京都の食べ歩き「京極スタンド」と「串たなか」がお勧めです

京都の新京極通の真ん中に建つ錦天満宮の入り口に掲げられた提灯の写真です。

京都を旅行しました。前回は谷崎潤一郎(1886-1965)に縁のある南禅寺と法然院を訪れました。

法然院の参道から眺めた山門の写真です。山門を額縁にして庭の木々が見えています。「京都・法然院」谷崎潤一郎の墓は紅しだれの下にあります南禅寺の塔頭のひとつ、金地院の門の様子です。金地院と書かれた表札が掛かっています。「南禅寺金地院」谷崎潤一郎が「月見の宴」を愉しんだ塔頭

京都には2日間滞在、今回は1日目に訪れた京都の美味しいお店を紹介します。

京都(1日目)

京都駅には昼過ぎに到着

京都タワーの写真です。晴れた日でタワーの背景の青空がきれいです。

とても良い天気でした。

昼食 京極スタンド

新京極通で昔ながらの雰囲気のお店を見つけました。

新京極にある京極スタンドというレストランの写真です。入り口には白地の看板と暖簾がかかっています。ともに赤い字でスタンドと書かれています。

京極スタンドというお店、店頭のガラスケースに洋食のメニューが並んでいます。

店に入って右側にある狭いテーブルに座りました。すぐ目の前に他のお客さんの顔、昼間ですが皆さんお酒を飲んでいます。

グラスに注がれた生ビールの写真です。ビールはキリンラガーで、グラスには赤い字でスタンドと書かれています。

まず、生ビール、スッキリした喉越しで美味しかったです。

きずし

きずしと鱧の天ぷらを注文

きずしの写真です。関東では、しめ鯖と呼ぶ料理です。薬味は生姜が添えられています。

「きずし」は寿司ではなくシメサバ、関西ならではの料理です。

鱧の天麩羅

ふんわりと柔らかくて旨味がたっぷりの天ぷら

鱧の天ぷらの写真です。レモンを絞り、塩をつけて頂きます。

塩でいただきました。

いわしのフライ

お隣さんが美味しそうに食べていたので思わず注文してしまいまし。

いわしのフライの写真です。タルタルソースをつけて頂きます。

サクサクの揚げたてをタルタルソースでいただきました。

揚げそば

一人前ですがボリュームたっぷりで皿からあふれそうです。

揚げそばの写真です。一人前ですが皿からあふれるぐらいの大盛りです。

一人では食べ切れませんでした。

賑やかなお店で、次から次へとお客さんが入店、みなさんオープンなので色々な話が聞こえてきます。

京極スタンドで使われている伝票の写真です。横書きの文字が右から書かれています。スタンドが「ドンタス」、御飲物が「物飲御」です。

レトロな伝票、チェックが何を意味するのかは分かりません。どうやって計算しているのでしょう。

味だけではなく、雰囲気を味わえるお店でした。

夕食 串たなか

夕食は串揚げ、烏丸にある串たなかを予約、19:30に入店しました。

烏丸にある串たなかの店先の写真です。お店は路地の奥にあります。「串たなか」の看板が暗闇に浮かんでいます。

路地の奥、暗闇に浮かぶ看板。雰囲気のあるお店です。

メニューはお任せコース「一方通行」のみ、途中で止めることが可能です。

揚げ場を囲んだ座敷のカウンターに着席、目の前でご主人が食材を揚げくれます。

コースの串揚げは20種、たれは塩とポン酢、マヨネーズ、ソースの4種類。食材ごとにオススメのタレをご主人が教えてくれます。

餅と牛肉

串揚げコースを注文しました。最初の皿の写真です。餅と牛肉が揚げられています。全部で20種の串揚げがでてきます。

海老と舞茸

2皿目の写真です。海老と舞茸が揚げられています。

生麩と卵

3皿目の写真です。生麩と鶉の卵が揚げられています。

アスパラとトマト

4皿目の写真です。アスパラとトマトが揚げられています。

貝柱とりんご

5皿目の写真です。貝柱とりんごが揚げられています。

いちごと生姜のシャーベット

デザートのいちごと生姜のシャーベットの写真です。

この他の食材は、ねぎ豚、三つ葉、チーズ、つぶ貝、豆腐、牡蠣、マッシュルーム、鯵でした。

細かいパン粉を使っているのでサクサクとした食感、油が胃にもたれないので、最後まで美味しくいただけました。

ご主人

ご主人は優しい雰囲気、この人形どおりの方でした。

テーブルの脇に飾ってあったご主人をモデルにした人形の写真です。高さは15cmほどです。ご主人は笑いながら右手に3本の串揚げを持ち、左手でVサインをしています。人形の脇には「串揚げ一方通行 串たなか」と書かれた看板が立てかけられています。

客の食べるペースに合わせて揚げてくれるので、出来立ての熱々を食べられます。

間髪空けずに食べていたら、先に来店していたお客さんより早く食べ終わってしまいました。

食事が終わるとご主人がお店の前まで出て、笑顔で見送ってくれました。ごちそうさまでした。

京都の一日目は美味しい料理を満喫できました。2日目は朝食が「進々堂 三条川原店」、昼食は麩屋町通の「晦庵 河道屋」、夕食は木屋町の「かしわ 木屋町店」を訪れました。

錦天満宮に掲げられた提灯の写真です。提灯には錦市場にあるお店の名前が書かれています京都での食事「進々堂」「晦庵 河道屋」「かしわ 木屋町店」を紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください