JR東海エクスプレス予約(EX予約)は自宅で払戻せます。台風19号のためキャンセル料はかかりませんでした。

東海道新幹線の写真です。 N700系です。カモノハシに似ていると言われています。

JR東海のエクスプレス予約(EX予約)の払い戻し方法を紹介します。

10月13日に東京から神戸への日帰りの出張を予定していました。

台風19号のためEX予約をキャンセル。

手続きは自宅からインターネットで完了します。

台風のため払い戻し手数料もかかりませんでした。

JR東日本 EX (エクスプレス)予約

乗車前日の10月12日午後にEX予約をインターネットでキャンセルしました。

JR東海エクスプレス予約(EX予約)のホームページ

ホームページからログイン画面へ。

会員IDとパスワードを入力。

メニュー画面が開きます。

往復のきっぷを購入したので、予約件数が2件と表示されています。

画面上段に「重要なお知らせ」。

旅行を中止する場合の取り扱い方法が記載されています。

記載内容

 

● 10月12日(土)の東京駅~岡山駅間の終日運転は取りやめ

● 旅行を中止する場合の取り扱い方法

● 「EXアプリ」利用者へのお知らせ

このお知らせが表示されている間は、手数料は無料、列車発車時刻を過ぎた場合も予約の変更・払戻ができます。

メニューページの「予約確認/変更/払戻」をクリックすると、「予約払戻」のページへ。

トップ画面に「この操作には、ただいま払戻手数料はかかりません」との表示。

「OK 確認画面へ」をクリック。

まだ払戻は完了していません。

「OK 払戻する」をクリックして、往路の手続きは完了。

引き続き復路の手続きへ。

予約件数が1件に減っています。

「払戻」をクリック。

復路の払戻が完了。

予約件数が0件になりました。

JR東海のEX予約の払い戻し方法を紹介しました。

台風のため外出できませんでしたが、自宅からインターネットで手続きは完了。

通常のきっぷを購入した場合は、駅や旅行センターへ行かなければなりません。

EX予約なら自宅から簡単にキャンセルできるので、ギリギリまで払戻手続きを伸ばせました。

JR東海のEX予約には3つのメリットがあります。

台風のために払戻手続きをして、自宅からインターネットでキャンセルできるのも大きなメリットだと実感しました。

「JR東海エクスプレス予約(EX予約)」の記事です。ぜひご覧になってください。

EX予約のきっぷを東京駅で受け取りました。クレジットカードとパスワードは忘れないでください。

京都へ行くならJR東海のエクスプレス予約がおすすめ。スマホで新幹線の座席を割引値段で予約できます。

チケットが不要なJR東海のエクスプレス予約。2名以上の利用では「きっぷ」が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください