会社を円満に辞めたい方へ、ご存じですか? 退職の作法。

退職の作法

57歳で会社を退職してフリーターになった Un lapinです。退職の手続きや、転職後の話をしています。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

今回は退職までに家族と会社との付き合い方を、私の経験をもとにお伝えします。

退職の作法

ポイントは4つです。

● 家族の理解
● 転職先の確保
● 円満な退職
● 年金と健康保険の勉強

家族の理解

結婚している方は、奥様と話し合ってから退職の手続を始めましょう。転職を成功させるためには、家族の理解と協力が必要です。

私が転職を考え始めたのは55歳です。仕事に対する考えや転職するための条件などを、家内と話し合ってきました。

新しい会社は以前から仕事の付き合いがあり、家内もよく知っていました。家内は転職に賛成してくれ、年金事務所の場所を調べたり、必要書類を区役所で確認したりして積極的に転職の手伝いをしてくれました。

転職先の確保

会社へ退職を告げる前に、転職先を確保しておきましょう。次の仕事が決まっていると、精神面だけでなく実務面でも有利です。

私は退職を申し出た時点で新しい会社と兄の会社で仕事をすることが決まっていました。このような状態で上司と交渉をした結果、前の会社の仕事を一部引き受けることになりました。

転職後の仕事が決まっていたので余裕をもって会社と交渉できたことが、仕事を委託された理由の一つだと思います。

円満な退職

中高年の方は、会社を円満に退職してください。新しいスキルは身につかないので、経験と人脈を生かして働かなければなりません。そのためには前の会社と良好な関係を保つ必要があります。

前の会社の就業規則では、退職届の提出期限は退職1カ月前でした。仕事を円滑に引き継ぐため、私は3カ月前に直属の上司へ退職の意思を伝えました。引き留めはありましたが何度か話し合った結果、円満に退職できました。

人事課へ退職を伝えた後は、極めて事務的に手続きは進みます。私には人生の一大事でしたが、あっさりとした対応のおかげで会社への未練はなくなりました。

退社届と退社願

皆さんは、退職届と退職願の違いをご存じですか。私は全く知りませんでした。

退社届は、会社へ提出した時点で退社が決定します。一方、退社願は会社へ退社を申し出る書類なので、会社が了承するまでは退社になりません。了承前なら撤回も可能です。

私の場合は人事課へ連絡した翌日に退社願が机の上に置かれていました。必要事項を書いて提出すると、その日のうちに「退社手続きの説明」という書類を手渡されました。

年金と健康保険、退職金のことが書かれていました。サラリーマン時代は全て会社任せだった年金と健康保険。急いで勉強を始めました。

まとめ

退職に大切な4つのポイント

● 家族の理解
● 転職先の確保
● 円満な退職
● 年金と健康保険の勉強

家族の理解のもと、円満に退職して転職を成功させましょう。

次回は、フリーターが加入する年金の話をします。

保険料の未納は損をします、フリーターが知っておくべき年金の話。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください