京都へ行くならJR東海「エクスプレス予約」がオススメ。スマホで新幹線を割引予約できます。

新幹線0系電車を正面から撮影した写真です。1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業から使用された初代の新幹線電車です。丸みを帯びた先頭形状と、青と白に塗り分けられた流線形の外観が特徴です。

JR東海のエクスプレス予約(EX予約)を利用して、東京から京都までの新幹線きっぷを購入しました。

ポイントは3つ。

・ネットで予約が可能

・値段が安い
・チケットが不要

駅に行かずにパソコンやスマホから新幹線の座席指定を予約できます。

価格も通常料金より安く、当日はICカードで改札をタッチするだけ。

参考 EXアプリJR東海エクスプレス予約サービス

EXアプリを紹介するJR東海のウェブページの写真です。このページからアプリをダウンロード出来ます。

とても便利なJR東海「エクスプレス予約」を紹介します。

エクスプレス予約

入会手続き

EX予約を利用する前に入会手続きが必要です。

2つの方法があります。

・ JR東海のエクスプレス・カードに入会

 

・ 持っているクレジットカードを利用

どちらも切符の値段は同じです。

エクスプレス会員

JR東海エクスプレス・カードに入会します。

JR東海エクスプレス・カードの入会申込みをするウェブページの写真です。

EX予約のホームページから入会を申し込む。

EX-ICカードの写真です。白い背景に青い矢印が描かれています。このカードを新幹線改札機にタッチすると「EXご利用票」が発券されるので、これを受け取って入場します。

手続きが完了すると、EX-ICカードが送られてきます。

プラスEX会員

持っているクレジットカードにEX予約サービス機能をプラスします。

プラスEX会員の入会する前に、クレジット会社でエクスプレス予約の入会を申し込むウエブページの写真です。利用可能なクレジット会社の一覧を確認できます。

入会前にクレジットカード会社でエクスプレス予約の入会を申し込む。

使えないクレジットカードがあるので、自分のクレジットカードが大丈夫かサイトで確認してください。

持っているクレジットカードがEX予約サービスに使えるか診断できるウエブページの写真です。

ご利用可能なクレジットカード会社一覧

使えることを確認したら、ホームページから申し込みます。

会員になると「プラスEXカード」が送られてきます。

こちらのサービスではモバイルSuicaをインストールしたスマホで乗車可能です。

会員登録

エクスプレス会員、EXプラス会員ともに、カードが届いたらホームページで会員登録をします。

会員登録をするウエブページの写真です。登録が完了すると会員IDが発行されて、エクスプレス予約ができるようになります。

完了すれば、新幹線を予約できます。

EX-ICカードとプラスEXカードの違い

基本的には同じサービスを受けられますが、初年度の年会費が違います。

・EX-ICカード:1,080円(税込)

・プラスEXカード:初年度540円 (税込)、2年目以降1,080円 (税込)

プラスEXカードは新たにカードをつくる必要がなく、初年度の年会費が安いので少しだけお得。

EX-ICカードはグリーンプログラムを受けられます。

貯まったポイントでグリーン車へグレードアップできるサービス。

プラスEXカードはグリーンプログラムを受けられません。

基本サービス

・ 東海道新幹線と山陽新幹線(東京駅から博多駅間)の指定席をネットで予約

・ 通常より安い料金

・ 新幹線の切符が発売される乗車日の1カ月前のさらに7日前から事前申し込みが可能

・ 予約状況を確認しながら座席を指定

・ 列車や座席は、手数料無料で何回でも予約変更が可能

・ キャンセル料は常に310円

・ 会員が一人で使用する場合は、ICカードを自動改札機にタッチするだけで乗車が可能

・ 2名以上で利用する場合は、指定席券売機等で「きっぷ」の事前受け取りが必要

EX予約

発車4分前までネットで予約できます。

年末年始やゴールデンウィーク期間も料金は値引き。

例えば東京から京都は片道料金が1,080円安くなり、13,910円が12,830円になります。

片道601km以上なら、往復割引が適用。

東京からは西明石より遠くへ旅行するときに使えます。

お得なプラン

EX早特

・ 対象は「のぞみ」普通車指定席かグリーン車
・ 3日前までに予約するとEX予約よりさらに値引き
・ 土休日はさらに安い

・ こども用の設定がある
・ 発売されていない区間がある
・ 繁忙時期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)は除外

EXファミリー早特

・ 2から6人で使用可能
・ 3日前までに予約
・ 家族でなくても良い

EX早特21

・ 対象は乗車駅を6:00~6:59、11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」の普通車指定席
・ 乗車日の21日前までの予約で値段がさらに安くなる
・ 年末年始やゴールデンウイーク、お盆は除外
・ 発売されていない区間がある
・ こども用の設定はない

在来線を利用する場合の注意

エクスプレス予約は東海道・山陽新幹線専用のサービス。

新幹線乗車駅(降車駅から)まで在来線を利用する場合は、在来線の運賃が別途必要です。

新幹線乗り換え改札機では、紙のきっぷや磁気定期券を投入した後にICカードをタッチすれば改札を通過できます。

スマートEX

JR東海には年会費無料の「スマートEX」という新幹線ネット予約サービスがあります。

・ すでに持っているクレジットカードと交通系ICカードを登録
・ クレジットカードで決済
・ 年会費が不要
・ 割引は200円
・ 交通系ICカードで改札を通過

「スマートEX」は年会費が無料。

手持ちの交通系ICカードが使えるので、ネットで登録すればすぐに利用できます。

割引額は「エクスプレス予約」の方が優れています。

エクスプレス予約なら東京から新大阪の普通車指定席の片道料金は14,450円。

EX予約は13,370円なので1,080円お得。

1回の往復で年会費は回収できます。

さらにEX早得21なら、料金は11,000円なので3,450円の割引。

年に1回でも東海道新幹線を使う方にはEX予約がオススメです。

JR東海エクスプレス予約(EX予約)の記事です。興味のある方はご覧になってください。

東京駅に設置されているJR東海のEX予約のきっぷ受け取り専用機の看板の写真です。青色で新幹線の絵が描かれ、その横にきっぷ受取専用と黒い字が書かれています。 チケットが不要なJR東海「エクスプレス予約」。2名以上の利用には「きっぷ」が必要です。 東海道新幹線の写真です。 N700系です。カモノハシに似ていると言われています。 EX予約のきっぷを東京駅で受け取りました。クレジットカードとパスワードは忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください