そよ風を感じながら日比谷公園でランチ、屋外で飲むビールは格別です。

日比谷公園の写真です。噴水と東京ミッドタウン日比谷が見えます。

57歳でフリーターになった Un lapinです。

今回は日比谷公園にある「日比谷サロー」を紹介します。

そよ風を感じながら屋外でランチを楽しめるレストランです。ビールも美味しいので、ぜひ訪ねてみてください。

日比谷公園

天気が良かったので日比谷公園でお昼ご飯を食べることにしました。JR有楽町駅から歩いて10分で日比谷公園に到着します。

有楽門。入り口に登楼があります。

日比谷公園の入り口にある外灯です。レトロな感じです。

日比谷公園は1903年(明治36年)に開園した日本最初の洋風公園です。2018年で開園115年を迎えます。

日比谷公園に残っている石垣です。ツツジの花が綺麗です。

有楽門を入ると左手に石垣があります。江戸城の日比谷御門を警護する日比谷見附の跡です。御門は撤去されて石垣だけが残っています。

江戸時代の地図の画像です。日比谷壕と日比谷御門が描かれています。

日比谷御門 『江戸東京重ね地図 』2001年 より引用

この土地は幕末までは大名の屋敷地でした。明治になって陸軍練兵場に変わり、その後は地盤が悪いため公園として整備されました。

Beer Terrace 1949 HIBIYASAROH(日比谷サロー)

日比谷公園には何軒かのレストランやカフェがあります。地図右下の第一花壇の北側、お濠に近い側が「日比谷サロー」です。日比谷公園の円内地図です。

 東京都公園協会「日比谷公園」 より引用

園内は花盛りでした。木々の緑の中に「日比谷サロー」は建っています。1949年(昭和24年)に創業したビアレストランです。

日比谷サローの建物の写真です。緑豊かな環境です。

平日の13:30頃だったので待たずに屋外の席に着けました。席は9割方が埋まっていました。

ランチのメニュー

暑かったのでビールを注文しました。緑に囲まれた屋外の席で飲むビールは格別な美味しさです。どの席からも公園の木々が見渡せます。

生ビールの写真です。ガラスコップにビールがつがれています。

ランチメニューから、本気の  “バンコクガパオライス” 上州もち豚使用を注文しました。

本気の“バンコクガパオライス”上州もち豚使用の写真です。ご飯の上に目玉焼きが乗っています。

唐辛子がきいて辛めですが、私には丁度よい味付つけでした。半熟卵を混ぜて頂きました。

家内の注文は、人気No.1 “東京36ライス” 国産鶏肉。

 東京36ライス”国産鶏肉の写真です。目玉焼きがご飯の上に乗っています。

こちらは上品な辛さでした。

多くの方がオムライスとナポリタンを食べていました。

屋外で日差しをあびながら飲むビールと美味しいランチ。快適な時間をのんびりと過ごせます。

噴水と野音

食後に園内を散策しました。16万1,636m²の広さです。

園内マップの中央下側にある「大噴水」です。高さ12mまで水は噴き上がります。夜間照明があり、21:00まで水を噴出しています。

日比谷公園の噴水の写真です。遠くに日比谷公会堂が見えます。

後ろに見えるのは日比谷野外音楽堂、「野音」です。

キャンディーズが解散を宣言した場所です。高校時代の夏の悲しい思い出です。

2018年3月29日に開業した「東京ミッドタウン日比谷」が園内のどの場所からも見えます。

日比谷公園から見える東京ミッドタウン日比谷の写真です。

手前に見えるのは「心字池」です。公園を設営するときにお濠の一部を残してできた池です。

2018年4月にテレビで放映された『池の水ぜんぶ抜く大作戦』で小池百合子東京都知事が胴長を着て入り、話題になりました。

日比谷公園の心字池の写真です。

以前このブログで紹介した京都の法然院の池も「心字池」と呼ばれていました。「心」の字をかたどった池を「心字池」と呼び、日本各地にあります。

日比谷公園の花の写真です。

園内は春の花盛りでした。

日比谷壕

有楽門を出ると左手に晴海通りを隔てて皇居のお濠が見えます。日比谷濠です。

日比谷公園から見た皇居のお濠です。

右側には旧第一生命館や帝国劇場などの建物が並んでいます。左側の皇居外苑の木々と右側のビル群が調和した情景でした。

お濠に泳いでいた亀の写真です。30cm位の大きな亀です。

お濠には大きな亀がゆったりと泳いでいました。

まとめ

天気の良い日に、日比谷公園でランチを頂きました。

屋外でそよ風を感じなが飲むビールは格別な美味しさでした。

ビールが好きな方はぜひ訪ねてみてください。お勧めします。

「屋外でのランチ」の記事です。

お濠に面したレストランで屋外ランチ、水辺で都会の緑を楽しめます。

上野の森で屋外ランチ、国立博物館のテラスは木陰がさわやかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください