京都の食べ歩き、「進々堂」と「串たなか」がお勧めです。

錦天満宮-04

57歳でフリーターになった Un lapinです。平日に二泊三日の京都旅行をしました。

前回は谷崎潤一郎(1886-1965)に縁のある南禅寺法然院を紹介しました。

今回は京都で食べた美味しいお店を紹介します。

1日目

お昼過ぎに京都駅へ着きました。とても良い天気でした。

京都、タワー-01

宿に荷物を置いて街に出ました。

昼食 京極スタンド

新京極通で昔ながらの雰囲気のお店を見つけました。

京極スタンド-01

「京極スタンド」というお店です。 店頭のガラスケースに洋食のメニューが並んでいます。

店に入って右側にある狭いテーブルに座りました。他のお客さんの顔が目の前にあります。昼間ですが、ほぼ全員がお酒を飲んでいます。

京極スタンド-02
まず、生ビール。スッキリとして美味しかったです。

関西ならではの料理を食べたかったので、きずしと鱧の天ぷらを注文しました。

京極スタンド-03
きずし。お寿司ではなく、シメサバでした。

京極スタンド-04鱧の天麩羅。ふんわりとした味わいです。

京極スタンド-05いわしのフライ。隣の方が食べていて美味しそうなので追加しました。

京極スタンド-06
揚げそば。かた焼きそばでした。山盛りで、ボリューム満点。一人では食べきれませんでした。

賑やかなお店で、次から次へとお客さんが入ってきます。前、横ともお客さんと接しているので会話も全部聞こえてしまいます。

伝票もレトロなものでした。どうやって計算しているのでしょう。

味だけではなく、雰囲気を味わうお店でした。

夕食 串たなか

夕食は串揚げを食べました。烏丸にある「串たなか」です。

家内のお勧めのお店で、夕方に電話をしたら19:30の予約が取れました。

串たなか-02路地の奥にあります。暗闇に看板、雰囲気の良いお店です。

メニューはお任せコース「一方通行」のみ。途中で止めることも出来ます。

揚げ場を囲んだ座敷にカウンターがあり、目の前でご主人が食材を揚げていきます。

コースの串揚げは20種。たれは塩、ポン酢、マヨネーズ、ソース。それぞれの食材にお勧めのタレを教えてくれます。

串たなか-04
餅と牛肉。

串たなか-05海老と舞茸。

串たなか-06生麩とトマト。

串たなか-07アスパラと卵。

串たなか-08貝柱とりんご

串たなか-09いちごと生姜のシャーベット。

この他にねぎ豚、三つ葉、チーズ、つぶ貝、豆腐、牡蠣、マッシュルーム、鯵を頂きました。

お肉はジューシー、海老はプリプリ、野菜はシャキシャキ。

細かいパン粉を使っているのでサクサクとした食感です。油が胃にもたれません。

串たなか-01ご主人。優しい雰囲気の方で、この人形通りでした。

食べるペースに合わせて揚げてくれるので、出来立ての熱々を食べられます。

私たちのグループは揚がると間髪空けずに食べるので、他のお客さんより早く食事が終わってしまいました。

帰りは、ご主人が笑顔で見送ってくれました。

2日目

翌朝は早起きをして南禅寺と法然院を散歩した後、三条に戻って朝食を食べました。

朝食 進々堂 三条川原店

進々堂というパン屋さんのベーカリーレストランです。7:30にお店に入りました。

私たちは待たずに席に着けましたが、すぐに満席になって順番待ちの列ができ始めました。早めの来店がお勧めです。

お客さんの半分以上が外国からの観光客で、店内は英語が飛び交っていました。

“ハムステーキ” プレミアムブレックファースト。

進々堂-01カップヨーグルトがついています。

このセットはパンが食べ放題でした。店員さんがバスケットに入れて持って来てくれる10種類位のパンの中から自分で選びます。

クロワッサンとトマト、胡桃を食べました。どれも美味しかったです。

エッグスベネディクトのタルティーヌ。どの料理も野菜がたっぷりです。

進々堂-04コーヒーのお代わりは自由です。

進々堂-02モーニング スーププレート クラムチャウダー。

美味しいパンを朝から食べられて満足しました。

天気が良かったので、午前中は「京都府立植物園」へ出かけました。

三条通りを烏丸御池まで歩き、京都市営地下鉄に乗りました。植物園に一番近い駅は「北山駅」らしいのですが、勘違いして「北大路駅」で降りてしまいました。

これが幸いしました。

上賀茂-02

駅から植物園の入り口まで15分ほどかかります。鴨川を横切るので川沿いを散歩したり、飛び石で水遊びをしたりしました。

上賀茂-01

お日様の下で楽しい時間を過ごせました。

昼食 晦庵 河道屋

植物園から地下鉄で烏丸御池へ戻りました。姉小路通を歩いていて風情のあるお店を見つけました。

晦庵 河道屋-02

姉小路通から麩屋町通に入ったところにある「晦庵 河道屋」という蕎麦屋です。蕎麦ほうるの「河道屋」が経営しています。

予約なしで待たずに席につけました。店内も落ち着いた雰囲気でした。

晦庵 河道屋-07みぞれそば。茶そばが良い香りでした。

晦庵 河道屋-04

晦庵 河道屋-03とろろざる。

晦庵 河道屋-09

晦庵 河道屋-08天ざる。

晦庵 河道屋-05筍ご飯。セットでついてきました。

蕎麦も良いですが、季節の筍ご飯が美味しかったです。

夕食 かしわ 木屋町店

木屋町の高瀬川に面した通りにある「かしわ」というお店で夕食を食べました。予約なしで入れました。

木屋町、かしわや-01

鶏と豚の焼肉屋です。

木屋町、かしわや-02お通しの大盛りサラダ。

木屋町、かしわや-07豚ミノポン酢。

肉は新鮮です。塩胡椒、ポン酢、焼肉ダレで頂きます。

木屋町、かしわや-05

木屋町、かしわや-08京都地鶏、薬研軟骨、皮。

木屋町、かしわや-09

木屋町、かしわや-10背ぎも、もも肉、豚トロ、砂ずり。

木屋町、かしわや-11鶏スープの茶漬け。

飛び入りで入ったお店でしたが、美味しい焼肉を食べられました。値段も手頃で次は豚を中心に挑戦しようと思います。

店を出ると夜桜見物の人で木屋町は満員でした。

木屋町、桜-01昼間の陽気で、朝は三分咲きだった桜が一気に開いていました。

短かったですが、楽しい旅行でした。

京都のお土産をつまみにしながら、家内と京都の反省会をして次の計画を立ています。

「京都」の記事です。

京都での買い物、お勧めの老舗を6件紹介します。

『月と狂言師』で谷崎潤一郎が月見をした南禅寺は、朝の散歩にお勧めです。

法然院の枝垂れ桜の下に、谷崎潤一郎の墓はあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください