神宮の緑の中で屋外ランチ、「森のビアガーデン」で美味しいビールとバーベキューを楽しみました。

ジンギスカンの写真です。生ラム肩ロースを野菜と一緒に焼いています。

神宮外苑の「森のビアガーデン」を紹介します。

豊かな木々の中でのビールとバーベキューは格別な美味しさです。

皆さんも快適な屋外ランチを楽しんでください。

神宮外苑

とても良い天気の日曜日。神宮外苑の銀杏並木の写真です。木は青々としています。遠くに絵画館が見えます。

銀座線の外苑前駅で降りて銀杏並木を散歩。車道は歩行者天国になっていました。

神宮外苑の噴水の写真です。噴水の奥に軟式野球場と絵画館が見えます。

いちょう並木の終点にある噴水の手前を右に曲がります。

森のビアガーデンの看板です。高さ2m、幅も2mほどの大きさです。

歩いて10分ほどで「森のビアガーデン」に到着。JR信濃町駅からだと5分ほどの距離です。

森のビアガーデン

「にこにこパーク」という児童遊園内に5月19日~9月29日まで開設されます。

1984年に営業を開始。今年で35年を迎えました。

土曜日と日曜日は12:00からの営業。平日は17:00開園。時期によって営業時間は変わります。予約も可能です。

森のビアガーデンの入り口の写真です。にこにこパークという児童遊園の一部を使用しています。

通りに面して入り口があります。

ニコニコパークにある滝の写真です。森のビアガーデンの入り口を入ると正面にあります。

ゲートをくぐると目の前には大きな滝。

森のビアガーデンの受付です。入り口を入り、木々の間の小路の奥にあります。左側が予約あり、右側が予約なしの客用の受付になっています。

木々に囲まれた小路を進みます。左側が予約客、右側がフリー客用の受付です。

メニューの看板の写真です。飲み・食べ放題とアラカルトコーナーのどちらかを選びます。

受付では「アラカルト」か「飲み・食べ放題」を選択します。

飲み・食べ放題は2時間で男性4,200円、女性3,900円。私たちはアラカルトを選択しました。

飲み・食べ放題のビールサーバーの写真です。お客さんが自分でサーバーからビールを注いでいます。

飲み・食べ放題のお客さんは自分でお酒をサーバーから注ぎます。

12:30頃の入場で待ち時間はありませんでした。混んでいるときは、LINEで順番を知らせてくれます。

蚊対策

屋外ランチで困るのは虫刺され。入り口に無料で使える虫除けスプレーとジェルが用意されています。

虫除けスプレーとジェルの写真です。入り口に備えられており、無料で使えます。

アラカルトコーナー

アラカルトコーナーには白いテーブルと椅子が並んでいます。各テーブルには日差しをさえぎるパラソルが備え付けられています。

アラカルトコーナーのテーブルに備えられたパラソルです。赤と白の色合いが鮮やかです。

スタッフの案内で指定された席へ、自分で席を選べません。

アラカルトコーナーには子供づれの家族が多くいました。

ニコニコパークという児童遊園の入り口の写真です。バーベキュー場を利用すると無料で遊べます。

土曜日と日曜日はビアガーデンを利用すれば、隣接する「にこにこパーク」へ無料で入れます。

飲み・食べ放題コーナーの写真です。屋根の下でバーベキューが出来るようになっています。

飲み・食べ放題のエリアには屋根付きのスペースがあります。こちらは若者のグループが中心。

アラカルトコナーのメニュー

肉はラムと豚、牛をえらべます。

美味しそうなサイドメニューもそろっています。

アラカルトコーナーのメニューの写真です。肉はラム、牛、豚が選べます。

テーブルにはタブレットが置いてあります。

各テーブルに置いてあるタブレットの写真です。タブレットから直接注文をします。

このタブレットで料理と飲み物を注文。スタッフを呼ぶ必要がないので気楽にバーベキューを楽しめました。

キリン一番搾り

ビールは「キリン一番搾り」の生とハーフ&ハーフ、フローズンと、「バドワイザー」、10種類のクラフトビールがそろっています。

グラスに注がれた生ビールの写真です。キリン一番搾りです。

「一番搾り」の中ジョッキを注文。泡がきめ細やかで、とても美しいビールでした。

苦みが少なく、スッキリとし喉ごしです。

ビールをサーバーから注いでいる様子です。ベテランの方が丁寧にビールを注いでいます。

スタッフはアルバイトの若者が中心。ビールはベテランの方がサーバーから丁寧に注いでいました。

とても美味しいビールです。

生ラム肩ロースプレートと野菜盛り合わせ

ジンギスカン鍋で肉と野菜を焼いている写真です。肉はラム肉です。ます。

臭みやクセのないラム肉。

ジンギスカン用のタレの写真です。白い容器に入っています。

タレにつけて頂きました。

屋外で自分で焼きながら食べるバーベキューは、楽しさと美味しさが格段に増します。

砂肝

砂肝の写真です。少しピリ辛でビールに良く合いました。

少しピリ辛の上品な味付け。コリコリとした歯ごたえで、ビールによく合いました。

ロシア風ガーデンサラダ

ロシア風サラダの写真です。トマトとアボガド、レタスに酸味のきいたドレッシングがかかっています。

酸味のきいたドレッシングがかかっています。ポテトに混ざったビーツの赤い色が鮮やか。

フライドポテト

フライドポテトの写真です。白い皿にフライドポテトが山盛りです。

カリッとして、軽い感じのフライドポテト。ケチャップをかけずに頂きました。

アボガドとトマトのサラダ

アボガドとトマトのサラダの写真です。白い皿に赤いトマトと緑のアボガドが盛られて、とても綺麗です。

白いお皿にトマトとアボガド、色鮮やかなサラダです。酸味のきいたさっぱりとした味でした。

どさんこ風 味付けラムと焼きうどん

チーズタッカルビとともに新しく加わったメニュー。

どさんこ風味付けラムの焼きうどんの材料の写真です。ラム肉と野菜、うどんが1枚のプレートに盛られています。

ラム肉と野菜、うどんが1枚のプレートに盛られています。

店員さんが調理方法を説明してくれました。

牛脂でジンギスカン鍋に油をひきます。

ジンギスカン鍋で調理。鍋のてっぺんから牛脂で油をひきます。

ラム肉を焼いている写真です。ジンギスカン鍋のてっぺんで肉を焼いています。

油がなじんだらラム肉を鍋の上の方で焼きます。

野菜を焼いている写真です。ジンギスカン鍋の周縁で野菜を焼きます。

野菜は鍋の縁で焼いてください。

うどんを調理している写真です。肉と野菜が焼けたらうどんを鍋に入れます。

ラム肉と野菜が焼けたら、うどんを加えます。

どさんこ風味付けラムの焼きうどんが完成した写真です。

ジンギスカンのタレを加えて味をととのえれば完成。

美味しかったです。量は二人分、うどんが焦げやすいので気をつけてください。

ブルックリンラガー

クラフトビールのブルックリンラガーを注文。

グラスに入った生ビールの写真です。ブルックリンラガーというクラフトビールを注文しました。

ホップがきいた苦みのあるビールです。バーベキューのラム肉に良く合いました。

デイドリーム

もう一杯、クラフトビールを注文。デイドリームという濃い色のビールです。

デイドリームというクラフトビールの写真です。

口当たりの優しいビールで、柑橘系の甘みを楽しめます。

キリンビールの系列なのでビールは豊富です。クラフトビールは10種類もありました。

クラフトビールの看板の写真です。10種類のビールがそろっています。

ビール以外のお酒やソフトドリンクも充実しています。

飲み物のメニューの写真です。ビール以外にも各種アルコール飲料やソフトドリンクがそろっています。

国立競技場

屋外ランチの後は神宮外苑を散歩しました。

神宮外苑絵画館の写真です。とても天気が良く、空には雲がありませんでした。

絵画館の前を通って、国立競技場の方へ。

新しい国立競技場は外観が分かるくらいまでできていました。

建設中の新国立競技場の写真です。広くて大きな競技場です。

大きいです。土地面積が約113,000平方メートル、高さは約50m。

日本青年館も新しい建物に変わっていました。他にもビルが建築中、この辺りは東京オリンピックへ向けて街並みが一新しています。

神宮球場

東京六大学野球の早慶戦が行われていました。

東京六大学野球早慶戦のチケットの写真です。

天気が良いので野球を観戦しました。

神宮球場で行われた早慶戦の写真です。慶應が攻撃中です。

応援風景が面白かったです。試合は早稲田の勝ち。

一日太陽の下にいたので日焼けました。

のんびりと過ごせた日曜日でした。

まとめ

神宮外苑は緑が豊かで、銀杏並木や野球場、ラグビー場などがあり、いろいろな楽しみ方ができます。

今回は「森のビアガーデン」でランチにバーベキューを食べました。屋外で食べるランチは格別な美味しさでした。

神宮外苑の「森のビアガーデン」は屋外ランチにおすすめです。皆さんも楽しんでください。

「屋外でのランチ」の記事です。

そよ風を感じながら日比谷公園でランチ、屋外で飲むビールは格別です。

お濠に面したレストランで屋外ランチ、水辺で都会の緑を楽しめます。

上野の森で屋外ランチ、国立博物館のテラスは木陰がさわやかです。

「伊勢うどん」と「地ビール」で屋外ランチ、伊勢のおかげ横丁は食べ歩きにおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください