”Notre Pain Quotidien” 。食事だけでなく雰囲気を味わえる京大北門前 喫茶「進々堂」を紹介します。

店先に掲げられた看板の写真です。白地に「Notre Pain Quotidien」「フランスパン」「 cafe」と書かれています。「Notre Pain Quotidien」はフランス語で「私たちの毎日のパン」という意味です。

京都へ旅行しました。

今回は京大北門前にある喫茶「進々堂」を紹介します。

森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』のクライマックスで、先輩と黒髪の乙女が初めて待ち合わせた喫茶「進々堂」です。

やがて私は喫茶「進々堂」までやって来ました。

緊張しながら喫茶店の硝子扉を押し開けると、別世界のように温かくて柔らかい空気が私を包みました。薄暗い店内には、黒光りする長テーブルを挟んで人々が語り合う声、匙で珈琲をまぜる音、本のぺージをめくる音が充ちています。

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』角川文庫、2008年、 p319-320

時間がゆっくり過ぎて、食事だけでなく雰囲気を味わえるお店です。

京都大学

この日は吉田山を散策した後、京都大学へ向かいました。

今出川通りに面して京都大学の吉田キャンパスがあります。

吉田キャンパスの北部構内は正門から銀杏並木が続きます。

とても広いキャンパスなので学生は自転車で移動していました。研究棟の他に附属農場やグラウンドがあります。

構内には木々が植えられ、季節の花が咲いています。

この日は桜が満開でした。

喫茶「進々堂」

今出川通りに面してお店はあります。

京都大学北部構内の正門から百万遍交差点へ向かってすぐ。

お店の外観の写真です。創業は1930年(昭和5年)で煉瓦造りの重厚な建物です。お店は今出川通りに面しています。

創業は1930年(昭和5年)。外観は煉瓦造りの重厚な建物です。

看板には”Notre Pain Quotidien” ”フランスパン cafe”と書かれています。

店先に掲げられた看板の写真です。白地に「Notre Pain Quotidien」「フランスパン」「 cafe」と書かれています。「Notre Pain Quotidien」はフランス語で「私たちの毎日のパン」という意味です。

”Notre Pain Quotidien” はフランス語で「私たちの毎日のパン」。

喫茶「進々堂」はフランスパンの日本発祥のお店です。

お店に入ると右側がカフェ。左側ではパンを販売しています。

お店の内部の写真です。楢の木でつくられたテーブルと長椅子が並んでいます。人間国宝 黒田辰秋の作品です。天井が高く、静かなので教室のような雰囲気です。

店内には楢の木でつくられたテーブルと長椅子が並んでいます。

人間国宝 黒田辰秋の作品。使い込まれて黒光りする木目が歴史を感じさせます。

天井が高く、静かな教室のような雰囲気です。お客さんは学生が多く、読書とパソコンをいじっている人が半々。

一番奥のテーブルに席をとりました。

お店の奥にある中庭の写真です。木が植わっていて小さな池があります。テラス席も用意されています。

窓から中庭がみえます。庭の奥にはテラス席が用意されていました。

メニューには料理の可愛らしいイラストが添えられています。

メニューの写真です。 メニューには料理の可愛らしいイラストが添えられています。

セットメニューはカレーライスとカツカレーライス、カレーパン。

他にケーキやスコーン、イングリッシュマフィンのセットもあります。

カレーパンセット

名物のカレーパンセットを注文。

カレーパンセットの写真です。カレーパンではなく、皿に入ったカレーと2つのパン、サラダとドリンクのセットです。辛さは強くなく、旨みのきいたカレーです。

カレーパンではなく、皿に入ったカレーと2つのパン、サラダとドリンクのセットです。

辛さは強くなく、旨みのきいたカレーです。

ホットコーヒーを注文したら、「ミルクは入れますか?」と訊かれました。

カレーパンセットについてきたロールパンの写真です。  フワッとしていて、口に入れるとほのかな甘さと香りを感じました。

フワッとしたロールパンで、口に入れるとほのかな甘さと香りがします。

美味しいです。

進々堂のレシートの写真です。「Notre Pain Quotidien」と印刷されています。

「cafe 進々堂」は寺町や三条にある進々堂とは経営が異なります。

店に入ると時間がゆっくり過ぎています。

食事だけでなく、のんびり本を読みたくなりました。

雰囲気を味わえる、おすすめのお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください