鶏ときのこの炊き込みご飯!『京都人の密かな愉しみ』大原千鶴さんのレシピで作りました。

お茶碗によそった「鶏ときのこの炊き込みご飯」の写真です。鶏肉は取り出して食べやすい大きさに切っておきます。鶏肉をきのこご飯にのせて完成です。

鶏ときのこの炊き込みご飯」を紹介します。

京都人の密かな愉しみ 燃える秋

この番組で大原千鶴さんが作った「地鶏と丹波しめじの炊き込みご飯」を参考にしました。

きのこの旨味を存分に味わえるので、みなさんも是非チャレンジしてください。

京都人の密かな愉しみ Blue 修業中

2021年1月30日(土)に『京都人の密かな愉しみ 燃える秋』が放映されました。

庭師陶芸京料理パン京野菜

京都の伝統の修業に励む5人の若者を描いたドラマ。

厳しい修業と恋、京都の青春群像が描かれています。

ドラマのあい間に大原千鶴さんが京都の料理を紹介してくれます。

2017年に放映された京都人の密かな愉しみ 桜散る』に登場した大原千鶴さんの「鯛めし

ピコ・ココット・ラウンドという直径14センチの丸い鍋で作った鯛めしの写真です。ダシに浸したお米の上に、焼かれた鯛が3切れ置かれています。 大原千鶴さんの「鯛めし」。切り身で簡単につくれます。

地鶏と丹波しめじの炊き込みご飯

今回は地鶏と丹波しめじの炊き込みご飯」が紹介されました。

前作までは大原さんとNHKの松尾剛アナウンサーの掛け合いが楽しみでしたが、コロナ禍の影響か松尾アナは不参加。

大原さんがひとりで調理し、美山清兵衛の語りで料理づくりは進みます。

材料

京赤地鶏のもも肉

大原さんは京赤地鶏のモモ肉を使用。

京赤地鶏は余分な脂肪が少なく、鶏本来の旨味を味わえます。

丹波しめじ

香りと食感のよい丹波しめじ。

カサの下がとっくりのように丸く大きく膨らんでいるのが特徴です。

「香り松茸」「味しめじ」と古くから愛されてきました。

セリ

しめじご飯にあしらいます。

京都水尾の柚子

冬の京料理に欠かせない食材。

京都市右京区の北西部、愛宕山の南麓にある水尾は「柚子栽培発祥の地」

14世紀に花園天皇が柚子を水尾に植えたのが始まりと伝えられています。

つくり方

鶏肉に塩・コショウ。

鶏の胸肉を火を通している写真です。肉はまだピンク色をしています。火の通りを良くするため、肉には切れ目がはいっています

冷蔵庫にあった鶏のモモ肉を使いました。

皮目をパリッと焼いた鶏肉の写真です。皮が少し焦げて薄い茶色に乗っています。

皮目をパリッと焼いて火を軽く通します。

今回は丹波しめじがの代わりにブナシメジ舞茸を使用。

ステンレス鍋に米とだし汁を入れてから、鶏肉とブナシメジ、舞茸、エリンギを加えた写真です。

大原さんは土鍋で炊いていましたが、我が家はステンレス鍋。

鶏肉ときのこを米と一緒に炊き込んでいる写真です。

だし汁に塩としょう油を加え、鶏、きのこと一緒にご飯を炊き込みます。

炊きあがったら10分蒸らしてください。

ステインレス多層構造鍋でお米を炊いている写真です。中火で炊き始めて、吹き上がったらとろ火で10分、その後10分蒸らします。

番組ではご飯の完成を待つ間、大原さんが坪庭の前で何かを食べていました。

干し柿? とても大きかったです。

フタを開けると、きのこの良い匂いがただよいます。

お焦げも美味しそう。

炊きあがった「鶏ときのこの炊き込みご飯」の写真です。ご飯は薄茶色に染まり、お焦げもできています。

鶏は取り出して食べやすい大きさに切っておきます。

鶏肉を取り出して食べやすい大きさに切っている写真です。

お茶碗にきのこの炊き込みご飯をよそってください。

きのこの炊き込みご飯をお茶碗によそっている写真です。鶏肉はとりだして、後から盛り付けます。

切りとった鶏をきのこご飯にのせ、せりをあしらって完成。

お茶碗によそった「鶏ときのこの炊き込みご飯」の写真です。鶏肉は取り出して食べやすい大きさに切っておきます。鶏肉をきのこご飯にのせて完成です。

鶏の脂が淡白なきのこご飯に深い味わいを加えてくれます。

「鶏ときのこの炊き込みご飯」に柚子を絞っている写真です。ご飯ときのこの薄茶色、せりの緑色、柚子の黄色のコントラストが色鮮やかです。

大原さんのオススメにしたがい柚子をしぼります。

地鶏の旨みときのこの香りを存分に楽しめました。

ご飯を炊き上げる間に大原さんがつくっていた「壬生菜のごま油和え」と「地鶏のガラスープ」も美味しそうでした。

次回はトライしてみます。

遇酒且呵呵

「地鶏と丹波しめじの炊き込みご飯」を作った場所は御所南の大原千鶴アトリエ

閑静な町屋、いりぐちの格子の門には「遇酒且呵呵」と書かれた行灯。

遇酒且呵呵人生能幾何

中国五代十国時代の漢詩『花間集』韋荘の『菩薩蛮』其四の一節。

 

遇酒且呵呵:酒に遇(あ)いて、且(しば)し呵呵(かか)たれ
人生能幾何:人生能(よ)く幾何(いくばく)ぞ

呵呵は「大きく笑うさま」

酒を飲んだら、ひとしきり大笑いして陽気に呑もう

食事とお酒を楽しんでほしい」大原さんの気持ちがこもった場所です。

御所南

北は「京都御所」、東は「鴨川」、西は「烏丸通り」、南は「御池通り」に囲まれた京都の中心地。

京都人の密かな愉しみ 燃える秋』には大原千鶴アトリエの他にも御所南が登場します。

Bar Forest Down

修業中の5人が集まるバー。

庭師の幸太郎の母親が経営するこの店も御所南にあります。

ビストロ プティ・エドワール

パン作りを修業している葉菜と京野菜の鋭二、パン屋の玉井さんが結婚について話し合うお店です。

女性シェフ鴨沢瀬理さんと玉井さんが訳あり?

次回作の楽しみが増えました。

 

御所南は歴史的な建物や老舗だけでなく、レストランやカフェがオープンしていて新旧の京都を楽しめます。

京都の美味しいお店です

モーニングプレートのフライドエッグセットの写真です。白いプレートに目玉焼きが2個と焼いたベーコン、サラダ、トーストが2切れがのっています。トーストはブルマンという、しっとりとしたソフトな角食パンです。 京都のパンは美味しい。朝食は「進々堂」三条河原店がオススメ! 京都吉田山の「カフェ真古館」。ケーキだけでなく内装や風景も楽しめます。 店先に掲げられた看板の写真です。白地に「Notre Pain Quotidien」「フランスパン」「 cafe」と書かれています。「Notre Pain Quotidien」はフランス語で「私たちの毎日のパン」という意味です。 ”Notre Pain Quotidien” 。食事だけでなく雰囲気を味わえる京大北門前の 喫茶「進々堂」。 錦天満宮-04 京都の食べ歩き。「進々堂」と「串たなか」がお勧めです。 鶏肉入り玉子焼きの写真です。芙蓉園の名物です。漢字で鳳凰蛋と書き、「ほうおうたん」と読みます。鶏肉と玉ねぎが、とろみのついた半熟玉子でとじてあります。玉ねぎの甘みと鶏のスープが醸し出す味わいは絶妙でした。 京都河原町四条の「芙蓉園」。シンプルなのに味わい深い「京都の中華」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください