「三角市場」美味しい朝食を食べられます。小樽駅の隣です。

朝食についてくる味噌汁の写真です。ホタテ貝の稚貝が入っていました。

57歳でフリーターになったUn lapinです。8月の始めに北海道へ行ってきました。

新千歳空港から小樽へ直行し、夜はお寿司。翌朝は早起きして、小樽三角市場で朝食を食べました。

小樽駅

小樽駅は1903年(明治36年)に開業しました。

小樽駅の写真です。レンガ造りの趣のある駅舎です。

趣のある駅舎です。1934年(昭和9年)の建設で、国の登録有形文化財に指定されています。

小樽駅から海を眺めた写真です。大きな船が見えます。

駅を背にすると海を望めます。海に向かって穏やかな坂がつづいています。大きな貨物船が航行していました。

小樽三角市場

小樽駅の隣に三角市場はあります。

小樽駅前の坂道の写真です。階段を昇ると三角市場です。

駅に向かって、右手にある階段を上ると市場の入り口です。大きな看板があるので、すぐに分かりました。

三角市場の写真です。小樽駅前にあります。新鮮な魚貝が並べられています。

入り口は狭く、市場の中は幅2mほどの通路の両側にお店が並んでいます。200mほどの長さで、若干傾斜がついています。

三角市場で売られている魚の写真です。八角が5匹、氷の中に盛られています。

八角などの珍しい海産物だけでなく、お菓子や果物、野菜も売られていました。

三角市場の写真です。カニが生きたままで売られています。

花咲ガニ。

三角市場の写真です。、ホタテ貝と牡蛎が並べられています。

近海で穫れたたホタテやカキもたくさん売られています。呼び込みのおばさんは、しつこくなくて愛想が良かったです。

味処 たけだ

市場には16軒のお店があり、そのうち6軒が食堂です。

7:00から開いていた「味処 たけだ」に入りました。鮮魚店が直営しているお店です。

お店の壁に貼られたメニューの写真です。

お店の壁にはメニューが貼られています。どんぶりがお勧めですが、夜に海鮮丼を食べたばかりなので定食を選びました。

イカスミのさきいか

テーブルに着くと、小皿に入った黒いものが出てきました。

席に着いたら出てきたお通しです。黒いですが、さきいかでした。

食べると、イカスミのさきいかでした。ほんのりと甘く、つまみながら食事を待ちました。

いかの刺身

コリコリと歯ごたえがあります。

イカの刺身の写真です。甘くて美味しかったです。

新鮮なイカで、とても美味しかったです。

焼こまい

ホクホクしています。

氷下魚の写真です。ホクホクしていて、とても美味しかったです。本州では味わえない食感でした。

冷凍したものを自分で焼いたのとは全く別の食感でした。塩かげんもよく、そのままでも食べました。

あっという間になくなりました。次回は日本酒の肴にします。

一塩サーモン

肉厚でジューシーなサーモンです。

鮭の塩焼きの写真です。大きいです。大根おろしが添えられています。

口に入れると旨みが広がります。ご飯がすすみました。

しまほっけ

大きなホッケです。

ホッケの開きの写真です。大きいです。大根おろしで頂きます。

肉厚で、よく脂がのっていました。ふっくらとした身を、大根おろしで頂きました。

帆立の稚貝の味噌汁

だしの良く出た味噌汁です。

朝食についてくる味噌汁の写真です。ホタテ貝の稚貝が入っていました。

ホタテの旨みが喉にしみ込みます。

三角市場

三角市場という名前は、土地と屋根が三角の形をしていることに由来します。終戦後にできた朝市が発展し、1957年(昭和32年)に現在の市場が建てられました。

6店舗の食堂で、小樽や北海道近海で獲れ新鮮な食材を満喫できます。

食べるだけでなく、見たり、買ったり、店員さんと話をしたり、さまざまな楽しみ方が出来る市場です。

三角市場の食堂は人気があるので、昼間の食事はお店に入るのに整理券が配られたり、食事が出るまで30分ほど待たされるそうです。

ぜひ、朝の散歩とセットで早めに出かけてみてください。朝食におすすめの市場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください