路地裏の名店「大衆割烹 三州屋 銀座店」。飲み屋だがランチもおすすめ!

海鮮どんぶりの写真です。まぐろとカツオ、ぶり、イクラ、いか、たこ、甘海老が丼いっぱいに盛られています。具材はどれも厚切りです。カツオの赤、イカの白、イクラのオレンジ、カイワレとワサビの緑色がとても鮮やかです。

銀座2丁目にある「大衆割烹 三州屋 銀座店」の「さんま塩焼定食」と「海鮮どんぶり」を紹介します。

大衆居酒屋として有名なお店ですが、日曜日以外は11:30から夜まで休憩なしで営業しています。

良心的な値段で魅力的な料理がそろっているお店です。

三州屋 銀座店

住所は東京都中央区銀座2-3-4。

地下鉄有楽町線銀座一丁目駅から歩いて3分、JR有楽町駅からは5分。

銀座の真ん中ですが、お店はわかりにくい場所にあります。

銀座2丁目の並木通りに立っている「大衆割烹 三州屋 銀座店」の看板の写真です。高さ1メートル、幅80センチくらいの大きさです。白色の板に4種類の定食の値段が赤文字で書かれています。刺し身が1100円、ブリ照り焼きが1000円、塩焼きが950円、フライ盛り合わせが1100円です。

銀座2丁目の並木通り、道路の西側に立っている看板が目じるし。

「大衆割烹 三州屋 銀座店」がある路地の写真です。道幅が2メートル、奥行きが20メートルほどで、両側はビルで囲まれています。路地の突き当りにお店があります。「御食事 三州屋」と書かれた白い暖簾が見えます。

看板の手前の路地を奥へ進むと、つき当りにお店はあります。

「大衆割烹 三州屋 銀座店」の暖簾の写真です。白い暖簾に「御食事 三州屋」と書かれています。

白地に「三州屋」と書かれた暖簾をくぐって引き戸を開けると、大衆的な雰囲気の店内。

三州屋の料理と店内の様子を撮影したビデオです。

 

土曜日の13:30頃でしたがほぼ満員、七割ほどのお客さんは昼間からお酒 を飲んでいます。

「大衆割烹 三州屋 銀座店」の店内の写真です。壁一面にお品書が掲げられています。白いホワイトボードには当日の定食が書かれています。定食の種類は海鮮どんぶり、アジフライ、エビフライ、さんま塩焼、金目煮付け、銀ムツ煮、刺し身は天然ブリ、カツオ、アジ、イワシ叩きがそろっています。値段はアジフライが1050円、他は1010円です。

壁一面にお品書、魚介中心の様々な料理を1品600円から1,000円ぐらいで楽しめます。

テキパキとしたおばちゃんの指示でカウンターへ。

カウンターに置かれた割り箸の袋の写真です。白い袋に黒字で「大衆割烹 三州屋」と書かれています。

注文すると、すぐに割り箸とお茶。

お新香の写真です。緑色の小皿にきゅうりとカブのぬか漬けが盛られています。

続いてお新香と味噌汁が運ばれてきました。

なめこ汁

味噌汁はすぐに飲めないほど熱々。

具材はなめこと豆腐がたっぷり。

味噌汁の写真です。黒いお椀に入っています。なめこと豆腐が具材の赤だしで、三つ葉が散らされています。

しっかりとした味つけの味噌汁でした。

さんま塩焼き定食

さんまは切られて登場。

さんま塩焼き定食の写真です。縦15センチ、横25センチくらいの水色の皿にサンマと大根おろし、半分に切ったすだちが添えられています。

脂がジュワ~というより、少しあっさりめの印象。

塩焼きしたサンマの写真です。サンマは胴の部分で半分に切られています。サンマの皮がパリパリに焦げています。

塩加減はよく、ご飯にあいました。

海鮮どんぶり

彩り豊かな海鮮どんぶり。

海鮮どんぶりの具材の写真です。具材は、まぐろとカツオ、ぶり、イクラ、いか、たこ、甘海老で、どれも厚切りです。

酢飯ではなく温かいご飯に、まぐろとかつお、ぶり、イクラ、いか、たこ、甘海老。

具材は豊富で、どれも厚切り。

海鮮どんぶりの写真です。丼は青色です。カツオの赤、イカの白、イクラのオレンジ、カイワレとワサビの緑色がとても鮮やかです。

値段は安いのに豪華で完璧な丼でした。

銀座2丁目にある「大衆割烹 三州屋 銀座店」。

大衆居酒屋として有名なお店ですが、良心的な価格で美味しいランチも楽しめます。

刺身や煮付、フライなど魅力的な魚介料理がそろっていました。

銀座でお昼ごはんに迷ったら、ぜひ寄ってください。

大衆割烹 三州屋 銀座店

東京都中央区銀座2-3-4

03-3564-2758

 

月~金:11:30~22:00

土:11:30~22:00

定休日:日曜日、祝日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください