手続きは簡単!新型コロナウイルスのためオンライン診療を受けました。

医師がホワイトボードを前にオンライン診療の説明をしているイラストです。ホワイトボードには赤い文字で「オンライン診療 vs. COVID-19」と書かれています。

新型コロナウイルスの院内感染を予防するためにオンライン診療を受けました。

スマートフォンで医師と会話をして診察ができます。

病院へ行かないので、オンライン診療なら新型コロナウイルスに感染する危険はゼロです。

以前からオンライン診療はありましたが、2020年4月から診療を受けやすくなりました。

今回はスマホアプリのインストールから診察、薬の受け取りまで、私の治療体験を紹介します。

私の場合は「かかりつけ医」での再診でしたが、初診でも役立つ情報です。

新型コロナウイルスの院内感染を防ぐためにオンライン診療を受ける参考にしてください。

こちらで診察を受けやすくなったオンライン診療の説明をしています。

オンライン診療を受けました。おすすめは、かかりつけ医での慢性疾患の治療です。

オンライン診療

オンライン診療のメリット

● 院内での感染リスクがない

● どこからでも診療が可能

● 完全予約、待ち時間ゼロ

以前のオンライン診療

以前は「禁煙外来」以外の病気は、最初に病院で直接診察を受ける必要がありました。

2020年4月13日からは医師の判断で、病気にかかわらず初診から診断や処方を受けられるようになりました。

予約手続き

オンライン診療の確認

厚生労働省のホームページでオンライン診療の「対応医療機関リスト」を閲覧できます。

私はクリニックへ電話して確認しました。

オンライン診療を受けるためには指定されたスマホアプリが必要です。

かかりつけのクリニックで使用しているサービスはcuron(クロン)

スマホでアプリをインストールして登録開始。

登録から予約まで

curonのホームページからスマホにアプリをインストール。

curon(クロン)というオンライン診療のサービス会社のホームページの写真です。Google PlayとApp Storeのスマホアプリのインストール先が表示されています。中央に白い文字で「スマホが、あなたの診察室になる」と書かれています。

 

アプリを使って次の手続きをします。

● アカウントの作成
● 個人情報の入力

● クリニックで本人確認

● 診察予約
● 問診に回答

手続き自体は10分ぐらいで終了。

クリニックが本人確認をしてくれないと予約はできません。

スマホアプリに個人情報を入力した後に、スマートフォンの画面に現れるチャットの写真です。クリニックでご本人確認を行います。数日かかる場合もありますので、しばらくお待ち下さい。確認が完了したらアプリ内でお知らせします、と書かれています。

 

アプリの画面にも「数日かかる場合もありますので、しばらくお待ちください」との表示。

私の場合はクリニックへ電話をした直後に手続きをしたので、クリニック側がすぐに対応してくれました。

医療機関に登録しても、気づいてもらえないと診察を受けるのに時間がかかるので注意してください。

診療

予約時間の5分前からスマホをもって待機。

背景

子供の机で診察を受けました。

オンライン授業を受けているので、わが家では背景が最も片付いている場所です。

連絡

予約時間にクリニックから着信。

クリニックから届いたビデオ通話の着信画面の写真です。画面中央には医師の顔写真、その下には医師の氏名とクリニックの名称が書かれています。左下には赤い文字で拒否、右下には緑色の文字で応答と書かれたボタンが配置されています。

 

画面

スマホの画面中央にクリニックの先生。

右下に自分の画像。

オンライン診療中のスマホの画面の写真です。画面の上部にクリニックと医師の名前、中央に医師の顔、右下に患者の顔が映っています。

画像は少し暗め。

明るいところで診察を受けないと、顔の表情がよくわかりません。

スマホの固定

スマホを手で持っていたら、画面から顔がたびたび外れていました。

顔も下からのぞく形になるので、少し間のぬけた表情に映ります。

スマホは手で持たずに固定した方がよさそうです。

会話

音質はよいので会話に問題はありません。

血圧は事前の問診で自己測定値を申告。

聴診や検査はありませんが、診察はいつもどおりに終了しました。

くすり

最後に近所の薬局の連絡先を伝えてビデオはオフ。

クリニックから薬局へ処方せんをFAXで送信してくれます。

自宅に処方せんが届いたら、処方せんをもって薬局へ行くよう指示されました。

診察後

サービス会社からメール

診察が終わると、curonからメールが2通届きました。

「お支払いの確認が取れました」

1通めは支払いの確認。

診療明細と処方内容、決算額が記載されています。

合計で834円。

「お薬の準備が出来ました」

2通めは処方せんの発送について。

「クリニックにて発送の準備ができました。3営業日以内を目安にお届けします」と書かれています。

薬局から電話

メールが届いた直後に、薬局から電話がかかってきました。

● 処方せんのFAXが届いたので薬局で薬を準備しておきます。

● クリニックから処方せんが届いたら受け取りにきてください。

くすりの受け取り

2日後に処方せんが自宅に届きました。

薬局へ行くと、薬はすでに準備されていました。

待たずにくすりを受け取れました。

新型コロナウイルスの院内感染を予防するために受けたオンライン診療を紹介しました。

 

手続きはとても簡単です。

 

主治医と世間話をできないのが少し残念ですが、私はオンライン診療に何も問題は感じませんでした。

 

● どこからでも診療が可能
● 完全予約で待ち時間がゼロ

 

感染予防だけでなく、時間を有効に使えるのがオンライン診療の魅力です。

 

かかりつけ医があり、先生が自分の体のことを知っているのであればオンライン診療は試す価値があります。

 

ぜひ検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください