冬が旬!「たらの白子の天ぷら」は、ほのかな甘みと口の中でとろける食感が絶妙です。

白子の天ぷらの写真です。6個の一口大の天ぷらが、白い皿に盛られています。

今回は「たらの白子の天ぷら」を紹介します。

先日、御徒町の吉池食堂で「真鱈の白子天ぷら」を食べました。

i以前、生臭い白子を食べてから敬遠していたのですが、吉池食堂の白子は臭みがありませんでした。

それどころか、ほのかな甘みと口の中でとろける食感が絶妙でした。

吉池食堂で「真鱈の白子天ぷら」を食べたときの記事です。

 

11月の吉池食堂の主役は真鱈の白子。濃厚でクリーミーな旨みを味わえます。

 

こちらの記事も、ぜひご覧になってください。

吉池ビルの1階にある鮮魚売り場で真鱈の白子を売っていました。早速、買って、天ぷらを揚げました。

初めて白子を調理しましたが、臭みもなく、美味しい天ぷらができました。

寒鱈の旬は1月~2月。白子が美味しいのもこの時期です。

今回は冬にしか味わえない「たらの白子の天ぷら」を紹介します。

たらの白子

プリプリ、ツヤツヤ。新鮮な真鱈の白子です。

生の白子の写真です。白くツヤツヤしています。白子は全体が一つにつながっています。

くさみはありません。

下処理をする

白子は全体がつながっています。

白子を水で洗い、血やぬめりを洗い流します。赤い筋は取り除きます。

一口の大きさに切り分けた生の白子を写真です。

水気をとった白子を、一口の大きさに切り分けます。

衣をつける

天ぷら粉を白子にまぶします。

一口の大きさに切った白子に天ぷら粉をまぶした写真です。

しわの間にも天ぷら粉をまぶしてください。

天ぷらの衣を作ります。

ボウルに入れた水に天ぷら粉を加えている写真です。

ボウルに水を入れ、天ぷら粉を入れて混ぜます。

水に加えた天ぷら粉を混ぜている写真です。

混ぜすぎないでください。粉が残っても大丈夫。

白子に天ぷらの衣をつけている写真です。

白子にしっかりと衣をつけて揚げます。

天ぷらを揚げる

油の温度は180度がベスト。

天ぷらを揚げる油の温度を測っている写真です。温度計は185.0度を示しています。

一度に揚げる白子の量はなるべく少なくしてください。

天ぷらの衣をつけた白子を揚げている写真です。

少しずつ白子を入れて、油の温度を下げないことが重要。

衣がカリッとなるまで揚げます。

完成した白子の天ぷらの写真です。一口大の天ぷらが6個、白い皿に盛られています。

白子の油を切り、お皿に盛って完成。

塩をつけて、揚げたてを頂きました。

サクッとした衣、ほのかな甘みと濃厚でクリーミーな味わい。

白子がとろけて口の中に旨みが広がります。日本酒にとてもよく合いました。

吉池

御徒町駅前にある食品店です。

地下は総合食品と酒類。鮮魚売り場は1階にあります。

普通のスーパーでは見かけない魚が丸ごと売られています。

貝類や魚卵も珍しいものが揃っています。

酒の肴を探しに寄ってみてください。きっと満足できるお店です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください