調味料を加えなくても、美味しい。たなかれいこ「蓮根のはさみ揚げ」

180度の菜種油で揚げた蓮根のはさみ揚げの写真です。塩か辛子醤油で頂きます。

57歳でフリーターになった Un lapinです。帰宅時間が早くなったので夕食の一品を作っています。

料理はレシピ本で見つけます。おすすめの本は、土屋敦『このレシピがすごい!』(扶桑社、2015年)です。

料理研究家の土屋敦さんが、3,000冊の料理本の中からお勧めの料理と著者を紹介しています。

これまでに、この本から2つの料理を作ってみました。

栗原はるみ「たこの香味サラダ」

河田吉功「ほうれん草とにんにく」

どちらもレシピ通りに作ると、経験のない私でも美味しくできました。

今回は、たなかれいこさんの「蓮根のはさみ揚げ」。調味料を加えないシンプルな料理です。辛子醤油で頂くと、とても美味しくなります。

たなかれいこ「蓮根のはさみ揚げ」

たなかれいこ『自然の元気をいただきます』(文化出版局、1996年)で紹介された料理です。

材料

蓮根の写真です。直径10cm、長さ12cmの蓮根が白い皿の上に置かれています。

里芋の写真です。6個の里芋が白い皿にのせられています。

4人分
蓮根 1cmの厚さで8枚
里芋 400g
なたね油 
片栗粉 
塩 
溶きがらし

菜種油の写真です。創業明治35年の太田油脂の製品です。非遺伝子組み換え、圧縮一番搾りで作られています。

田中さんは、玉締め圧縮の伝統的な日本の菜種油を使用しています。

「この油と蓮根、里芋の相性がばつぐんなのだ」と土屋さんも絶賛しています。

食材の準備

里芋は蒸します。

蒸した里芋の皮をむいた写真です。

熱いうちに皮をむいて裏ごしします。

裏ごしした里芋の写真です。

輪切りにした蓮根の写真です。蓮根は皮をつけたまま、1cmの厚さに切ります。

蓮根は皮付きのまま、1cmの厚さに輪切りにします。蓮根の両面に片栗粉をはたいておきます。

蓮根に裏ごしした里芋を塗りつけている写真です。蓮根には片栗粉をはたいてあります。

蓮根に裏ごしした里芋をはさみます。

蓮根に里芋をはさみ、上下から押している写真です。蓮根の穴から里芋がはみ出てきています。

里芋の量は多めにして、蓮根の穴に入るぐらい強く蓮根を上下から押します。

蓮根からはみ出した里芋をバターナイフで削いでいる写真です。蓮根の穴の中にも里芋が詰まっています。

はみ出た里芋はバターナイフでそぎ落とします。

里芋を挟んだ蓮根の写真です。はみ出した里芋はバターナイフで削いであります。

180度に熱した菜種油で蓮根を揚げます。

油の中にさい箸を入れると、箸全体から細かい泡が勢いよくあがるのが適温です。

180度の菜種油で揚げた蓮根のはさみ揚げの写真です。塩か辛子醤油で頂きます。

じっくりと色がつくまで揚げます。塩か辛子醤油で頂きます。

ポイント

レシピ通りに作ってください。余計なものを加えず、蓮根と里芋の素材だけで仕上げます。

油は玉締め圧縮の菜種油を使います。土屋さんの経験では、オリーブオイルや太白胡麻油、胡麻油では駄目だそうです。

辛子醤油で食べます。塩も美味しいですが、辛子のピリッとした感じが、あっさりとした素材に合います。

土屋さんは「蓮根のはさみ揚げ」を次のように評しています。

もし、この本で取り上げたレシピの中でたったひとつだけ作るならば、私はためらわずこの「蓮根のはさみ揚げ」を勧める。それほどすごいレシピなのだ。

土屋敦『このレシピがすごい!』(扶桑社、2015年)p28より引用

ぜひ皆さんも味わってください。おすすめです。

「料理」の記事です。

どんな野菜でも、美味しい。栗原はるみ「たこの香味サラダ」

甘い枝豆が食べられます。ステンレス多層構造鍋で「焼き枝豆」を作りました。

ほうれん草は根もとが甘い。河田吉功シェフの「ほうれんそうとにんにく」

丸元淑生さんが教えてくれたステンレス多層構造鍋、野菜本来の旨味と風味を味わえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください