6月は「あゆ」と「はも」。御徒町の吉池食堂で、初夏の味覚を味わいました。

アユの塩焼きの写真です。ひれと尾がピンと立っています。

57歳でフリーターになったUn lapinです。今回は、御徒町の吉池食堂の6月のメニューを紹介します。

吉池食堂は毎月、メニューが変わります。4月は「桜えび」、5月は「たけのこ」。6月は「あゆ」と「はも」が主役でした。

吉池ビルの前に設置されている鮭のフィギュアです。全長2mほどの大きな鮭です。

御徒町駅の目の前に9階建の吉池ビルがあります。駅の北口を出て左側、大きな鮭のフィギュアが目印です。

吉池ビルは9階が吉池食堂です。1階から4階はユニクロ、5階と6階はGU、7階はユザワヤ、8階がレストラン街です。

吉池ビル9階にある吉池食堂の暖簾です。藍色の生地に白く漢字の池という字が書かれいます。

エスカレータで9階にあがると、食堂の入り口には藍色の暖簾がかかっています。9階はワンフロアが全て食堂です。清潔で、とても広いお店です。

東側は一面ガラス窓で、遠くにスカイツリーが見えます。

吉池食堂から東側を眺めた画像です。手前に吉池食堂の暖簾、遠くにスカイツリーが見えます。

入店は16:30。この時間でも皆さん、お酒を飲んでいました。店内はとても賑やかです。

6月のメニュー

今月のちょい呑みセットは、ひきあげ湯葉とお刺身、メヒカリの揚げでした。

新しく加わったメニューは稚鮎の南蛮漬けと穴子の木の芽焼き、メカジキのグリエ、あぶり明太子、骨付き鶏と大根の煮物です。

吉池食堂のメニューの写真です。今月のおすすめが紹介されています。

残念ながら炊き込みご飯はありませんでした。

ちょい呑みセット

キリン一番搾り

ジョッキに注がれたキリン一番搾りの写真です。きめ細やな泡がたっています。

ちょい呑みセットについきます。ここの生ビールは喉越しがさわやかです。お客さんの回転が良いので生ビールも新鮮です。

ひきあげ湯葉

ひきあげ湯葉の写真です。山葵が添えられています。

湯葉のお刺身です。だし汁と山葵で頂きました。濃厚でとろけるような食感です。大豆の甘みを感じました。

本日のお刺身

マグロの写真です。マグロは中落ちです。大葉と大根のつまが添えられています。

マグロの中落ちでした。ほどよく脂がのっています。

メヒカリの揚げ

メヒカリの揚げの写真です。3匹のメヒカリがレタスの上に盛られています。

水深200~600mの比較的深い海域に生息している魚です。大きく青緑色に輝く目の特徴から「メヒカリ」と呼ばれます。

淡白な白身の魚で、骨が柔らかいので丸ごと頂きました。初めて食べましたが癖のない味でした。

枝豆

枝豆の写真です。黒い器に盛られています。

豆はしっかりとした歯ごたえです。香ばしく、甘みと旨みを感じました。

はもの湯びき

関西ではよく見かけますが、東京では食べたことがありませんでした。

はもの天ぷらの写真です。みょうがが薬味に添えられています。

熱湯に通したはもが反り返って花のようです。「牡丹はも」とも呼ばれます。

ハモの湯引きを食べている写真です。梅肉たれでいただきます。

身は引き締まり、淡泊な味わいです。梅酢でさっぱりと頂きました。

稚鮎の南蛮漬け

稚鮎の南蛮漬けの写真です。硝子の器に稚鮎が盛られています。

ふっくらとした身の稚鮎です。骨が柔らかいので丸ごと食べられます。スッキリとした甘酢と鮎の苦味が良く合いました。

はもの天ぷら

はもの天ぷらの写真です。シシトウと梅塩が添えられています。

ホクホクした食感です。柔らかい身を梅塩で頂くと、甘みが感じられました。

穴子の木の芽焼き

穴子の木の芽焼きの写真です。山葵が添えられています。

山葵と醤油で頂きました。口の中に山椒が香ります。日本酒に良く合います。

骨付き鶏と大根の煮物

骨付き鶏と大根の煮物の写真です。鶏と大根が二切れ入っています。

鶏の旨みがしみ込んだ大根がとても美味しかったです。白いご飯を混ぜて食べたくなりました。

あゆの塩焼き

あゆの塩焼きの写真です。ひれと尾がピンと立っています。

姿のきれいな鮎です。身はふっくらとしています。わたごと食べて鮎の苦みと香りを楽しみました。

焼きおにぎり

焼きおにぎりの写真です。おにぎりの表面はお醤油で焦げています。

炊き込みご飯がなかったので、焼きおにぎりを注文しました。焦げた醤油が香ばしく食欲を誘います。醤油が中までしみ込んでいました。

ガーリックトースト

ガーリックトーストの写真です。パンにバターがたっぷりしみ込んでいます。

とても美味しかったです。バターとニンニクが香ります。表面はカリッ、中はふんわりしていて、ビールによく合いました。

のり茶漬け

のり茶漬けの写真です。海苔とあられ、みつばが添えられています。

締めに注文しました。だし汁で頂くお茶漬けです。吉池食堂はご飯が美味しいです。

まとめ

御徒町の吉池食堂の6月の主役は「あゆ」と「はも」でした。あゆは塩焼きと南蛮漬け、はもは天ぷらと湯引きで頂きました。

ひきあげ湯葉、メヒカリ、穴子。初夏を味わえる料理がそろっています。季節の食材を楽しめる吉池食堂。おすすめです。

吉池食堂」に興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

「ふぐ」と「カキ」が登場!10月の吉池食堂で、秋の味覚を味わってみませんか。

土鍋ご飯が復活。9月は吉池食堂で「松茸ご飯」を食べられます。

9月もオススメは秋刀魚。御徒町の吉池食堂で、美味しい秋刀魚を食べられます。

オススメは秋刀魚。御徒町の吉池食堂で、美味しい秋刀魚を食べられます。

今年初めての秋刀魚の塩焼き。御徒町の吉池食堂で頂きました。

5月のおすすめは「あさりご飯」です。

4月は桜えびが主役です。

3月の吉池食堂。春の食材を美味しく味わえます。

御徒町の吉池は「新潟の食のテーマパーク」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください