博物館でお花見を!東京国立博物館は花見の穴場です。

東京国立博物館の本館に掛かった垂れ幕の写真です。「博物館でお花見を」と書かれています。

桜が開花したので花見に出かけました。

場所は上野の東京国立博物館。

屋外ランチ

お昼時だったので屋外のベンチでランチにしました。

東京国立博物館の本館の写真です。鉄筋コンクリート造の建築に和風瓦葺の屋根を載せた重厚な建物です。本館の手前には大きなゆりの木が植わっています。

場所は本館の前庭。

お弁当の写真です。おむすびと唐揚げ、ビールがベンチの上に置かれています。

お弁当は上野駅で購入。

太陽の下でいただくビールとお弁当。

とても美味しかったです。

博物館でお花見を

この日は本館北側の庭園が開放されていました。

普段は非公開の花見の穴場です。

東京国立博物館の庭園の地図の写真です。本館北側に庭園はあります。池を中心に5棟の茶室を配し、約10種類の桜が植わっています。東京国立博物館 庭園散策MAPより

春の桜と秋の紅葉シーズンにだけ開放されます。

日程:2019年3月12日(火)から5月19日(日)

時間:10:00~16:00

3月22日(金)、3月23日(土)、3月29日(金)、3月30日(土)は19:30まで。

4月13日(土)までの毎週金曜と土曜日は、ライトアップも実施。

参考 催し物 イベント 春の庭園開放東京国立博物館

庭園散策

本館を正面に見ながら右へ進むと、看板が立っています。

庭園の入口に立っている看板の写真です。高さが1mほどのピンク色の看板です。白字で「庭園入り口 10:00-16:00」と記載されています。

本館を左手に見ながら小道を進みます。

本館の東側にある庭園へ向かう道の写真です。道ばたに植わっている梅の木には花が咲いています。

庭園へ向かう道には、梅の花が咲いていました。

山桜の写真です。花は五分咲きです。

桜の花は五分咲き。

庭には由緒ある茶室が点在しています。

春草廬

春草廬という茶室の写真です。木造平屋建て、入母屋造、茅葺き。5畳と3畳の座敷からなります。

江戸時代に建てられた茶室。

原三渓(1863~1939)や松永安左エ門(1875~1971)が所有していました。

平日の午後なので空いています。

ゆったりと散策できました。

庭園内の小道の写真です。歩いている人はいません。とても静かな環境です。

とても静かで都会の喧騒を忘れさせてくれます。

六窓庵

奈良国立博物館に移された八窓庵、東大寺塔頭四聖房の隠岐録とともに「大和の三茶室」と呼ばれています。

六窓庵という茶室の写真です。入母屋造萱葺きの建物で、寄付、腰掛待合、石灯籠などがあり二重露地を完備しています。

慶安年間(1648~1652)に奈良の興福寺慈眼院に建てられました。

六窓庵のししおどしの写真です。竹筒から水が流れ落ちています。

六窓庵からの眺め。

六窓庵から眺めた本館の写真です。池を隔てて、本館の前に芝生の広場が広がっています。池の周りには桜が植わっています。

国立博物館本館の前には芝生の広場が広っています。

九條館前の灯籠

第四代清水六兵衛(1848~1920)の作品です。

九條館前にある灯籠の写真です。陶製の燈籠で、人の背丈ほどの大きさです。手前には山桜が咲いています。

手前には山桜が咲いていました。

池のほとりの枝垂れ桜。

池のほとりに咲いている枝垂れ桜の写真です。7分ほど花が咲いています。

七分ほど花が開いていました。

転合庵

本館側から眺めた池と転合庵。

本館側から池を隔てて眺めた転合庵という茶室の写真です。木造平屋建て、桧皮葺き一部瓦葺き、席は2畳台目向切、遠州好みです。別に四畳半の席があります。

小堀遠州(1579~1647)が京都伏見の六地蔵に建てた茶室です。

五重塔

高さ5.7mの銅製の塔。

五重塔の写真です。高さ5.7mの銅製の塔です。

基壇に第5代将軍徳川綱吉(1646~1709)が法隆寺に奉納した旨の銘文が線刻されていました。

本館 日本ギャラリー

本館は鉄骨鉄筋コンクリート造2階建ての重厚な建物。

東京国立博物館の本館入り口の写真です。

1938年(昭和13年)11月に開館しました。

ミュージアムショップ

最初は本館にあるミュージアムショップを見学。

東京国立博物館の本館にあるミュージアムショップで購入したポストカードの写真です。モデルは土偶と埴輪です。

埴輪と土偶のポストカードを購入しました。

平成館考古展示室のポスターの写真です。背景は赤い色で、土偶の写真がデザインされています。

平成館 考古展示室

考古展示室の入り口の写真です。部屋の中には重要文化財の埴輪盛装女子が展示されています。

埴輪 盛装女子

入り口では重要文化財の『埴輪 盛装女子』が出迎えてくれます。

埴輪盛装女子の写真です。高さは126.5cmです。群馬県伊勢崎市で出土しました。6世紀古墳時代の作品です。

6世紀古墳時代の作品で、群馬県伊勢崎市で出土。

高さは126.5 cm、全身を装身具で着飾った女子埴輪です。

土偶のレプリカ

手にとって、本物の土偶の形や大きさ、重さを体感できます。

土偶のレプリカの写真です。実際に手に持つことができます。

見た目よりも重く感じました。

上野公園

博物館の前の道を渡ると上野公園。

上野公園に植わっている桜の木の写真です。大勢の人で賑わっています。

上野公園は花見をする人たちで賑わっていました。

上野公園の桜並木の写真です。桜には提灯が掲げられています。桜の花は5分から6分咲きです。

桜は五分から六分咲き。

上野公園の入り口に咲いているシダレザクラの写真です。花は八分咲きです。外国から来た観光客が楽しそうです。

大勢の外国人観光客が楽しそうでした。

東京国立博物館

混雑しないので、ゆったりと桜を楽しめます。

上野にいらしたら、ぜひ訪れてください

多彩な展示も楽しめるオススメの場所です

東京国立博物館について記事を書いています。

東京国立博物館の公式キャラクターである「トーハクくん」と「ユリノキちゃん」を形どった看板の写真です。東京国立博物館の入り口に立てかけられています。向かって左側が高さ50cmのトーハクくん、右側が高さ1mのユリノキちゃんです。トーハクくんは館所蔵の「埴輪 踊る人々」を模した埴輪、ユリノキちゃんは本館前の「ユリノキ」の花をモチーフにした女の子です。 上野の東京国立博物館。展示だけでなく、様々な楽しみ方ができます! 法隆寺宝物館2階の資料室の東側に備えられたソファの写真です。庭に面したガラス窓から宝物館前の庭や池の景色を眺められます。ソファはル・コルビュジエ(Le Corbusier, 1887-1965)がデザインしたものです。 上野の東京国立博物館で、のんびり過ごせる場所を紹介します。 ランチで食べたサンドイッチの写真です。 上野の森で屋外ランチ!木陰がさわやかな東京国立博物館のレストラン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください