小説の舞台になった京都吉田山の「カフェ真古館」。ケーキだけでなく内装や風景を楽しめるカフェです。

京都へ旅行しました。

小説やアニメの舞台になった真古館という喫茶店を紹介します。

小さな洋館といっても、煌びやかな西洋建築というわけではない。

素朴な木造建築で、まるで森の中にひっそりと佇んでいそうな雰囲気だ。

望月麻衣『ミステリアスなお茶会 京都寺町三条のホームズ(4)』双葉文庫、2016年、p97より引用

場所は吉田山の東側の麓。

この日は谷崎潤一郎のお墓がある法然院から歩いて向かいました。

途中哲学の道を横切り15分。

目指したのは吉田山荘。東伏見宮家の別邸であった由緒ある建物です。

吉田山荘の敷地内にカフェ真古館はあります。

吉田山荘のカフェ真古館|株式会社吉田山荘

吉田山山荘ではない

Google マップでナビゲートして到着したのは、アパートか学生寮のような建物。

華族の邸ではありません。

表札は「吉田山山荘」。

Google マップに「吉田山山荘」と入力していました。

吉田山には「吉田山荘」と「吉田山山荘」があります。

間違えないでください。

吉田山荘

あらためて検索すると、歩いて3分のところに吉田山荘はありました。

京都市左京区吉田下大路町59-1。

吉田山荘は東伏見宮家の別邸として1932年(昭和7年)に建てられました。

昭和天皇の義弟にあたる東伏見宮邦英王は、京都帝国大学へこの邸へから通いました。

東伏見宮家が皇籍離脱した後、1948年(昭和23年)に料理旅館となりました。建物は国の登録有形文化財に認定されています。

堂々たる構えの唐門。宮大工棟梁で文化功労者の西岡常一の建造です。

門をくぐると坂道がつづきます。

坂道の左側に優美な日本家屋があらわれます。

吉田山荘、和と洋が融和した建築様式です。

カフェ真古館

山荘を通り過ぎて坂を登り切ったところにある山小屋風の建物。

カフェ真古館です。

京都寺町三条のホームズ

カフェ真古館が舞台になった小説があります。

望月麻衣『ミステリアスなお茶会 京都寺町三条のホームズ(4)』双葉文庫、2016年

主人公のホームズこと家頭清貴は京都市内のカフェをコンプリートしているカフェ好き。

そのホームズが真古館は「京都でトップ5に入るカフェ」とすすめています。

宮家時代に建てられた外観をそのままにした隠れ家のような小さな洋館で、ここもとても素敵なんですよ。

僕の中では、五指に入るおすすめのカフェですね。

望月麻衣『ミステリアスなお茶会 京都寺町三条のホームズ(4)』双葉文庫、2016年、p93より引用

東伏見宮家の別邸時代はガレージでした。

「真古館」と描かれたすりガラスの扉。店に入ると左側に木製の階段があります。

階段をのぼり2階の部屋に入ると、他にお客さんはいませんでした。

黒光りする木製の床。使い込まれた木のテーブル。窓際のランプ。

室内は薄暗く、幻想的な雰囲気です。

3方に大きな窓。

東の窓からは五山送り火の「大文字」が点火される如意ヶ岳。

北は比叡山。南は町の景色がみえます。

突然どこからともなく店員さんが現れました。従業員専用の階段があります。

真古館のトレードマークはコウモリ。

古代中国でコウモリは福を呼ぶといわれていました。

蝙蝠という文字が、中国語で「福に変わる」という意味の「変福」と同じ音だからです。

チョコレートケーキ

カカオマスと豆腐を使用したヘルシーなケーキ。

ほろ苦いビターな味です。

ホットコーヒー

コーヒーにはこうもりビスケットが添えられています。カリカリしたシナモン風味。

女将が筆でしたためた和歌の短冊がそえられていました。

見渡せば柳桜をこき混ぜて都ぞ春の錦なりける

 

素性法師『古今和歌集』56番

「見渡してみれば、柳と桜を摘み取り混ぜて、美しい模様にしたような、そうだ、この都の眺めこそが春の錦なのだった」

春の京を歌った美しい歌です。

ええ、外観、内装、雰囲気、窓からの景色すべてにおいて好みです。

ケーキやコーヒーの味はもちろんですが、真古館は外観、内装、雰囲気、窓からの景色すべてにおいて好みです。

 

望月麻衣『ミステリアスなお茶会 京都寺町三条のホームズ(4)』双葉文庫、2016年、p94より引用

静かで落ち着いたときを過ごせるカフェです。

ぜひ京都へ行ったら寄ってください。

カフェ真古館、また訪ねてみたいおすすめのお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください