海ぶどうは冷蔵庫で保管しないでください。「あつ森」でフータに教わりました。

海ぶどうの写真です。海ぶどうは、透き通ったエメラルドグリーンの粒がぶどうの房のように連なっています。

みなさんは海ぶどうをご存知ですか。

キャビアのようなプチプチした海藻です。

生のまま三杯酢などで頂きます。

任天堂の「あつまれどうぶつの森」にも登場しています。

ゲームの中で海ぶどうは「冷蔵庫での保管はおすすめできません」と解説されています。

海ぶどうを美味しく食べる秘訣なので、ぜひ覚えておいてください。

吉池

吉池は御徒町駅前にある総合スーパー。

御徒駅前にある吉池ビルの看板の写真です。壁一面に大きな看板がかかっています。大きな鯛の絵の下に「魚はやっぱり直営店の吉池で」と書かれています。

1階の鮮魚売り場は魚市場のような活気。

食材も豊富で、普通の魚屋さんで見かけない魚介が売られています。

7月の初めに吉池で海ぶどうを見つけました。

白い発泡スチロールの箱に入った海ぶどうの写真です。海ぶどうは、透き通ったエメラルドグリーンの粒がぶどうの房のように連なっています。箱の大きさは縦10cm、横15cm、高さ5cmです。

置かれていたのは鮮魚売り場中央にある冷蔵庫隣の台の上。

知らなかったので、帰宅後は冷蔵庫に入れてしまいました。

任天堂「あつまれどうぶつの森」

この日はわが家の海開きでした。

任天堂の「あつまれどうぶつの森」で、海に潜れるようになった最初の日。

早速、潜って海の幸をゲット。

ナマコ、ウニ、オイスター、ホタテ。

海ぶどうも入手しました。

ウミブドウ

つかまえた海の幸は島の博物館で館長のフータが受けとってくれます。

海ぶどうを渡すと、フータがウミブドウの解説をしてくれました。

海ぶどうの他に、その形状からグリーンキャビアとも呼ばれています。

海ぶどうの本名はクビレズタ(括れ蔦:くびれのあるツタ)。

沖縄や南西諸島の浅い砂底地に生息。

沖縄のイメージがあるので夏が旬だと思っていたら、旬は秋と春の2回。

海水温が高すぎても、低すぎても海ぶどうは萎んでしまいます。

現在は養殖がさかんなので、一年中食べられます。

特徴は口の中でプチプチ弾ける食感。

ほどよい塩味があり、海藻らしい風味を味わえます。

熱を通したり、塩抜きをす必要はありません。

海ぶどうの写真です。海ぶどうは、透き通ったエメラルドグリーンの粒がぶどうの房のように連なっています。

そのまま食べてください。

食物繊維とミネラルが豊富で、カロリーが少なめなので健康やダイエットにも最適です。

冷蔵庫での保管はおすすめできません

この後にフータが衝撃の発言。

「低温だと しぼんで プチプチしなくなるので 冷蔵庫での保管は おすすめできません」

急いで海ぶどうを冷蔵庫から取り出しました。

よく見ると箱にも「常温保管!(20℃~27℃)冷蔵庫には入れないでください!」と書かれています。

海ぶどうが入っていた白い発泡スチロールの箱写真です。「球美の生海ぶどう 常温保管!(20℃~27℃)冷蔵庫には入れないでください!」と注意が書かれています。

フータの解説を聞くまで気づきませんでした。

プチプチした食感がなくなってしまうので、冷蔵庫での保管は厳禁。

海ぶどうが萎んでしまうので、食べるときもタレに長く浸さないでください。

生のままでも室内の日陰に置いておけば、3~4日は常温で保存できます。

食べ方

さっと水で洗って、汚れや海水の塩気を落とす
氷水にサッとつけてパリッとさせる

タレや三杯酢でいただきます

叙々苑の「野菜サラダのたれ」をかけて食べました。

ドレッシングをかけた海ぶどうの写真です。箸で海ぶどうをつまんでいます。

キャビアのようプチプチ弾ける食感と海の風味が絶品。

ほどよい塩味があり、ヤミツキになりそう。

せっかくのプチプチ感がなくなるので、冷蔵庫では保管しないでください。

あつまれどうぶつの森

・無人島の博物館長フータが、ウミブドウの保存法を教えてくれました

・このゲームは生物や建物がとても精緻に描かれています

・フータの解説は詳しく、魚介類の勉強になりました

・魚や貝が好きな方は「あつ森」をチェックしてください

吉池で見つけた珍しい魚介を調理しています。

亀の手の写真です。柄を引き剥がすと、爪にピンク色の身がついています。この身を食べます。 やめられない♪ 止まらない♪ 「亀の手」は食べ始めたら止まりません。 ながらみの写真です。直径が2ー3cmの巻貝で、ヤドカリのような形をしています。表面はツルツルと滑らか鮮やか色をしています。 味はサザエ、食感はアワビ。「ながらみ」を食べたことがありますか? 御徒町、吉池 御徒町の吉池は「新潟の食のテーマパーク」です。 茹であがったタコの卵の写真です。タコの卵は根元で繋がっているので、花が咲いたように見えます。 「タコの卵」を初めて食べました。白子に似たクリーミーな味わいです。 ミネフジツボの卵巣の写真です。爪についていて、ウニのような黄金色をしています。チュッと吸う感じでしゃぶると、舌の先でトロッと溶ろけます。旨みは濃厚で、カニと上品なエビをあわせたような味わいです。 ミネフジツボを食べたことがあますか? 濃厚なカニと上品なエビをあわせた味わいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください