縄文人はおしゃれです!東京国立博物館 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」

特別展「縄文-1万年の美の鼓動」の看板の写真です。東京国立博物館の平成館の入り口に設置されています。高さは3m、幅は4mほどの大きな看板です。黄色い背景にして、国宝に指定されている土偶5体と火焔型土器1点が並んでいます。

東京国立博物館で開催されている 「縄文-1万年の美の鼓動」を観覧しました。

テーマは「縄文時代の美」。

「国宝土偶」と」国宝火焔型土器」が話題ですが、他にも素晴らしい出土品が展示されています。

生活の道具や装身具を見ると「縄文人はおしゃれ」で、物質的にも精神的にも豊かに暮らしていたことが分かります。

縄文時代から現代まで、人間の本質に変化はないと感じました。

特別展 縄文-1万年の美の鼓動

日本各地で見つかった縄文時代の出土品が展示されています。

東京国立博物館平成館の写真です。東京国立博物館の平成館の写真です。大きさは地下1階、地上4階、建築面積は5,529.45平米です。外壁は白色のセラミックタイル打込みPC版、屋根材にチタン板が採用されています。

会場は東京国立博物館の平成館。

展示は6つのパートに分かれていました。

第1章 暮らしの美

暮らしのなかで作られた道具や装身具を展示。

第2章 美のうねり

縄文土器が展示されています。

縄文時代は10,000年続きました。

その間に土器の文様や形がどのように変遷したのか分かります。

第3章 美の競演

ヨーロッパからアジアの各地で出土された土器が展示されています。

縄文土器の造形美が際立っていました。

第4章 縄文美の最たるもの

国宝に指定された土偶や火焔型土器など、縄文時代を代表する出土品が展示されています。

第5章 祈りの美、祈りの形

子孫繁栄や豊穣のための土偶や石棒、親の子への思いを伝える土器、海や山の祈りや畏敬の念を込めた動物形土製品などが展示されています。

第6章 新たにつむがれる美

作家や芸術家が愛玩した縄文時代の出土品が展示されています。

「第1章 暮らしの美」と「第4章 縄文美の最たるもの」、「第5章 祈りの美、祈りの形」から、私のお気に入りを紹介します。

生活の道具

縄文ポシェット

木製編籠
青森県青森市 三内丸山遺跡出土
縄文時代(中期)
青森県教育委員会蔵(三内丸山遺跡縄文時遊館保管)

木製の編籠。

高さ16cm、幅10cm。

素材は針葉樹の樹皮、ヒノキ科のヒバで作られています。

縄文展のパンフレットの写真です。国宝火炎型土器と合掌土偶、仮面の女神、縄文のポシェットが掲載されています。

「JOMON ジュニアガイド」より引用

平成館の入り口でもらったジュニアガイドをもらいました。

右下に縄文ポシェットが掲載されています。

幅約5mmの樹皮を使い、2本越え2本潜りの網代編みで作られたポシェト。

1993年(平成5年)に出土された時は、籠の中にクルミの殻が残っていました。

5,500年前に編まれた緻密な樹皮製ポシェットが立体的な形を保っています。

縄文時代にこのような技術があったことに驚きました。

鹿角製銛頭、鹿角製釣針

宮城県石巻市 沼津貝塚出土
縄文時代(晩期)
宮城・東北大学大学院文学研究科・文学部蔵

縄文時代の人々は、漁をしていました。

貝塚からは釣針が出土されています。

形は現代のものと同じで、刺さった獲物が抜けにくく加工されています。

銛は高い貫通力をもっていました。

マグロやイルカ、海獣など大型な獲物を捕獲できました。

装身具

縄文時代から私たちの先祖は装身具で身を飾りました。。

アクセサリーとしだけでなく、社会的地位や所属するグループを示したり、祈りのために装着しました。

漆塗櫛

埼玉県桶川市 後谷遺跡出土
縄文時代(晩期)
埼玉・桶川市教育委員会蔵

赤い漆が塗られた木製の横櫛。

女性が祈りの場で装着したと考えられています。

赤い漆は生漆にはベンガラを加えて作りました。

樹液の採取や精製、塗りなどの高度な技術が縄文時代には確立されています。

櫛は髪の手入れの他に、身を飾る役割がありました。

儀礼や死後の装身に使われました。

玦状耳飾

福井県あわら市 桑野遺跡出土
縄文時代(早期)
あわら市郷土歴史資料館保管

39個の石製の耳飾が出品されていました。

扁平な素材の中央に穴があり、1か所が切れてC字形をしています。

耳飾りの色は乳白色や茶褐色、青灰色とさまざま。

対となる色と形を合わせて身につけていました。

ピアスと同じで、耳たぶにあけた穴に切れ目の部分を通して装着します。

玦状耳飾は縄文時代早期末から前期にかけて、全国的に流行しました。

縄文時代中期以降は、土製耳飾が主流となりました。

土製耳飾

東京都調布市下布田遺跡出土
縄文時代(晩期)
江戸東京たてもの園

ジュニアガイドの写真です。国宝火炎型土器と土製耳飾、遮光型土偶の写真が載っています。

「JOMONNジュニアガイド」より引用

右上に土製耳飾が掲載されています。

赤い彩色と透かし彫りが施された凝ったデザイン。

直径は10cm、重さが75グラムで、大人の握り拳ほどの大きさです。

土製耳飾も耳たぶに穴をあけてピアスのように装着しました。

貝輪

千葉県船橋市 古作貝塚出土
縄文時代(後期)
東京大学総合研究博物館蔵

貝殻で作ったブレスレット。

やや大ぶりの2枚貝や巻貝の殻頂部に孔をあけて作られています。

女性の装身具で、さまざまな大きさのものがあります。

子供から大人まで装着していました。

壊れやすく、実用的でないため、儀礼や死後に装着したと考えられています。

鹿角製腰飾

青森県つがる市木造亀ヶ岡出土
縄文時代(晩期)
東京国立博物館蔵

鹿角で作られています。

一般的な鹿の角ではなく、奇形の角を用いた腰飾が展示されていました。

三又文が彫刻されていて、猛々しさや聡明さを表しています。

男性の装身具で、小さな孔にひもを通して腰からぶら下げました。

国宝土偶

安産や子孫繁栄、豊穣、怪我や病気の治療などの願いを込めて作られました。

縄文時代の出土品の中で国宝に指定されているのは、土偶5体と火焔型土器1点。

今回の展覧会では、6点全ての国宝が揃いました。

国宝に指定されている土偶は次の5点。

《中空土偶》《縄文のビーナス》《合掌土偶》《仮面の女神》《縄文の女神》

縄文展のパンフレットの写真です。国宝土偶 縄文のビーナスと中空土偶、縄文の女神が掲載されています。

「縄文展のパンフレット」より引用

左から《縄文のビーナス》《中空土偶》《縄文の女神》。

私が訪れた日は《中空土偶》《合掌土偶》《縄文の女神》の3体が展示されていました。

土偶 縄文の女神

山形県舟形市 西ノ前遺跡出土
縄文時代(中期)
山形県蔵(山形県立博物館保管)

2012年(平成24年)に国宝に指定されました。

高さ45cm、現存最大の土偶。

すらりとした姿。

眼・鼻・口がない小さな顔。

ふっくらと張りだした胸とウエストのくびれ。

長い脚と幾何学的な模様のパンツ。

神秘的で現代的なデザインです。

スタイルが良いので「八頭身美人」と称されています。

土偶 中空土偶

北海道函館市 著保内野遺跡出土
縄文時代(後期)
北海道・函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管)

2007年(平成19年)に北海道内唯一の国宝に指定されました。

高さ41.5cm、幅20.1cm、重さ1,745g。

国内最大の中空土偶。

内部は空洞で、薄手に作られています。

上半身は逆三角形、表情は穏やかで顔を少し左へ傾けています。

頭から足まで表面には細かい文様。

写実的で格好の良い土偶です。

出土した南茅部の「茅」と、中空土偶の「空」から、「茅空」という愛称がつけられまています。

縄文展のパンフレットの写真です。国宝火炎型土器と合掌土偶、仮面の女神、縄文のポシェットが掲載されています。

「縄文展のパンフレット」より引用

左から《国宝 火焔型土器》《合掌土偶》《仮面の女神》。

土偶 合掌土偶

青森県八戸市 風張1遺跡出土
縄文時代(後期)
青森・八戸市蔵(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館保管)

2009年(平成21年)に国宝に指定されました。

高さ19.8cm、幅14.2cm、奥行き15.2cm。

両膝を立てて座り、胸の前で手指をしっかりと組み合わせています。

上着とパンツは洗練されたデザインと文様。

表情は哲学的で、祈りの姿といわれています。

土偶の発展

「第5章  祈りの美、祈りの形のスペース」では、土偶の発展の様子が分かります。

初期の土偶は小型で扁平な板状の形をしていました。

素朴な造形で顔や手足はありません。

大きく膨らんだ乳房が女性であることを示しています。

安産や豊穣を祈る道具だったと考えられています。

やがて、頭部と手の表現が加わり、立体的になってきました。

顔の表情も豊かになります。

大きく開けた口、微笑み、あどけなさ、仮面のような表情。

ポーズもさまざまです。

しゃがむ土偶

福島県福島市 神岡遺跡出土
縄文時代(後期)
福島市教育委員会(宮畑遺跡史跡公園保管)

ポーズ土偶の一種。

面長な顔の女性が背中を丸め、立て膝で座っています。

胸の前で両腕を組んでいます。

座産の姿という説がありますが、表情が優しいので祈っているようにも見えました。

遮光器土偶

青森県つがる市木造亀ヶ岡出土
縄文時代(後期)
東京国立博物館

目の表現が雪中遮光器に似ているので「遮光器土偶」と名付けられました。

強調された大きな目と短い手足がユーモラスで、親しみを感じます。

遮光器土偶の写真です。目の表現が雪中遮光器に似ていることから名付けられました。左脚が欠損しています。安産や豊穣の祈願のために切断されたと考えられています。

左脚が欠損していました。

遮光器土偶の多くは腕や脚の一部が欠損したり、切断されたりしています。

安産や豊穣の祈願のため、土偶の体を切断したと考えられています。

写真は今回の展覧会ではなく、常設展示で撮影しました。

人形装飾付有孔鍔付土器

山梨県南アルプス市 鋳物師屋遺跡出土
縄文時代(中期)・前3000~前2000年
南アルプス市教育委員会蔵

土器の中ではこれが一番気に入りました。

人形装飾付有孔鍔付土器の絵はがきです。女の子が右手をあげて歌を歌っているようです。

ショップで購入した絵はがきです。

表面に人形が貼り付けられています。

口を開け、片手を上げた可愛らしい女の子の像。

他にも洗練されたデザインの土偶や土器が展示されていました。

遮光器土偶グッズ

ミュージアムショップで遮光器土偶のグッズを購入しました。

図録

総計304ページの図録。

展覧会に合わせて全6章で構成されています。

「特別展 縄文-1万年の美の鼓動」の図録の写真です。総計304ページ。展覧会に合わせて全6章で構成されています。土器や土偶の写真だけでなく、コラムも載っています。「縄文の美」が分かりやすく解説されています。

火焔型土器を大きくあしらったモダンな表紙。

「縄文の美」が分かりやすく解説されています。

土器や土偶の写真だけでなく、コラムも充実していました。

南部鉄偶(遮光器土偶)

一目惚れして購入。

鋳鉄製の遮光器土偶の写真です。高さ6.5cm、重さは300gで、手にもつと、ズッシリとした存在感があります。

鉄分補給 南部鉄偶(遮光器土偶)/南部鉄器

鋳鉄製の遮光器土偶です。

高さ6.5cm、重さは300g、手にもつとズッシリと存在感があります。

次の用途があります。
● やかんや鍋に入れて鉄分の補給
● なす漬けの色出しに
● 貝の砂出しに
● 黒豆の色、つや出しに

可愛らしくて、気分が和みます。

煮立てたり、糠につけたりしないで、部屋に飾っています。

遮光器土偶の絵はがき

遮光器土偶の絵はがきの写真です。図録の上に置かれています。

遮光器土偶の手ぬぐい

遮光器土器をデフォルメした図案の手ぬぐい。

遮光器土器を図柄にした手ぬぐいです。土器をデフォルメした図案で、紫色を基調にしたカラフルな手ぬぐいです。

紫色を基調にしたカラフルなデザイン。

眺めていて楽しい気分になれます。

遮光器土偶の缶バッジ

会場限定の1回300円のガチャガチャに挑戦。

会場限定のガチャガチャで手に入れた遮光器土偶の缶バッジです。1回300円でした。

欲しかった遮光器土偶をゲットしました。

まとめ

東京国立博物館で、特別展 「縄文-1万年の美の鼓動」が開催されました。

テーマは「縄文時代の美」。

「国宝土偶」や「国宝火焔型土器」の他にも、素晴らしい出土品が展示されていました。

生活の道具や装身具を見ると「縄文人はおしゃれ」で、物質的にも精神的にも豊かに暮らしていたことが分かります。

縄文時代から現代まで、人間の本質に変化はないと感じました。

東京国立博物館の記事を書いています。

東京国立博物館の公式キャラクターである「トーハクくん」と「ユリノキちゃん」を形どった看板の写真です。東京国立博物館の入り口に立てかけられています。向かって左側が高さ50cmのトーハクくん、右側が高さ1mのユリノキちゃんです。トーハクくんは館所蔵の「埴輪 踊る人々」を模した埴輪、ユリノキちゃんは本館前の「ユリノキ」の花をモチーフにした女の子です。 上野の東京国立博物館。展示だけでなく、様々な楽しみ方ができます! 東京国立博物館の本館に掛かった垂れ幕の写真です。「博物館でお花見を」と書かれています。 博物館でお花見を!東京国立博物館は花見の穴場です。 法隆寺宝物館2階の資料室の東側に備えられたソファの写真です。庭に面したガラス窓から宝物館前の庭や池の景色を眺められます。ソファはル・コルビュジエ(Le Corbusier, 1887-1965)がデザインしたものです。 上野の東京国立博物館で、のんびり過ごせる場所を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください