ジャンボ落花生「おおまさり」。ホクホクで甘い「塩ゆで」がオススメです!

スーパーでジャンボ落花生を見つけました。

名前はおおまさり

国内で栽培されている落花生の中で最大品種です。

大きいだけでなく、とても甘い落花生。

ゆで落花生にしたら、ホクホクして濃厚な旨味を味わえました。

おおまさりを塩ゆでしている動画です。

おおまさり

2007年(平成19年)に誕生した落花生です。

千葉県が14年かけて作リました。

収穫時期は8月下旬~10月末。

生の落花生を味わえるのはこの時期だけです。

大きさは普通の落花生の約2

実測値は5.5cmでした。

落花生の塩ゆで

せっかく手に入れた生落花生なので塩ゆでにしました。

鍋におおまさりを入れて、水をくわえます。

水1Lに塩大さじ2杯。

水の量は、おおまさりがひたるくらい。

おまさりが浮き上がるのを防ぐため落し蓋をします。

今回はペーパータオルで代用。

強火で加熱を開始。

沸騰したら弱火で30分ゆでます。

ゆであがったら、そのまま放置。

30分ほどたったら塩加減と柔らかさを確認。

よい感じならザルにあげます。

冷まして食べてください。

大きいだけでなく、甘みがとても強い落花生です。

塩ゆでにしたらホクホクで、濃厚な落花生の旨味を味わえました。 

塩加減もほどよくビールのつまみに絶好です。

御徒町の吉池

おおまさりを購入したのは御徒町駅前の吉池

御徒駅前にある鮮魚店「吉池」の写真です。壁一面に大きな看板がかかっています。鯛の絵が描かれ、白い文字で「魚はやっぱり直営店の吉池で!」と書かれています。

1階はNHKにも登場した魚市場のような鮮魚店。

地下1階の総合食料品売り場でおおまさりを見つけました。

このフロアは魚介類の加工品や乾物、野菜、果物、お惣菜、肉などが充実しています。

都内で見かけない新潟県の物産がたくさんありました。

新潟県の物産

十全なすの浅漬け

巾着のような形をした新潟特産のなす。

皮は濃紺で薄く、肉質はしまっていながら柔らか。

ほのかに甘い美味しい浅漬けでした。

かんずり

新潟県産の唐辛子と糀、柚子、食塩でつくった辛味調味料。

完成までに4年かかります。

塩漬けした唐辛子を雪にさらしてアクを抜き、樽に入れて3年かけて熟成発酵。

新潟ならではの作り方です。

バスセンターのカレー

新潟市中心部「万代シティ」の屋内バスロータリーにある「万代そば」のカレーです。

お店では「並」でもボリューム満点。

レトルトも1.5人前。

見た目は黄色くて甘めの感じ。

食べてみるとスパイスのきいたピリッとした辛さでした。

吉池を訪れたら新潟の物産もさがしてみてください。

おおまさり
・ジャンボ落花生おおまさりでゆで落花生を作りました。

・大きさは普通の落花生の2倍! 

・大きいだけでなく、甘みがとても強い落花生です。

・ホクホクで濃厚な旨味を味わえます。

吉池で見つけた珍しい魚介を調理しています。

亀の手の写真です。柄を引き剥がすと、爪にピンク色の身がついています。この身を食べます。 やめられない♪ 止まらない♪ 「亀の手」は食べ始めたら止まりません。 ながらみの写真です。直径が2ー3cmの巻貝で、ヤドカリのような形をしています。表面はツルツルと滑らか鮮やか色をしています。 味はサザエ、食感はアワビ。「ながらみ」を食べたことがありますか? 素揚げにした穴ジャコの写真です。2本の穴ジャコが白い皿に並べられています。穴ジャコは赤い色をしています。 穴ジャコは素揚げがオススメ!甘くて濃厚なミソを味わえます。 茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。 「タコの卵」を初めて食べました。白子に似たクリーミーな味わいです。 ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。 ミネフジツボを食べたことがあますか? 濃厚なカニと上品なエビをあわせた味わいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください