退職金の運用、安い手数料と、NISAとiDeCoの利用がお得です。

退職金が、振り込まれた!

57歳で会社を辞めてフリーターをしている Un lapinです。

退職の手続きや、転職後の話をしています。転職を考えている方は参考にしてください。

前回の記事では健康保険の説明をしました。

退職後の報酬月額が28万円以上なら、健康保険は任意継続がお得です。

手続きは全部、自分でしなければなりません。何でも自分でする、これがフリーターの基本です。今回は退職金の話をします。

生命保険会社から振込がありました

退職した翌月に、生命保険会社から大金が振り込まれました。

退職金!です。

会社と大手生命保険会社から半々の割合で振り込まれました。明細書には、確定給付企業年金、脱退一時金と書かれていました。

税金の話

退職金は金額が大きいので、給料と単純に合計するとたくさんの税金を払わなければなりません。このため、税金に優遇処置があります。

退職所得は他の所得と分けて税金を計算します。

退職所得 =(退職金-退職所得控除額)× 1/2

退職所得の控除額

勤続20年までは1年につき40万円、20年を超えると1年70万円に増えます。

勤続20年以下の人
40万円 × 勤続年数

勤続20年超の人
800万円(40万円 × 20年)+ 70万円 ×(勤続年数-20年)

退職所得の受給に関する申告書

退職金を受け取る時に「退職所得の受給に関する申告書」を提出していれば、会社が手続きをしてくれます。

提出していない場合は、退職金に対して所得税と復興特別所得税が徴収されるので、確定申告で払い過ぎた税金を取り戻しましょう。

退職金、何に使いますか?

皆さんは退職金の使い方を決めていますか。わが家は家内と話し合い、全額を投資で運用することにしました。

サラリーマン時代の投資経験はゼロでした。インターネットで経済評論家の山崎元さんを知りました。山崎元さんの投資に関する話は簡潔で、私には素直に理解できました。

『信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識』(山崎元、講談社現代新書)
『全面改訂 超簡単 お金の運用術』(山崎元、朝日新書)

山崎元さんは楽天証券経済研究所の客員研究員を務めています。東京大学を卒業した後に12回も転職をしています。退職を決めた後でしたが、次の本は転職を決めた後の不安な気持ちが明るくしてくれました。

『一生、同じ会社で働きますか』(山崎元、文響社)

年金の髙橋洋一さんと投資の山崎元さんのお二人は、転職を考えているサラリーマンの気持ちをポジティブにしてくれます。お二人の本はおすすめです。

退職金の運用方針

退職金の運用方針を決めました。

● 安い手数料
● 非課税枠の利用
● 個人向け国債
● インデックス・ファンド

山崎元さんと髙橋洋一さんの考えを参考にして、手数料と非課税枠を重視した運用方針を決めました。

税金が安くなる税制の恩典

山崎元さんと髙橋洋一さんの本で、少額投資非課税制度(NISA)個人型確定拠出年金(iDeCo)を知りました。

NISAは2014年に始まった個人投資家向けの税制優遇制度です。毎年120万円の非課税投資枠の中で5年間は、購入した株式や投資信託から受け取った配当金や、売却して得られた利益に税金がかかりません。

iDeCoは国民年金基金と同じく公的年金の2階建て部分に相当します。国民年金基金は給付される金額が決まっていますが、iDeCoは運用成績によって給付額が変わります。

iDeCoも運用益は非課税です。さらにiDeCoには税制の恩典があり、掛金全額が所得から控除されます。確実に税金が安くなる仕組みを使わないのはもったいないので、私はiDeCoとNISAを限度額まで使うことにしました。

 まとめ

退職金が振り込まれました。退職金は投資で運用します。

運用のポイントは次の3つです。

● 安い手数料
● 非課税枠の利用
● iDeCoとNISAで運用

投資の勉強を通して自分の世界が広がりました。次回は退職金の運用方法を具体的に説明します。

退職金の運用、安い手数料と、NISAとiDeCoの利用がお得です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください