どんな野菜でも、美味しい。栗原はるみ「たこの香味サラダ」

タコの香味サラダの写真です。盛り付けた野菜とタコにポン酢と温めたごま油をかけて食べます。

57歳でフリーターになった Un lapinです。定刻に帰宅するようになったので夕食の一品を作り始めました。

レシピの本で作る料理を見つけています。知らない料理と出会えるので、初心者にはインターネットより本の方が参考になります。

おすすめは、土屋敦『このレシピがすごい!』(扶桑社、2015年)です。料理研究家の土屋敦さんがこれまでに読んだ3,000冊の料理本の中から料理と著者を紹介しています。

この本を読んでいると料理を作りたくなります。

栗原はるみ「たこの香味サラダ」

『このレシピがすごい!』の中から、栗原はるみ『ごちそうさまが、聞きたくて。』(文化出版局、1992年)の「たこの香味サラダ」を作ってみました。

材料

ゆでだこ 500g
セロリ 1本
クレソン 1把
青じそ 10枚
あさつき 0.5把
新しょうが 4本
ポン酢 0.25カップ
ごま油 大さじ2

食材の準備

材料の買い出しに出かけました。あさつき以外はそろいました。

あさつきは冬から春の野菜で、夏は葉が枯れてしまうそうです。青ネギで代用しました。

タコは300gのものを購入しました。

ゆでたこの写真です。直径2cm、長さ10cmのたこの足がお皿の上に乗っています。

500gではかなりの量なので、レシピより小さなタコにしました。

セロリの写真です。長さ20cmのセロリが2本並んでいます。

セロリは筋を取って5cmの長さに薄切りします。

セロリは筋をとって食べることを知りませんでした。指で筋をとろうとしましたが、うまくできません。途中で筋が切れてしまうのです。

家内に次の方法を教えてもらいました。

セロリの葉のつけ根を、凹んだ側から外へ向けて折る。折った部分に筋が付いているので、葉の側をゆっくり引き下げる。こうすると、筋は簡単に取れます。

クレソンの写真です。白いお皿に緑色のクレソンがきれいです。

クレソンは半分の長さに切ります。

青じその写真です。白いお皿に5枚の青じそが並べられています。

青じそは5cm幅のざく切り。

新しょうがの写真です。長さ10cm、径が2cm程の大きさです。

新しょうがは千切り。

ぶつ切りにした茹でたこの画像です。

タコは大きめの乱切り。

野菜を氷水に浸けている画像です。野菜がシャキッとします。

野菜を氷水につけ、パリッとさせた後に水気をきります。

ごま油をかけて完成

野菜を盛り付けた画像です。色々な野菜が調理されています。

たこをうつわに盛り、野菜をのせてポン酢をかけます。

サラダに沸騰したごま油をかけている画像です。とても良い香りが広がっています。

食べるときに沸騰させたごま油をかけて、手早くかき混ぜます。煙がで始めたごま油をかけたらジュワッと、とても良い音と香りがしました。

しょうがの味が他の野菜と比べて強く感じました。私の好みでは、みょうがの方があいそうです。次回は野菜を変えて試してみます。

野菜は何でも良さそうなので、好きな野菜でぜひ作ってみてください。おすすめのサラダです。

「料理」の記事です。

調味料を加えなくても、美味しい。たなかれいこ「蓮根のはさみ揚げ」

甘い枝豆が食べられます。ステンレス多層構造鍋で「焼き枝豆」を作りました。

ほうれん草は根もとが甘い。河田吉功シェフの「ほうれんそうとにんにく」

丸元淑生さんが教えてくれたステンレス多層構造鍋、野菜本来の旨味と風味を味わえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください