今年のインフルエンザワクチンは痛かったですか? 痛くない注射について調べてみました。

注射のイラストです。親指で注射の筒を押している様子が描かれています。

11月の初めにインフルエンザの予防接種を近所のクリニックで受けました。

「今年は注射が痛くありませんでした」

毎年、院長先生が注射をしてくれますが、今年は普段見かけない若い先生が注射をしました。

今年のワクチンは痛くないのか、それとも若い先生の注射が上手だったのか、調べてみました。

考えている人のイラストです。注射が痛くなかった原因を考えています。

結論は「院長先生の注射は痛い?」でした。

今回はインフルエンザワクチンと痛くない注射の話をします。

これからインフルエンザワクチンの注射を受ける方は、ぜひ参考にしてください。

インフルエンザワクチンの注射

例年12月~3月にインフルエンザは流行します。

インフルエンザにかかって、くしゃみをしている子供のイラストです。

ワクチンは注射後2週から効き始めるので、12月中旬までにワクチンの注射を終えることが勧められています。

注射の方法

インフルエンザワクチンは皮膚と筋肉の間に注射をします。この方法を皮下注射といいます。

腕に注射をしている写真です。

筋肉や血管への注射と比べて、皮下注射は薬がゆっくりと身体に吸収されます。

効果がでるのに時間はかかりますが、効き目が長続きします。安全性も高い注射方法です。

なぜ注射は痛いのか

痛みの原因は刺激です。刺激には機械的なものと化学的なものがあります。

注射が痛くて泣いているネコとネズミのイラストです。

機械的な刺激

針と薬液が機械的な刺激を引き起こします。

注射針

皮膚の表面には痛点という痛みを感じる部分があります。1平方センチメートルあたり100~200個ほどあり、ここに針が刺さると痛みを感じます。

注射針の写真です。細い注射針の先から薬液が出ています。

対策:細い針で注射をすると、痛点を避けやすくなるので痛みは軽くなります。

注射液

注射液を注入して腫れると、周りが圧迫されて痛くなります。

対策:薬液をゆっくり注入すると、痛みは軽くなります。

化学的な刺激

消毒用アルコール

消毒した部分がアルコールで濡れていると、針を刺した時にしみて痛みます。

対策:消毒アルコールが乾いてから注射をする。針を抜いた後は、アルコール綿ではなく、乾いたコットンで圧迫してください。

薬物の浸透圧とpH

血液と薬の濃度やpHの差が痛みの原因になります。濃度やpHの差が大きいほど痛みは強くなります。

打つ場所

筋肉注射の方が、皮下注射より痛みは軽いです。

日本ではインフルエンザワクチンは皮下に注射するので、筋肉注射は受けられません。

痛みを和らげる方法

つねる、叩く

注射の前に、針を刺す部位をつまんだり叩いたりすると、注射の痛みが弱くなると言われています。

リラックスする

心理的な効果で疼痛が緩和します。

今年のワクチンは痛いのか

インフルエンザワクチンは毎年「ワクチン株」が変わります。

薬液のアンプルと注射の写真です。

国内外のデータから流行するウイルスを予測して、「ワクチン株」は決められます。

ワクチン株の違いは痛みに影響しません。注射液の成分は毎年同じなので、年によってワクチンの痛みが変わることはありません。

今年の注射が痛くなかった理由

若い先生の注射は院長先生よりゆっくりだった

年によってワクチンの痛みは変わりません。したがって注射の痛さは、医者の技量で決まります。

今年の注射が痛くなかったのは、注射を打つ医者が変わったためでした。

私が感じた両先生の注射の違いはスピードでした。

院長先生は通常の診察の合間にインフルエンザワクチンを注射していました。若い先生はインフルエンザの注射だけをしていました。

院長先生は忙しいので、消毒も注射もあっという間に終わりました。

一方、若い先生は説明が丁寧で、注射の手技も全てがゆっくりでした。

説明をしている医者のイラストです。

結果として、アルコールが乾いてから針を刺し、薬もゆっくり注入されていました。

先生がニコニコしていたので、私がリラックできたのも良かったと思います。

痛くない注射のために、患者ができることはほとんどありません。針が刺さったら腕を動かさないようにするだけです。

評判の良い病院を探すか、年に1回のことと諦めて運を天に任せるかしかありません。

病院を変えるのは面倒なので、私は来年も同じクリニックで若い先生が来る日を狙って予約をするつもりです。

インフルエンザワクチンの注意

看護師さんに教えてもらったインフルエンザワクチンを受ける時の注意を最後にお伝えします。

注射を受ける時

しびれに注意

神経に注射の針が刺さると、神経が刺激されて痛みやしびれが指先に走ります。注射を受けた時に腕や指がしびれたら、すぐに医者か看護師へ伝えてください。

注射の後

揉まない

強く揉むと皮下出血したり、血管からワクチンが急速に吸収されて副反応が起こる危険が高くなります。

注射したところをこすらないでください、と説明している医者のイラストです。

安全のために、注射したところは揉まないでください。

激しい運動や大量の飲酒は控える

過激な運動や大量の飲酒で体調が悪くなることがあります。

禁酒のポスターです。酒ビンに赤色の線が引かれています。

注射を受けた日に運動や飲酒をして体調が悪くなった場合、それが予防接種のせいなのか分からなくなります。

このため、当日の運動と飲酒は控えめにするよう指導されました。

入浴はOK

体調に変化がなければ入浴は大丈夫です。

入浴は大丈夫、と合図している医者のイラストです。

注射したところを強くこすると赤くなったり腫れたりするので、タオルなどでこすらないようにしてください。

以上、インフルエンザワクチンと痛くない注射の話をしました。

12月~3月のインフルエンザの流行に間に合わせるには、12月中旬までにワクチンの注射を受けておく必要があります。

患者自身ができる痛みの対策はありませんが、インフルエンザにならない、また広めないためにもインフルエンザワクチンの注射はぜひ受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください