皮パリパリ「チキンソテー」、「あさイチ」のレシピでつくりました

切り分けた鶏もも肉を白い皿にもった写真です。もも肉は1cm幅に切り分けられています。もも肉の皮は薄い茶色でパリパリに焼けています。

近江友里恵アナの「あさイチ」で紹介された皮パリパリのチキンソテー、皮をパリパリに焼き上げるコツは5

パリパリに焼き上げるコツ
  • 筋を切り取る
  • 皮の脂を取りのぞく
  • 塩は肉の1%
  • アルミホイルでおおう
  • 鍋をのせる

ひと手間かけることで皮がパリパリ、肉汁たっぷりのチキンソテーができあがります。みなさんもぜひ試してください。

皮パリパリチキンソテー」

鶏もも肉を使用します。

パックに入った鶏もも肉の写真です。パックは薄いオレンジ色で、発泡スチレンで作られています。

パックに鶏肉から出たドリップがたまっています。この液の中には食中毒の原因になるカンピロバクター菌がいるので要注意です。

カンピロバクター菌の感染予防

裏返したポリ袋に手をいれ鶏肉をもちます。菌が手につかないようにしてください。カンピロバクター菌は75度以上の環境で1分以上加熱すると死滅します。

鶏肉の処理

筋を切り取る

鶏のもも肉の下の部分に筋が集まっています。

鶏もも肉の筋を包丁で切り取っている写真です。左手指で筋をひっぱりながら、右手に持った包丁で筋を切っています。

筋を包丁で切り取っておくと肉が柔らかくなります。

脂を取りのぞく

皮の裏側についている脂をとりのぞきます。

皮の裏側についた脂を包丁で取りのぞいている写真です。包丁の刃で脂をこすりとっています。

食感がよくなるだけでなく、ダイエットにも効果があります。

味つけは塩のみ

味付けは塩のみ

もも肉を入れたポリ袋に、肉の重量の1%の塩をくわえている写真です。

もも肉の重量の1%の塩で味付けます。ポリ袋にもも肉と塩を加えて軽くもみこんでください。袋の空気を抜いて15分間放置します。

鶏肉を焼く

皮を下にして焼く

皮を下にして焼きます。

鶏もも肉を皮側を下にして、黒いフライパンにおいた写真です。油はひいていません。

油をひかなくても、もも肉の脂できれいに焼き上がります。

アルミホイルでおおう

もも肉から出てくる水分で蒸し焼きにします。

鶏もも肉をおおったアルミホイルの写真です。端を折り曲げているのでフライパンとの間に隙間ができています。

アルミホイルの端を折り曲げてフライパンとの間に隙間を作ってください。余分な水分がにげて皮がパリパリになります。

鍋を重りにする

アルミホイルの上にをのせます。鍋の重みで皮はまっすぐに伸びてフライパンと密着

皮をパリパリに焼き上げるコツです。重さは1kgぐらいがベスト、鍋に水を入れて重さを調節します。

中火で12分

鍋を載せたまま中火12分

鶏もも肉を皮側を下にして黒いフライパンで焼いている写真です。肉がうっすらと白くなっています。油はひいていませんが、肉の周りに鶏自身の脂がしみでています。

焼いている間は肉をいじりません。

ひっくり返して1分

12分たったら鍋とアルミホイルをはずしてひっくり返します

鶏もも肉を皮側を上にして黒いフライパンで焼いている写真です。もも肉の皮はパリパリに焼けて薄い茶色になっています。

さらに中火1分加熱します。

3分おいて切る

焼き上がってもすぐに切らないこと

焼き上がった鶏もも肉を包丁で切っている写真です。もも肉の皮は薄い茶色で、パリパリに焼けています。冷めてから切ると肉汁が流れ出ません。

熱いうちに切ると美味しい肉汁が流れ出てしまいます。

お皿にもって完成

切り分けた鶏もも肉を白い皿にもった写真です。もも肉は1cm幅に切り分けられています。もも肉の皮は薄い茶色でパリパリに焼けています。

皮はパリパリ肉汁たっぷりチキンソテーが焼き上がりました

鶏ときのこの炊き込みご飯

きのこの炊き込みご飯にチキンソテーをトッピングしてみました。

きのこの炊き込みご飯に、二切れのチキンソテーをトッピングした写真です。芹も添えられています。炊き込みご飯とチキンソテーが薄茶色なので、芹の緑色が引き立っています。

一緒に炊き込むのも美味しいですが、別々に調理すると肉の焼き加減を自分で決められます。

お茶碗によそった「鶏ときのこの炊き込みご飯」の写真です。鶏肉は取り出して食べやすい大きさに切っておきます。鶏肉をきのこご飯にのせて完成です。鶏ときのこの炊き込みご飯!大原千鶴『京都人の密かな愉しみ』のレシピで作りました

どちらの作り方もオススメ。パリパリの皮とジューシーな肉の旨みを味わってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください