「タコの卵」を初めて食べました。白子のようなクリーミーな味わいです。

茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。

御徒町の吉池をご存知でしょうか?

御徒町駅前に9階建ての吉池ビルがあります。

その1階の鮮魚売り場で、珍しい食材を見つけました。

北海道の噴火湾で獲れたヤナギダコの卵です。

北海道では「たこまんま」と呼ばれています。茹でると、タコの卵が米粒のようになります。

吉池の店員さんの話では、お刺身かポン酢や醤油漬けにすると美味しいそうです。

今回は「タコの卵」の塩ゆでを紹介します。

タコの卵

薄い膜に包まれ、柔らかくプルプルしています。

皿にのせると、お供え餅のよう。

タコの卵巣の写真です。皿にのせるとお供え餅のような形になります。

直径は15cm、膜の中にはタコの卵が詰まっています。

タコの卵は5mmほどの紡錘形をしていて白く透き通っています。

生で食べるのは抵抗があるので、塩ゆでにしました。

塩ゆで

タコの卵巣を良く洗います。

鍋に入れたタコの卵巣の写真です。膜を通して紡錘形のタコの卵が見えます。

沸騰したお湯に塩を加え、その中にタコの卵巣を入れます。

タコの卵巣の膜が破れた写真です。茹でると自然に膜は破れます。

茹だってくると自然に膜が破れます。

タコの卵は根元で繋がっていて、花が咲いたように開きます。

茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。

3分ほど茹でたら氷水でさらします

根元を切ると卵はバラバラになります。

茹でたタコの卵をバラバラした写真です。根元を切ると、タコの卵はバラバラになります。

ポン酢をかけて食べました。

タコの卵にポン酢をかけた写真です。このまま頂きます。

味は濃厚でクリーミー。ねっとりしていて、白子に似た味わいです。

日本酒に合う一品。魚卵が好きな方には、たまらない珍味です。

見かけたらぜひ手に入れて調理してください。

吉池の鮮魚売り場

「タコの卵」は御徒町駅前の吉池ビル1階にある鮮魚売り場で見つけました。

まるで魚市場のようなお店で、新鮮な魚が一匹丸ごと並んでいます。

貝類や魚卵も珍しいものが揃っています。

自分で酒の肴を調理する方はぜひ訪ねてください。きっと満足できるお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください