穴ジャコは素揚げがオススメ!甘くて濃厚なミソを味わえます。

素揚げにした穴ジャコの写真です。2本の穴ジャコが白い皿に並べられています。穴ジャコは赤い色をしています。

御徒町駅前の「吉池」で穴ジャコを見つけました。

あまり流通していませんが、有明海や瀬戸内の名産です。

オススメの調理法は素揚げ。

殻が柔らかいので丸ごと食べられます。

竹製の丸いザルに並べられた穴ジャコの写真です。穴ジャコの体表は茶色で、体長は10cmほどです。穴ジャコの数は8本です。

身はシャコとカニを足して割った感じ。

殻が香ばしく、ミソは甘くて濃厚。

酒の肴に最高です。

アナジャコを調理している動画です。

穴ジャコ

見た目と名前はシャコに似ていますが、実はヤドカリの仲間。

体長は10cm前後。

旬は5月〜7月 。

英語名は「Japanese mud shrimp」。

「日本の泥エビ」。

泥干潟に掘った穴の中で暮らしています。

巣穴はとても深く、2mを超えることもあります。

調理方法

泥をたくさん掴んでいるので、脚とお腹の膜をとって泥をしっかり洗い流します。

穴ジャコの脚とお腹の膜をとっている写真です。お腹に黄色いミソがつまっています。

お腹には黄色いミソがたっぷり。

頭の先端は硬いので切り落としました。

穴ジャコを片栗粉でまぶした写真です。穴ジャコは白い皿に並べられています。

水を切って片栗粉にまぶします。

油の温度は180度。

穴ジャコを天ぷら鍋で揚げている写真です。2本の穴ジャコが調理されています。体表は赤い色に変わっています。180度で3分間揚げると完成です。

加熱すると身が赤くなります。

3分で完成。

塩をふっていただきました。

素揚げにした穴ジャコの写真です。2本の穴ジャコが白い皿に並べられています。穴ジャコは赤い色をしています。

殻が柔らかいので丸ごと食べられます。

身はシャコとカニを足して割った感じ。

殻はカリッと香ばしく独特な味わい。

ミソは甘くて濃厚。

酒のおともに最高です。

穴ジャコ釣り

筆を使った穴ジャコの面白い捕り方を紹介します。

穴ジャコの巣穴は深いので、掘り返すだけでは つかまりません。

巣穴に異物が入り込むと外に追い出そうとする穴ジャコの性質を利用します。

● 巣穴に筆を差し込む
● 巣穴を守るために穴ジャコが筆を外に押し出す
● 筆をそっと引き抜く
● 穴ジャコが表に出てきたところを捕獲

御徒町駅前の「吉池」で見つけた穴ジャコを紹介しました。

オススメの調理法は素揚げ。

身はシャコとカニを足して割った感じ。

ミソは甘くて濃厚。

殻に独特な味わいがあります。

脚はとらずに殻と一緒に丸ごと召し上がるのがオススメです。


吉池で見つけた魚介類を紹介した記事です。

ながらみの写真です。直径が2ー3cmの巻貝で、ヤドカリのような形をしています。表面はツルツルと滑らか鮮やか色をしています。味はサザエ、食感はアワビ。「ながらみ」を食べたことがありますか? 亀の手の写真です。柄を引き剥がすと、爪にピンク色の身がついています。この身を食べます。やめられない♪ 止まらない♪ 「亀の手」は食べ始めたら止まりません。 茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。「タコの卵」を初めて食べました。白子に似たクリーミーな味わいです。 ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。ミネフジツボを食べたことがあますか? 濃厚なカニと上品なエビをあわせた味わいです。 茹でたウチワエビの写真です。茹でる前は赤紫色をしていましたが、茹でると鮮やかなオレンジ色に変わります。甘くて、ぷりぷり。伊勢海老より旨い「うちわ海老」の塩ゆで!

吉池は御徒町駅前にある総合スーパー。

魚売り場は市場のようで、珍しい食材が手に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください