うまい! しったか(尻高)の塩ゆで。磯の香りと旨味を味わえます。

殻から取り出したしったかの身です。貝の渦と同じ方向にゆっくり引き抜くと取り出せます。

「しったか」という貝をご存知ですか。

北海道南部から九州の太平洋沿岸に生息する貝で、千葉県や静岡県、大分県などが主な産地です。

殻の尻(殻頂)が高いので尻高と呼ばれています。

しったか(尻高)

殻の高さは5cm前後、横から見るとほぼ正三角形です。

皿にもったしったかの写真です。殻の高さは5cm前後、横から見るとほぼ正三角形をしています。

この貝は御徒町の「吉池」で購入しました。

さっそく塩ゆでにして食べました。

煮ても硬くなりません。

身はほのかに甘く、磯の香りと旨味を味わえる日本酒にぴったりの肴です。

塩ゆで

砂抜き

海水くらいの塩水(約3%)にしったかを浸します。

砂抜きをしているしったかの写真です。海水と同じ濃度の塩水(約3%)に浸しています。

水にひたすと、しったかが動き始めます。

しったかが動いている様子です。

調理方法

しったかを鍋に入れて、貝がかぶるまで塩水をくわえます。

塩水は海水の濃度、ゆっくりと加熱してください。

熱い湯に入れると、しったかの身が引っ込んでしまい取り出しにくくなります。

塩ゆでしてるしったかの写真です。塩水の濃度は海水くらいです。熱い湯に入れると、しったかの身が奥に入って取り出せなくなります。

沸騰したら日本酒をくわえ、さらに5分くらい加熱。

再度沸騰したら火を止めて放置、粗熱がとれたら完成です。

身の取り出し方

先の尖ったもので身を取り出します。

貝の渦と同じ方向にゆっくり引きながら身を引き抜いてください。

シッタカの身を引き抜いている写真です。先の尖ったもので身を引き出し、貝の渦と同じ方向にゆっくり回しながら引き抜いています。

身はほのかに甘く、磯の香りと旨味を味わえます。

シッタカの殻と身の写真です。殻の高さは5cm、横から見るとほぼ正三角形をしています。 身は乳白色で蚊取り線香のように渦<div class=巻のような形をしています。” width=”1920″ height=”1080″ />

あまり見かけない貝ですが、日本酒にぴったりの肴です。

見つけたらぜひ試してください。

しったかの身を取りだしている様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください