しったか(尻高)は塩ゆでがオススメ!磯の香りと旨みを味わえます。

殻から取り出したしったかの身です。貝の渦と同じ方向にゆっくり引き抜くと取り出せます。

しったかという貝をご存知ですか。

殻の尻(殻頂)が高いので尻高と呼びます。

太平洋沿岸に生息していて、千葉県や静岡県、大分県などが主な産地です。

しったか(尻高)

殻の高さは5cm前後。

横から見るとほぼ正三角形。

皿にもったしったかの写真です。殻の高さは5cm前後、横から見るとほぼ正三角形をしています。

 

この貝は御徒町の吉池で購入しました。

さっそく塩ゆでにして食べました。

酒の肴に絶好。

茹でても身は硬くなりません。

ほのかに甘く、磯の旨味を味わえました。

塩ゆで

砂抜き

海水と同じ濃度(約3%)の塩水に浸します。

砂抜きをしているしったかの写真です。海水と同じ濃度の塩水(約3%)に浸しています。

 

塩水にひたしたら、しったかが動き始めました。

動きまわるしったかです。

調理方法

しったかを鍋に入れて、貝がかぶるまで塩水をくわえます。

塩水は海水の濃度。

ゆっくり加熱してください。

熱い湯にいきなり入れると、身が引っ込んでしまいます。

身を取り出せなくなるので注意してください。

塩ゆでしてるしったかの写真です。塩水の濃度は海水くらいです。熱い湯に入れると、しったかの身が奥に入って取り出せなくなります。

 

沸騰したら日本酒をくわえて、さらに加熱。

再度沸騰したら火を止めて放置。

粗熱がとれたら完成です。

身の取り出し方

先の尖ったもので身を取り出します。

しったかの身の取りだしている動画です。

貝の渦と同じ方向にゆっくり回すと身が抜けてきます。

シッタカの身を引き抜いている写真です。先の尖ったもので身を引き出し、貝の渦と同じ方向にゆっくり回しながら引き抜いています。

 

身はほのかに甘く、磯の旨味を味わえました。

シッタカの殻と身の写真です。殻の高さは5cm、横から見るとほぼ正三角形をしています。 身は乳白色で蚊取り線香のように渦<div class=

 

あまり見かけない貝ですが、日本酒の肴に絶好です。

見つけたらぜひ試してください。

しったか(尻高)

・殻の尻(殻頂)が高いので尻高と呼ばれています。

・シンプルな塩ゆでをオススメします。

・身はほのかに甘く、磯の香りと旨味を味わえます。

・酒の肴にピッタリでした。

吉池

しったかを購入したのは御徒町駅前の吉池という鮮魚店。

他の魚屋で見かけない魚介が揃っています。

吉池で見つけた食材の記事です。

御徒駅前にある鮮魚店「吉池」の写真です。壁一面に大きな看板がかかっています。鯛の絵が描かれ、白い文字で「魚はやっぱり直営店の吉池で!」と書かれています。 うまい肴ばかりです!魚屋さんで「あつ森」に登場する海の幸を見てきました。 ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。 ミネフジツボを食べたことがあますか? 濃厚なカニと上品なエビをあわせた味わいです。 亀の手の写真です。柄を引き剥がすと、爪にピンク色の身がついています。この身を食べます。 やめられない♪ 止まらない♪ 「亀の手」は食べ始めたら止まりません。 茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。 「タコの卵」を初めて食べました。白子に似たクリーミーな味わいです。 素揚げにした穴ジャコの写真です。2本の穴ジャコが白い皿に並べられています。穴ジャコは赤い色をしています。 穴ジャコは素揚げがオススメ!甘くて濃厚なミソを味わえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください