パレスホテル 「琥珀宮」、皇居に隣接したホテルで優雅な中華ランチ!

前菜の盛り合わせの写真です。白い皿に金華豚又焼と皮付豚のロースト、クラゲの冷菜、インゲンのXO醤炒めが盛られています。

皇居のお堀に隣接したパレスホテル東京の5階にある「琥珀宮」のランチを紹介します。

名物は北京ダック、驚くほどの美味しさでした。

すべての料理が上品な味付けで、サービスも完璧。

ゆったりとした雰囲気の中で、落ち着いた時間を過ごせます。

とてもおすすめな中華ランチでした。

中國飯店 琥珀宮

パレスホテル東京の住所は丸の内1丁目1-1、皇居のお堀に隣接した緑と水に恵まれた環境です。

JR東京駅から徒歩8分、丸ノ内線の大手町駅からは地下通路が直結しています。

琥珀宮の料理とお店の様子をビデオで紹介しています。

エレベーターで5階へ。

パレスホテル東京の5階でエレベータを降りた場所の写真です。琥珀宮の入り口には中国絵画と壺が掲げられています。お店へのアプローチは灯りをおさえた落ち着いた雰囲気です。

灯りをおさえた落ち着いたアプローチ。

琥珀宮の店内の写真です。お店の中は明るい雰囲気です。空中庭園に面した大きなガラス張りの窓から陽光がそそいでいます。

店内は明るい雰囲気です。

空中庭園に面した大きなガラス張りの窓から陽光がそそいでいます。

ランチコース水晶(北京ダックコース)

北京ダックコースの予約は2名から。

テーブルセッティングの写真です。白いナプキンの上にメニューが置かれています。

空中庭園の先には皇居の緑と周りを囲む高層ビルが並んでいます。

前菜の盛り合わせ

金華豚又焼、皮付豚のロースト、クラゲの冷菜、インゲンのXO醤炒め。

前菜の盛り合わせの写真です。白い皿に金華豚又焼と皮付豚のロースト、クラゲの冷菜、インゲンのXO醤炒めが盛られています。

ジューシーな又焼は、中華独特の香りと味付け。

皮付豚は皮がパリパリ、噛みしめると肉から甘みと旨みがしみだしてきます。

クラゲは肉厚でコリコリ。、味付けだけでなく食感も楽しめる前菜でした。

香港式点心 3種

蒸籠に入った蒸し餃子と焼売、皿には叉焼パイがもられて登場。

香港式点心3種の写真です。蒸籠に蒸し餃子と焼売が1個ずつ入っています。

海老の食感が楽しめる蒸し餃子と肉のうま味がつまった焼売。

香港式点心3種の写真です。白い皿に叉焼パイがもられています。パイの大きさは5cmほどです。表面はきつね色に焼けていて、胡麻が散らされています。

叉焼パイは少し甘め、上品な味付けで食欲がわいてきます。

紹興酒

「陳年紹興花彫酒 10年熟成」を注文。

紹興酒の写真です。銘柄は「陳年紹興花彫酒 10年熟成」です。白いポットに入って提供されました。常温ストレートで飲んだので、透明なクリスタルグラスがそえられています。

白いポットに入って提供されます。

常温ストレートでいただきました。

華やかな香りで少しフルーティーな味わいでした。

北京ダック

食べる前に焼きあがった北京ダックをテーブルに持ってきてくれます。

きれいな飴色の丸々太った焼鴨に期待が高まります。

1本の北京ダックが白い皿に盛られた写真です。具材を包む皮は白い色を指定います。長さが12cmほどの円筒状の形をしています。

お店の真ん中にある北京ダック台で調理して再登場。

北京ダックの断面の写真です。飴色に焼かれた焼鴨の皮と白い皮で緑色のきゅうりを包んでいます。

具材をつつむモッチリした皮、ザクッとした歯ざわり。

甘めのソースとにじみ出る鳥の旨み、贅沢な1本です。

海鮮とアオサのスープ

磯の香りがただようスープ。

白いスープ皿に入った海鮮とアオサのスープの写真です。スープは澄んだスープに緑色のアオサと白いホタテが浮かんでいます。

コクのある、しっかりした味付けでした。

青菜の炒め

しゃきしゃきした青菜。

白い皿に盛られた青菜の炒めの写真です。鮮やかな緑色の青菜と茶色いポルチーニ茸が盛られています。

あっさりした味付けでした。

本日のチャーハン

パラパラしたチャーハン。

本日のチャーハンの写真です。パラパラしたチャーハンに、細かく刻まれた緑色のネギと黄色い卵が混ざっています。

チャーハンにそえられたザーサイの写真です。

ザーサイも美味しかったです。

工芸茶

ポットの中で茶葉が開き、花が顔をのぞかせています。

透明なガラスのポットに入った工芸茶の写真です。ポットの中で茶葉が開き、花が顔をのぞかせています。ポットは蝋燭の火で温められています。

テーブルでポットを温めてくれるので、いつでも熱々のお茶を頂けます。

お茶が少なくなるとスタッフが注ぎに来てくれます。

デザート

タピオカヨーグルトとカステラ。

デザートのタピオカヨーグルトとカステラの写真です。

甘さ控えめのさっぱりとしたデザートでした。

パレスホテル東京にある中華料理店「琥珀宮」のランチを紹介しました。

 

名物の北京ダックでけでなく、すべての料理が上品な味付けで美味しかったです。

 

サービスも素晴らしく、ゆったりとした雰囲気の中で料理を楽しめました。

 

とてもおすすめな中華ランチです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください