴さんのレシピを参考にしました。

 

魚屋さんで売っている鯛の切り身で、美味しい「鯛めし」を簡単に作れます。

 

みなさんも「鯛めし」にぜひチャレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください