丸山原始林の自然も楽しめます。札幌へ行ったら「丸山動物園」がオススメです。

オニオオハシの写真です。オレンジ色の色鮮やかなくちばしです。60cmの体長に対して、くちばしの長さは20cmで、くちばしが身体の表面積に占める割合は鳥類で最大です。

57歳でフリーターになったUn lapinです。8月の始めに北海道へ行ってきました。

この日は札幌市丸山動物園へ出かけました。札幌市中央区宮ヶ丘の円山公園内にある自然が豊かな動物園です。

札幌市丸山動物園

札幌市営地下鉄東西線「丸山公園駅」から歩いて15分。バスでも行けますが、歩くことをお勧めします。

北海道神宮の写真です。札幌市営地下鉄東西線「丸山公園駅」から歩いて5分ほどで到着します。

駅から動物園まで緑の中を進みます。北海道神宮の前を通って大きな道を渡ると、整備された遊歩道に出ます。

円山公園の遊歩道の脇を流れる川の写真です。遊歩道には木道が整備されています。

円山公園の遊歩道です。木道の脇を川が流れていました。

遊歩道から眺めた丸山原始林の写真です。鬱蒼と木々が生い茂り、昼でも薄暗いです。

木々が生い茂る原始林、森林浴をしながら動物園に到着します。

丸山動物に設置された動物のオブジェの写真です。クマとゾウ、キリンの像です。

丸山動物園は1951年(昭和26年)に日本で10番目にできた動物園です。広さは約2ha。丸山原始林に隣接し、自然が豊かです。

約180種の動物を飼育しています。生息環境展示がコンセプトで、生息地の自然環境を再現して、動物本来の行動を引き出しています。

ヒツジ

こども動物園で6頭のメスのヒツジが飼育されています。

ヒツジが餌を食べている写真です。ヒツジは放し飼いにされています。

ヒツジは放し飼いになっています。子供動物園では動物と触れあえるスペースです。

プレーリードッグ

体長が30cmほどのリス科の動物です。北アメリカの草原に生息しています。

プレーリードッグの写真です。耳が短く、体長が30cmほどのリス科の動物です。

プレーリードッグとは、草原の犬という意味です。「キャンキャン」と犬のように鳴くのでついた名前です。

ニホンザル

サル山では80頭のニホンザルが飼育されています。

サル山で飼育されているニホンザルの写真です。カップルで、仲良く毛づくろいをしています。

仲よく、毛つくろいをしていました。

チンパンジー

チンパンジー館では9頭のチンパンジーが生活しています。

2頭のチンパンジーの写真です。チンパンジーが2頭、木の上に乗って遊んでいます。

屋内にはボルダリングが設置されています。

エゾシカ

エゾシカ・オオカミ舎で飼育されています。

エゾジカの写真です。立派な角をもつオスのエゾジカが餌を食べています。

立派な角をもつのはオス。メスには角がありません。

シンリンオオカミ

カナダやアラスカの森林地帯に生息しています。

シンリンオオカミの写真です。体長は100cmを越えます。毛色は灰色で、三角の耳をしています。

体長は100cmを越え、オオカミの中では最も大きな種類です。

オニオオハシ

熱帯鳥類館で放し飼いにされています。美しい容姿で「アマゾンの宝石」と呼ばれています。

オニオオハシの写真です。オレンジ色の色鮮やかなくちばしです。60cmの体長に対して、くちばしの長さは20cmで、くちばしが身体の表面積に占める割合は鳥類で最大です。

南アメリカのガイアナからパラグアイにかけて、低値の熱帯雨林に生息します。

60cmの体長に対して、くちばしの長さは20cm。くちばしが身体の表面積に占める割合は鳥類で最大です。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ館で4頭のホッキョクグマが飼育されています。

丸山動物園のホッキョクグマ館の外観です。白い建物です。青い看板にはホッキョクグマとアザラシの姿が描かれています。

ホッキョクグマ館は2018年(平成30年)にオープンしました。ホッキョクグマの他にアザラシも飼育されています。

ホッキョクグマが歩いている写真です。ガラス越しにホッキョクグマが目の前で、こちらを向いています。

飼育下での自然繁殖は難しいのですが、丸山動物園ではホッキョクグマの赤ちゃんが8頭産まれています。

ゴマフアザラシ

ホッキョクグマ館には18メートルの水中トンネルがあります。

ゴマフアザラシが水中を泳いでる写真です。ホッキョクグマ館の水中トンネルで観察しました。

ゴマフアザラシが目の前を泳いでいきました。

ホッキョクグマとは透明なアクリル板で仕切られているので、アザラシは襲われません。

外放飼場を歩いているホッキョクグマの写真です。体長は200cmを越え、迫力があります。

オスは単独で飼育されています。子供を捕食することがあるそうです。

シセンレッサーパンダ

高山館ではレッサーパンダとヒマラヤグマが飼育されています。

レッサーパンダは中国南部の山地や森林に生息し、冷涼で湿潤な気候を好みます。

レッサーパンダの写真です。体長は50cm、尻尾の長さは40mです。身体は赤褐色、耳と鼻、頬、口の周りは白いです。

木登りが得意。室内では天井近くのレールを走り回っていました。

天井に近い高いところに通したレールの上を走っているレッサーパンダの写真です。人気があり、大勢の人たちが見上げています。

人気者です。

ダチョウ

アフリカゾーンのキリン館でダチョウが飼育されています。世界で最大の鳥。卵の重さは約1,500g。

ダチョウの写真です。世界で最大の鳥で、体高は2m以上です。

アフリカの半砂漠地帯・サバンナ地帯など、雨の少ない平原に生息。走ると時速は約50~80kmに達します。

ギフトショップ

ぬいぐるみの他に、白クマラーメンや円山動物園ラーメンが売られていました。

園内にはセブンイレブンがあり、北海道産の果物と野菜が販売されていました。

北海道産のブルーベリーの写真です。丸山動物園内のセブンイレブンで購入しました。

ブルーベリー。

北海道産の桃の写真です。新聞紙に包まれています。丸山動物園内のセブンイレブンで購入しました。

もも。

北海道産のプチトマトの写真です。プラスチックの容器に入っています。丸山動物園内のセブンイレブンで購入しました。

プチトマト。

美味しそうなので購入して、ベンチで食べました。味が濃厚で、美味しかったです。

札幌丸山動物園は自然が豊かな動物園です。動物と近くで接したり、触れあったりできます。

 

札幌の中心部から30分。札幌へ行く機会があれば訪れてみてください。

 

地下鉄の駅からは、ぜひ円山公園の遊歩道を散策してください。丸山原始林の自然を楽しめます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください