味噌汁を簡単に作れます。「計量みそマドラー」と「みそこし名人」はオススメです。

鍋の中で味噌を溶いている写真です。鍋の縁に引っ掛けた味噌こし名人の中で、味噌マドラーの味噌を溶いています。

57歳でフリーターになった Un lapinです。帰宅時間が早くなったので、夕食に一品を作っています。

壇一雄『檀流クッキング』(中央公論新社、2013年)を読んでナメコの納豆汁を作りました。

お椀に入ったナメコの納豆汁の写真です。具はナメコと豆腐で、ネギが散らされています。

初めて作った味噌汁ですが、とても美味しくできました。

その後、味噌汁作りに凝っています。今回は味噌汁作りに役立つ、便利な道具を紹介します。

便利な道具

味噌汁を作り始めて最も苦労したのは、味噌溶きでした。以外と時間がかかり、味噌の塊が残ったりしました。

解決策として、味噌汁を作るのに便利な道具をインターネットで探して購入しました。

計量みそマドラー

主婦が考案した道具です。

計量みそマドラーの写真です。ステンレス製で、全長は20cm。両端にワイヤでできた輪がついています。大きい輪は大さじ2杯、小さい輪は大さじ1杯の味噌を計量できます。

両端にワイヤでできたネギ坊主が付いています。味噌に突っ込んでグルリと回して味噌をすくいります。

大きい方は大さじ2杯分、小さい方は大さじ1杯分。このまま、だし汁につけて味噌を溶きます。

計量みそマドラーの柄の端写真です。柄の端は、ナイロン製の中栓で閉鎖されているので衛生的です。

柄の両端はナイロン製の中栓で閉鎖されているので衛生的です。

お椀1杯に、小さい方1杯で調度良い塩加減。計量スプーンよりは簡単で、正確に味噌を計量できます。

板前さんの みそこし名人

下村企販という老舗のざるメーカーの製品です。作りがしっかりとしています。

みそこし名人の写真です。ステンレス製です。

ひっかけ金具の作りが絶妙で、鍋の縁にかけて手を離せるのが便利です。

みそこし名人の引っ掛け金具の写真です。鍋の縁に引っ掛けて使えます。

とても安定感があります。家内も感心していました。

しじみの味噌汁

「軽量みそマドラー」と「みそこし名人」を使ってしじみの味噌汁を作りました。

しじみの砂抜き

魚屋さんに教わり、真水に30分ほど浸しました。

砂出ししているシジミの写真です。0.5%の濃度の塩水にシジミをつけています。

豆腐

絹ごし豆腐。

豆腐の写真です。絹ごし豆腐を2cm角に切ってあります。

2cm角に切ります。

水にしじみをいれて火にかけます。

鍋に水とシジミを入れて、煮ている写真です。

じっくりと煮立てて、しじみの口が開いたら火を弱めて豆腐を加えます。

みその軽量

味噌に「計量みそマドラー」を差し込みます。

計量みそマドラーを味噌に差し込んでいる写真です。

計量みそマドラーをグルリ。

計量みそマドラーの大きい輪で、味噌を計量している写真です。大さじ2杯分の味噌が取れました。

大さじ2杯分の味噌がとれます。

みそこし

みそこし名人を鍋の縁に引っかけて味噌をこします。

鍋の中で味噌を溶いている写真です。鍋の縁に引っ掛けた味噌こし名人の中で、みそマドラーで計量した味噌を溶いています。

味噌を計量した「みそマドラー」を「みそこし名人」の中でクルクルかき混ぜるだけ。

ネギをちらして完成。

お椀に入ったシジミの味噌汁の写真です。具はシジミと豆腐で、ネギが散らされています。

しじみの味が良く出た、美味しい味噌汁ができました。

味噌汁作りに便利な道具を購入しました。「 計量みそマドラー」と「板前さんの みそこし名人」です。

 

「計量みそマドラー」は味噌を正確に計量できます。「みそこし名人」はしっかりとした作りで、鍋の縁に引っかけられて便利です。

 

一度使うと便利なので手放せなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください