退職金の運用、ネット証券で国債とインデックスファンドを購入。

インデックスファンドで退職金を運用

57歳で会社を辞めてフリーターになった Un lapinです。

退職の手続きや、転職後の話をしています。

前回は振り込まれた退職金の運用について話をしました。

退職金の運用、安い手数料と、NISAとiDeCoの利用がお得です。

手数料と非課税枠に重点をおいて退職金の運用を始めました。

投資の基本方針

ポイントは4つです。山崎元さんと髙橋洋一さんの本を参考にしました。

● 手数料にこだわる
● 非課税枠を利用する
● 分散する
● 銀行や証券会社とは、顔を見ないでつき合う

退職金をリスク資産と無リスク資産に分けました。値下がりの心配をしたくないお金が無リスク資産、残りがリスク資産です。

『全面改訂 超簡単 お金の運用術』(山崎元、朝日新書)
『「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識』(髙橋洋一、講談社現代新書)

無リスク資産は個人向け国債で運用

退職金の半額で変動金利10年型個人向け国債(第95回)を購入しました。個人向け国債には満期が3年、5年、10年の3種類があります。利回りは0.06%と低いですが、次の長所がある満期10年を選びました。

変動金利10年型個人国債の長所

● 銀行預金より安全
● 長期金利の上昇に連動
● 利払い2回分のペナルティで元本を償還

リスク資産は内外株式で運用

「超簡単お金の運用法」でのおすすめは、国内株50%、外国株50%でした。日本株と外国株のリスクと期待リターンをほぼ同じと想定してリスク資産の最適化を行うと、両者半々になるそうです。

この話は私には理解できませんでしたが、世界の株式市場で日本株の比率は10%程度なので外国株式も必要であると判断して購入を決めました。

株式の投資方法には個別株と投資信託(ファンド)があります。個別株は選ぶのが難しく、分散投資ができないので投資信託を選びました。

投資信託の運用はアクティブとインデックスに分かれます。アクティブ運用はファンドマネージャーが銘柄や売買時期を判断して運用し、インデックス運用はTOPIX(東証株価指数)や日経平均のような「株価指数」と同じ収益率を目指します。

アクティブ運用は手数料が高くなりますが、インデックス運用より儲かるわけではありません。

インデックス運用の長所

● 安い手数料
● 平均的な運用成績

インデックスファンドの間には基本的に差はないので、手数料を基準にして次のファンドを選びました。

● 日本株式はTOPIX連動型のMAXISトピックス上場投信
● 外国株式はニッセイ 外国株式インデックスファンド

証券会社に口座を開設

銀行や証券会社との付き合い方

● 銀行員を信じるような人になってはいけない。
● 近年の銀行は、対面営業の証券会社と変わらないくらい強引な販売を躊躇しない。
● 決して銀行と縁を切れと言いたいわけではない。しかし、銀行員のお世話になってはいけないと強く申し上げたい。

顧客の資金移動のデータを与信判断に使うのはいいとしても、マーケティングに使っていいのだろうかという疑問は今も消えない。

『信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識』( 山崎元、講談社現代新書) からの抜粋です。

ネット証券に口座を開設しました。選んだ理由は次の2つです。

● 手数料が安い
● セールスマンと直接相対しない

対面型の証券会社と比べて、ネット証券は手数料が安くすみます。最近は銀行の窓口で金融商品の勧誘を受けますが、証券会社のセールスはもっと手強そうなので証券マンと接することがないネット証券にしました。

ネット証券の大手3社を比較しました。

● SBI証券
● 楽天証券
● マネックス証券

購入を予定していたETFと投資信託の取扱に証券会社間の差はありませんでした。

証券会社はマネックス証券を選びました。
決め手は、松本大CEOです。

「松本大のつぶやき」というブログがあります。投資や相場、日常生活での感想を松本大CEOがつぶやいています。

私には難しい内容の記事もありますが、このブログを読んでマネックス証券に信頼感をもちました。

アド街ック天国のアシスタントを務めていた、私がフアンである大江麻理子さんが奥様であることもポイントでした。

入金手数料0円

マネックス証券のホームページからペーパーレスで口座を開設しました。年金や健康保険の手続と比べると、拍子抜けするほど簡単でした。

パスワードは1Passwordというパスワード管理アプリで作りました。複雑なパスワードも自動で作ってくれます。月額2.99ドルを課金されますが、おすすめです。使っていない方は、無料版を試してみてください。

マネックス証券から開設通知書が届き、口座を使い始めました。最も感心したのは、私のメインバンクからマネックス証券へ手数料0円で即時入金できたことです。

マネックス証券の即時入金サービスの使用方法を説明する画像です。インターネットから無料で主要銀行へ入金できます。

即時入金サービス(マネックス証券)より引用

手続きは簡単です。ログインして、商品・サービスから即時入金サービスを選ぶと、銀行から即時入金されます。早速、退職金をマネックス証券へ移しました。

投資を実行

2018年2月5日に国債と内外株式のインデックスファンドを購入しました。内外ともに株価が高騰していたので、高値づかみにならないかと心配でしたが、「自分の買値にこだわるな」という山崎さんの言葉を思い出して運用方針を貫徹しました。

非課税枠を最大限利用するため、マネックス証券にiDeCoとNISAの口座を開設しました。

iDeCoは国民年金基金と併用できますが、掛金は両制度をあわせて1年に81万6,000円の上限があります。国民年金基金に加入していたので、iDeCoは株式の運用に使えませんでした。

NISA枠は限度額まで使用し、残りのお金を特定口座で運用し始めました。

● 変動金利10年型個人向け国債 500,000円
● MAXISトピックス上場投信 250,000円(基準価格1,778円)
● ニッセイ 外国株式インデックスファンド 250,000円(基準価格15,418円)

実際の購入額と違いますが、100万円を投資したことにして運用成績を報告していきます。

まとめ

ネット証券に口座を開き、個人向け国債とインデックスファンドで退職金の運用を始めました。

運用方針は

● 手数料にこだわる
● 非課税枠を利用する
● 銀行や証券会社とは、顔を見ないでつき合う

購入した投資商品は、次の3つ

● 変動金利10年型個人向け国債
● MAXISトピックス上場投信
● ニッセイ 外国株式インデックスファンド

運用成績はこらから定期的に報告していきます。57歳になっても知らないことが沢山あります。

次回は、初心者の私がブログを始めるまでの体験を述べます。

57歳の初心者でも簡単、はてなブログを15分で始める方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください