北海道での最後の食事。オススメは、新千歳空港の「函太郎」です。

生うにの軍艦巻きの写真です。黄色いウニがたっぷり盛られています。

57歳でフリーターになったUn lapinです。8月に北海道へ行ってきました。

北海道最後の食事は新千歳空港で回転寿司を食べました。大きく、新鮮なネタが美味しかったです。

北海道の旅を、美味しく終えることが出来ました。

函太郎

ターミナルの3階の「市電通り食堂街」にあるお店です。

新千歳空港にある回転寿司、函太郎の看板の写真です。入り口には、赤い暖簾がかかっています。

10人ほど並んでいましたが、回転が良く10分も待たずお店に入れました。

廻っているネタはどれも新鮮で美味しそうでした。ボックス席からタブレットで注文しました。

炙りえんがわ

香ばしく、噛むと口の中に脂が広がります。

炙りえんがわの写真です。白いネタに焦げ目が付いています。レモンが添えられています。

トロッとした食感。シャリも酢と出汁の加減がよく、かたさもネタにピッタリでした。

いくら軍艦

粒の大きなイクラが溢れそうに盛られています。

イクラの軍艦巻きの写真です。粒の大きなイクラが溢れそうに盛られています。

口に含むとプチプチ。噛むと口の中でとろけます。さっぱりとした味つけです。

炙りサーモン

シャリからはみ出た大きなサーモン。

炙りサーモンの写真です。ネタは大きくて、シャリからはみ出ています。小口切りのネギが添えられています。

香ばしく、口当たりはまろやかです。生サーモンより甘くなっていました。

しまあじ

身の締まった、淡いピンク色のネタ。

しまあじの握りの写真です。ネタは綺麗なピンク色をしています。

シコシコした食感です。あっさりとした上品な旨みを味わえました。

生いわし

新鮮でピチピチしたイワシ。

生イワシの握りの写真です。新鮮でピチピチしています。小口切りしたネギとおろし生姜が添えられています。

脂がよくのっていて、口の中でとろけます。

生サーモン

鮮やかなオレンジ色のサーモン。

生サーモンの握りの写真です。脂がのって、鮮やかなオレンジ色をしています。

滑らかな舌触りで、しっとりとした食感です。

活たこ

みずみずしくて、弾力のあるタコ。

活タコの握りの写真です。ネタのタコは、みずみずしくて弾力があります。

噛むごとに旨味が滲み出てきます。

生うに軍艦

たっぷりと盛られたウニ。

生ウニの軍艦巻きの写真です。黄色いウニがあふれそうに盛られています。

滑らかな口当たりで、上品な甘みを楽しめます。

活ほっき貝

肉厚で、磯の香りが漂っています。

活ほっき貝の握りの写真です。ネタのほっき貝は肉厚です。

甘くて、シャキッとした歯ごたえです。

紅鮭筋子にぎり

粒がイキイキしていて、鮮やかな色をした筋子です。

筋子の握りの写真です。筋子は粒がイキイキしていて、鮮やかな赤色をしています。大根おろしが添えられています。

口に入れるとプチプチ弾けます。味は濃厚で、大根おろしと良くあいました。

たらこ握り

ぎっしりと卵が詰まったタラコです。

たらこの握りの写真です。卵がぎっしりと詰まっています。

滑らかな食感で、塩加減はまろやかでした。

炙りとろ

焦げ目が香ばしく、食欲を誘います。

炙りトロの握りの写真です。トロの焦げ目が食欲を誘います。レモンが添えられています。

口の中に旨みが広がります。

活つぶ貝

夏が旬のつぶ貝。

活つぶ貝の握りの写真です。ネタのつぶ貝はコリコリとしています。

コリコリとした食感。苦みの中に、ほんのりとした甘みがあります。

ほたて

貝柱は肉厚です。

ホタテの握りの写真です。ネタのホタテは肉厚です。

歯切れが良く、甘みが濃厚です。

いかソーメン握り

新鮮で透明感のあるイカ。

いかそーめんの握りの写真です。ネタのイカは新鮮で、透明感があります。刻んだネギとおろし生姜が添えられています。

ネタは大ぶりで、シャリからはみ出しています。ねっとりとした旨みを味わえました。

磯のり味噌汁

具がたっぷり入った味噌汁。

磯のり味噌汁の写真です。岩海苔がたっぷり入っています。

磯の風味を味わえました。

夕張メロン

果肉は赤みを帯びたオレンジ色。甘い香りが漂います。

夕張メロンの写真です。果肉は赤みを帯びたオレンジ色をしています。

ほおばると自然に溶けて、甘いジュースが口の中に広がりました。

空港の回転寿司「函太郎」で、北海道の旅を美味しく終えることができました。噂通りに北海道の回転寿司はレベルが高かったです。

北海道からの帰りに新千歳空港で食事をしました。

 

新千歳空港はフードプラザが充実しています。北海道の人気店も集まっています。

 

飛行機の発着前に立ち寄れるので、時間があれば北海道での最期の食事を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください