ジャンボ落花生「おおまさり」、ホクホク甘い「塩ゆで」がオススメです!

「おおまさり」という生落花生の写真です。普通の落花生の約2倍の大きさで実測値は5.5cmでした。

御徒町吉池でジャンボ落花生を見つけました。

名前は「おおまさり」、国内で栽培される落花生の中で最大品種で、大きいだけでなく、とても甘い落花生です。

網袋に入った「おおまさり」の写真です。網袋の表面に緑色の文字で「ジャンボ落花生」と書かれた白い紙がはられています。

ゆで落花生にしたらホクホク甘い濃厚な旨味を味わえました。

「おおまさり」を塩茹でしている動画です

おおまさり

2007年(平成19年)誕生した落花生、千葉県が14年かけて作リました。収穫時期は8月下旬~10月末生の落花生を味わえるのはこの時期だけです。

「おおまさり」とメジャーを並べた写真です。「おおまさり」の実測値は5.5cmです。普通の落花生の約2倍の大きさです。

大きさは普通の落花生の約2、実測値は5.5cmでした。

茹で落花生の作り方

せっかく手に入れた生落花生なので塩ゆでにしました。

鍋に「おおまさり」を入れて水をくわえます。

鍋に「おおまさり」と水を入れた写真です。

水1Lに塩大さじ2杯、水の量は「おおまさり」がひたるくらい

鍋に入れた「おおまさり」にペーパータオルをかぶせた写真です。落し蓋の代わりにペーパータオルを使っています。

おまさりが浮き上がるのを防ぐため落し蓋をします。今回はペーパータオルで代用しました。

強火で加熱を開始、沸騰したら弱火で30分ゆでます。ゆであがったらそのまま放置

30分ほどしたら塩加減と柔らかさを確認します。よい感じならザルにあげて冷まして食べてください。大きいだけでなく、甘みがとても強い落花生です。

茹であがった「おおまさり」の殻をむいた写真です。殻の中には2個の白い豆が入っています。

塩ゆでにするとホクホク甘い濃厚な旨味を味わえます。塩加減もほどよくビールのつまみに最高です。

御徒町の吉池

おおまさり」を購入したのは御徒町駅前の吉池

御徒駅前にある鮮魚店「吉池」の写真です。壁一面に大きな看板がかかっています。鯛の絵が描かれ、白い文字で「魚はやっぱり直営店の吉池で!」と書かれています。

1階はテレビでよく紹介される魚市場のような鮮魚店、地下1階の総合食料品売り場で「おおまさり」を見つけました。

このフロアは魚介類の加工品や乾物、野菜、果物、お惣菜、肉などが充実しています。都内で見かけない新潟県の物産がたくさんありました。

上野や秋葉原に行く機会があれば御徒町によって、吉池で新潟物産をさがしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください