色は鮮やか、旨みも濃厚。自家製「生筋子の醤油漬け」。

生筋子の醤油漬けで作ったイクラ丼の写真です。

57歳でフリーターになった Un lapinです。

9月に上野の東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を観た帰りに、御徒町駅前の吉池ビルで夕ご飯を食べました。

吉池ビルの1階にある魚介売り場で生筋子を見つけたので、「生筋子の醤油漬け」を作りました。

新米に自家製の「生筋子の醤油漬け」を好きなだけ盛って、贅沢なイクラ丼を楽しみました。

生筋子の醤油漬け

秋鮭からとれる北海道産の生筋子は9月~11月が旬。この時期にしか手には入らないので見つけたら、ぜひ自家製の「醤油漬け」にトライしてください。

生筋子の写真です。たくさんのオレンジ色の卵が膜に包まれています。

卵をほぐす。

40度くらいのぬるま湯を用意します。ぬるま湯2Lに塩大さじ1杯を加えて、筋子を洗います。

生筋子を洗っている写真です。40度くらいのぬるま湯2Lに、塩大さじ1杯を加えて筋子を洗います。

ぬるま湯に浸した筋子は皮から剥がれやすくなります。塩を加えないと、卵から旨みが逃げ出してしまいます。

ボウルと魚焼きの網を使って、卵をほぐしました。

魚焼きの網を使って、卵をほぐしている写真です。生筋子の皮を上にして、網にこすりつけると卵が皮から剥がれます。

生筋子の皮をもって網にこすりつけると、卵がポロポロと落ちていきます。

力を入れても卵は潰れません。

生筋子についていたアニサキスの写真です。筋子の皮に白いアニサキスがついています。

寄生虫です。新鮮な筋子にはアニサキスが寄生しているので注意してください。

卵がほぐれたら、ぬるま湯をかえて薄皮や血合いを取り除きます。4~5回繰り返します。

薄皮がとれたら卵をやさしくかき混ぜて、薄皮を上澄みとともに流します。

卵からほすした生筋子の写真です。オレンジ色の卵がボールに貯まっています。

薄皮を残すと生臭く、食感も悪くなります。

水を切る。

タレを美味しくしみ込ませるために、水をしっかり切ります。

キッチンペーパーを敷いたザルに筋子を入れて水切りをしている写真です。

キッチンペーパーを敷いたザルに筋子を入れて水切りをします。

タレに漬ける。

生筋子を購入したら、「いくらの醤油漬けのたれ」がついてきました。

いくら醤油漬けのタレの写真です。生筋子を買ったらついてきました。

保存容器に生筋子を入れ、漬けダレを加えます。

保存容器に入れた生筋子にタレをかけている写真です。

一晩たった頃が食べ頃です。

イクラ丼を食べる。

冷蔵庫で一晩すごした生筋子です。

冷蔵庫で一晩保存した生筋子の写真です。生筋子が鮮やかなオレンジ色になっています。

鮮やかなオレンジ色のイクラが完成。

新米に「生筋子の醤油漬け」を盛ります。

ご飯に生筋子の醤油漬けを盛っている写真です。

自家製の「生筋子の醤油漬け」で作ったイクラ丼。

生筋子の醤油漬けで作ったイクラ丼の写真です。

プリプリとした食感。旨みも濃厚です。

イクラを好きなだけ食べられる幸せ。贅沢な朝ご飯を楽しみました。

御徒町の吉池で生筋子を見つけました。

 

北海道産の生筋子は9月~11月が旬です。この時期にしか手には入らない生筋子です。

 

一晩冷蔵庫で味をなじませた生筋子は色鮮やかで、旨みは濃厚。新米に自家製の「生筋子の醤油漬け」を盛ってイクラ丼を頂きました。

 

秋にだけ楽しめる、最高の朝ご飯です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください