美味しいです。札幌の炉端焼き「めんめ」。北海道へ行ったらぜひ訪ねてください。

めんめの酒煮の写真です。鯛のような赤い色をしています。北海道ではキンキをめんめと呼びます。

57歳でフリーターになったUn lapinです。8月の始めに北海道へ行ってきました。

午前中は余市のニッカウヰスキー蒸留所を見学。午後は札幌の大通公園でのんびり過ごしました。

札幌での最初の夕食は炉端焼きの「めんめ」で頂きました。

めんめ

お店は狸小路商店街にあります。

狸小路の入り口に掲げられている提灯の写真です。狸小路と墨で書かれています。

お店が200軒ある、とても活気のある商店街です。

狸小路の通りの写真です。アーケードが設けられています。お祭りだったので、纏が掲げられています。

総延長900m。通りはアーケードで覆われています。

狸小路商店街6丁目。「狸小路市場」という看板のある路地に「めんめ」はあります。

「めんめ」というお店の入り口の写真です。赤い暖簾に、平仮名で「めんめ」と書かれています。

道東では「キンキ」のことを「めんめ」と呼びます。

お店に入りカウンター席へ。炉端焼きのカウンターに旬の野菜と魚が並んでいます。新鮮で生きの良い食材です。

炉端焼き「めんめ」のカウンターの写真です。新鮮な魚介類と野菜が積まれています。

目の前で、一品一品ていねいに備長炭で焼いてくれます。

国稀 特別純米酒

お店の雰囲気とメニューから日本酒を注文しました。

日本酒が入ったお猪口の写真です。北海道産の「国稀 特別純米酒」というお酒が入っています。

「国稀 特別純米酒」。スッキリとした辛口のお酒です。明治19年創業の増毛町にある日本最北の造り酒屋「国稀酒造」のお酒です。

増毛町は高倉健の「駅 STATION」の舞台です。きり子、英次、『舟唄』。1981年の名作です。

タコの刺身

黒板には「日替わりのおすすめメニュー」。美味しそうな料理が並んでいます。

タコの刺身を注文しました。

タコの刺身の写真です。ガラスの器に盛られています。

柔らかく、引き締まった身です。程よい歯ごたえで、噛めば噛むほど旨味がしみ出てきます。

岩牡蠣

夏が旬の岩牡蠣。一口では食べられない大きさです。ボリュームに圧倒されました。

岩牡蠣の写真です。2個の大きな牡蛎が殻ごと盛られています。一口では食べられない大きさです。

身は乳白色で、つやつやしています。ジューシーでプリッとした食感。クリーミーで濃厚な旨さの中に、ほんのりと苦味を感じます。スルッと喉を通って行きました。

ししゃも

オスのししゃもを焼いてもらいました。

焼いたオスのししゃもの写真です。5匹のししゃもが皿に盛られています。レモンが添えられています。

お腹が卵で膨らんでいないのでメスより痩せて見えますが、身はふっくらして脂がのっています。

味わいは淡白で、上品な甘みを感じます。頭から内臓ごと食べましたが、ほのかな香りが口に広がりました。

帆立のバター焼き

お醤油の香りが食欲を誘います。

帆立のバター焼きの写真です。貝殻に、汁とともに帆立の身と貝ひもが盛られています。

肉厚の身は、プリプリと弾力があります。味は濃厚で、噛むごとに凝縮された旨味を味わえます。

焼きトウモロコシ

カウンターにあったトウモロコシを焼いてもらいました。

焼きトウモロコシの写真です。黄色いトウモロコシに焦げ目がついています。

香ばしく、色鮮やかなとうもろこしが登場。果物のような甘さです。

大通公園で食べるトウモロコシも美味しいですが、優れた料理人が調理したものも絶品でした。

じゃがバター

イカの塩辛が添えられています。じゃがバターをイカの塩辛と組み合わせて食べるのが北海道流。

じゃがバターの写真です。じゃがいもは銀紙に包まれています。イカの塩辛が添えられています。塩辛と一緒にじゃがバターを食べるのが北海道流です。

ジャガイモとバターに合わせると、塩辛の塩味がまろやかになります。

ホクホクしたジャガイモにイカの歯ごたえがアクセントになり、よい食感です。この食べ方だと、日本酒がすすみます。

めんめの酒煮

お店の名前にもなっている「めんめ」を食べました。

値段は8,000円。調理方法は「焼き」と「酒煮」があります。

めんめの酒煮の写真です。鯛のような赤い色をしています。北海道ではキンキをめんめと呼びます。

「酒煮」を注文しました。鯛のような赤い色をしています。

身はふっくらとして、脂がたっぷりのっています。上品な旨みが口に広がりました。

シンプルな調理方法ですが、素材の良さがいかされています。これは注文して良かったです。

雑炊

最後は「めんめの酒煮」の出汁でつくった雑炊です。

「めんめの酒煮」の出汁でつくった雑炊の写真です。赤い器に盛られています。汁は澄んでいて、ねぎの緑色が鮮やかです。

めんめの旨みが凝縮されています。美味しくて、一気に完食。満足しました。

札幌の夜は初日から美味しく始まりました。素晴らしい素材を生かしたシンプルな調理。北海道の味を満喫しました。このお店には季節を変えてぜひ再訪したいです。

「狸小路市場」の「めんめ」。人気のあるお店なので、予約をして訪れてください。おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください