9月もオススメは秋刀魚。御徒町の吉池食堂で、美味しい秋刀魚を食べられます。

さんまの塩焼きの写真です。皮がこんがりと焦げています。レモンと大根おろしが添えられています。

57歳でフリーターになったUn lapinです。

上野の国立博物館へ出かけた帰りに、御徒町の吉池食堂でお昼ご飯を食べました。

9月になって秋刀魚は大きくなり、脂ののりも良くなっていました。ふっくらしてジューシーな身はとても美味しかったです。

吉池食堂

吉池食堂は御徒町駅前の吉池ビルの9階にあります。北口を出て左へ向かうと目の前です。

吉池ビルの案内図の写真です。ビルの地下は食料品とお酒のスーパー、1階から4階はユニクロ、5階と6階はGU、8階はレストラン街、9階が吉池食堂、と書かれています。

ビルの地下は食料品とお酒のスーパー。1階から4階はユニクロ。

吉池ビルのエスカレータの写真です。正面に吉池食堂ののれんが見えます。

エスカレーターで9階へ。いつもと様子が違います。

吉池食堂ののれんです。赤地に白い文字で吉池食堂と染められています。9月から新しいのれんになり、色も紺色から赤色に変わりました。

のれんの色が赤色に変わっていました。

8月まで使われていた吉池食堂ののれんです。青地に白い文字で吉池食堂と染められています。

先月までは紺色。

 

吉池食堂から東の方角を見た景色の写真です。東京スカイツリーが見えます。

お店からの眺めです。スカイツリーが見えました。

メニュー

吉池食堂は季節によってメニューが変わります。

どじょう

入り口のメニューです。どじょうがオススメのようです。

吉池食堂の入り口にある看板の写真です。どじょうの柳川と唐揚げが、本日のおすすめになっています。

柳川が880円、唐揚げが540円。

桶の中で泳いでいるどじょうの写真です。1m程の大きな木桶です。

桶の中でどじょうが泳いでいました。

さざえ

千葉県鵜原のさざえです。

さざえの写真が印刷されたメニューの写真です。千葉県鵜原のさざえです。刺身が880円、つぼ焼きが880円と印刷されています。

刺身とつぼ焼きを食べられます。

生きているさざえの写真です。吉池食堂の入り口の水槽の中にさざえがいます。

吉池食堂の入り口の水槽に生きの良いさざえがいました。

ファミリーセット

焼き物と揚げ物のプレートにバラちらし、野菜サラダ、ドリンク3杯がついています。

ファミリーセットのメニューの写真です。焼き物と揚げ物のプレートにバラちらし、野菜サラダ、ドリンク3杯がついて3,800円と印刷されています。

土・日・祝日に1日20食の限定です。

穴子

今月のオススメは穴子。

おすすめメニューの写真です。メニューには写真と一緒に、国産産穴子の蒲焼重と穴子天ぷら定食、穴子丼、しじみの味噌汁が載っています。

「国産穴子の蒲焼重」が美味しそうでした。

新さんまと十全なす

さんまは塩焼きと刺身で食べられます。

新さんまと十全なすのメニューです。秋刀魚は塩焼きが700円、刺身が550円です。十全なすの浅漬けは480円です。

十全なすは、吉池以外で見かけたことはありません。

小ぶりで、巾着のような形。浅漬けで、皮は薄く、果肉は柔らか。ほんのりとした甘みを味わえます。

あっという間に、なくなりました。まさに夏の味覚です。

昼のおすすめ定食。

11:00から16:30までの定食のメニュー。

11:00から16:30までの定食のメニューの写真です。定食は17種類あります。

私のオススメは、焼鶏丼とアジフライ。

今月のおすすめ

16:30からのメニューです。秋になって、すっかり内容が変わりました。

秋鮭のチーズ焼き、秋鮭の黄金タルタル焼き、秋刀魚の燻製、どじょう、刺身こんにゃく、バーナ貝のガーリックパン粉焼き、さざえ、松茸天ぷら、土鍋の松茸ごはんが、新しく加わりました。

16:30からのメニューの写真です。9月になって、秋鮭のチーズ焼き、秋鮭の黄金タルタル焼き、秋刀魚の燻製、どじょう、刺身こんにゃく、バーナ貝のガーリックパン粉焼き、さざえ、松茸天ぷら、土鍋の松茸ごはんが、新しく加わりました。

土鍋ご飯が復活。どんな味か、楽しみです。

キリン ブラウマイスター

暑い日だったのでビールで乾杯。

グラスに入ったキリン ブラウマイスターの写真です。

「ブラウマイスター」は苦みのきいた美味しいビールです。

秋刀魚の刺身

脂がのった秋刀魚です。

さんまの刺身の写真です。身は淡いピンク色をしています。生姜とレモン、大葉、大根が添えられています。

新鮮な身は口の中でとろけます。

おろしそば

ワカメがたっぷり盛られています。

おろしそばの写真です。そばの上にワカメと大根おろし、油かす、ネギが盛られています。

さっぱりとして美味しかったです。

秋刀魚の塩焼き

皮がこんがり焦げた秋刀魚。

さんまの塩焼きの写真です。皮がこんがりと焦げています。レモンと大根おろしが添えられています。

大きくなって、脂ものっています。

さんまの塩焼きの写真です。頭が大きく写されています。生きの良さそうな目をしています。

箸を入れると脂が滲み出てきます。ホクホクとした身はとてもジューシーでした。

塩加減が良いので、大根おろしだけで頂きました。美味しかったです。

御徒町駅前にある吉池食堂。美味しい魚介を食べられます。

 

9月になって秋刀魚は大きくなり、脂ののりが良くなってきました。身もふっくらとして、とてもジューシーでした。

 

夏の間、なくなっていた土鍋ご飯も復活しました。次回は松茸ご飯を食べに来たいです。

「吉池食堂」に興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

「ふぐ」と「カキ」が登場!10月の吉池食堂で、秋の味覚を味わってみませんか。

土鍋ご飯が復活。9月は吉池食堂で「松茸ご飯」を食べられます。

今年初めての秋刀魚の塩焼き。御徒町の吉池食堂で頂きました。

6月は「あゆ」と「はも」。初夏の味覚を味わいました。

5月のおすすめは「あさりご飯」です。

4月は桜えびが主役です。

3月の吉池食堂。春の食材を美味しく味わえます。

御徒町の吉池は「新潟の食のテーマパーク」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください