京都河原町四条の「芙蓉園」。シンプルなのに味わい深い「京都の中華」。

鶏肉入り玉子焼きの写真です。芙蓉園の名物です。漢字で鳳凰蛋と書き、「ほうおうたん」と読みます。鶏肉と玉ねぎが、とろみのついた半熟玉子でとじてあります。玉ねぎの甘みと鶏のスープが醸し出す味わいは絶妙でした。

京都で、京都の人たちが日常的に通う中華料理店で「京都の中華」を食べてきました。

感想は

あっさり系だが美味しい。

 

シンプルなのに味わい深い。

祇園の芸子さんも食べられるように「にんにく」を使わないそうです。

私が味わった「京都の中華」を紹介します。

芙蓉園

お店は広東料理の「芙蓉園」。

河原町四条の交差点から歩いて5分。

1955年(昭和30年)にオープンしたお店です。

芙蓉園の入口に掲げられた看板の写真です。赤い看板に白い字で芙蓉園と書かれています。

1階は3卓のテーブルと小さなカウンター。

芙蓉園の店内の様子です。3卓のテーブルとカウンターがあり、カウンターの奥が調理場になっています。

カウンターの奥の調理場で、ご主人が一品ずつ調理しています。

今回は4,000円のコースを予約しました。

前菜

ピータンとくらげの酢のもの

黒くプルプルしたピータン。

白身はゼリー状、黄身はトロトロ。

前菜のピータンとくらげの酢の物の写真です。ピータンは黒くプルプルしています。酢の物の具材はくらげときゅうりです。

ピータンの独特な匂いはありません。

くらげときゅうりの酢のものは、あっさり味でした。

シュウマイと焼き豚

どちらも自家製。

前菜のシュウマイと焼き豚の写真です。どちらも自家製です。焼き豚は京都豚でつくられています。

シュウマイは柔らかくてジューシー。

やき豚は「京都豚」。

フカヒレのスープ

卵とフカヒレのスープ。

フカヒレのスープの写真です。フカヒレと卵だけのスープです。

あっさりとした味つけ。

春巻き

春巻きは一口サイズにカットされて登場。

皮はパリパリ、具はシャキシャキ。

春巻きの写真です。一口サイズにカットされて出てきます。中には筍がぎっしり詰まっています。たけのこの他には、海老としいたけ、ねぎ、豚肉が具材に使われています。

筍がぎっしり詰まっているのが「京都の春巻き」。

具材は筍の他に海老としいたけ、ねぎ、豚肉。

上品な味付け、タレなしでも美味しかったです。

鳳凰蛋

「ほうおうたん」と読みます。

芙蓉園の名物、鶏肉入りの玉子焼きです。

鶏肉入り玉子焼きの写真です。芙蓉園の名物です。漢字で鳳凰蛋と書き、「ほうおうたん」と読みます。鶏肉と玉ねぎが、とろみのついた半熟玉子でとじてあります。玉ねぎの甘みと鶏のスープが醸し出す味わいは絶妙でした。

鶏肉と玉ねぎが、とろみのついた半熟玉子でとじてあります。

具材も味つけもシンプル。

玉ねぎの甘みと鶏のスープが醸し出す味わいが絶妙。

白いご飯にかけて食べたかったです。

中華サンドイッチ

中華パンに東坡肉をはさんで食べます。

中華サンドイッチに挟む東坡肉の写真です。3個の大きな豚肉の塊と青菜が皿に盛られています。

中華サンドイッチに使う中華パンの写真です。蒸籠のなかに中華パンが3個入っています。

中華パンはみっちり、もちもち。

中華サンドイッチの写真です。東坡肉を中華パンにはさんで食べます。

東坡肉の旨みをパンが引き立てます。

大海老と針金菜のXO醤炒め

どの具材も色が鮮やか。

大海老と針金菜のXO醤炒めの写真です。どの具材も色が鮮やかです。具材にはエビと筍、しいたけ、ネギが使われています。

エビはプリプリ、野菜はシャキシャキ。

とてもよい歯ごたえでした。

酢豚

大きな肉がゴロゴロ入っています。

酢豚の写真です。大きな肉がたくさん入っています。具材にはパイナップルと玉ねぎが使われています。

脂身が少ない豚のもも肉はジュワッとジューシー。

タレはあっさりした甘酢。

酸味の加減が絶妙で、肉の旨味を存分に味わいました。

中華風大学いも

ホコホコした大学いも。

カリッと揚げた芋にタップリの餡。

中華風大学いもの写真です。カリッと揚げた芋に餡がたっぷりかかっています。

さつまいもの甘みが生かされた大学いもです。

杏仁豆腐

とろりとした食感。

果物がたっぷり。

デザートの杏仁豆腐の写真です。白い杏仁豆腐にイチゴとキウイの色合いがきれいです。

優しい甘みです。

4,000円のコースでお腹いっぱいになりました。

どの料理も飽きのこない味つけ。

油は控えめで、香辛料もほとんど感じませんでした。

芙蓉園

・お店は夫婦二人で切り盛りしています。

・奥様が手を離せないと、ご主人が料理をテーブルに運んでいました。

・雰囲気はご近所にある町の中華料理屋さん、しかし味は絶品。

・「京都の中華」は噂どおりの美味しさでした。

京都のことを書いています。

モーニングプレートのフライドエッグセットの写真です。白いプレートに目玉焼きが2個と焼いたベーコン、サラダ、トーストが2切れがのっています。トーストはブルマンという、しっとりとしたソフトな角食パンです。 京都のパンは美味しい。朝食は「進々堂」三条河原店がオススメ! 京都吉田山の「カフェ真古館」。ケーキだけでなく内装や風景も楽しめます。 法然院の参道から眺めた山門の写真です。山門を額縁にして庭の木々が見えています。 法然院の枝垂れ桜の下に、谷崎潤一郎の墓はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください