WordPressの初期設定、パーマリンクとプラグインを最初に設定します。

ブログ執筆のポイント

57歳で会社を退職してフリーターをしている Un lapinです。退職の手続きや、転職後の話を記録するためにブログを始めました。

はてなブログで表示される広告の表示をなくすためにWordPressを始めました。前回はサーバー契約とドメイン取得、 WordPressのインストールを行いました。
初心者におすすめ、wpXクラウドでWordPressを簡単に始める方法。

インストールしたばかりのWordPressはセキュリティ面で多少の問題があります。今回は WordPressを安全、快適に運用するために必要な初期設定とプラグインについて説明します。

WordPressの初期設定

ニックネーム

WordPressをインストールした状態ではニックネームが設定されていません。自分でニックネームを設定しないと、ユーザー名がニックネームとしてブログに表示されたままです。

WordPress、ログイン画面

ユーザー名はWord Pressへログインする時に使うので、ユーザー名を知られてしまうとブログを乗っ取られる危険が高くなります。

ブログを安全に運用するため、最初にニックネームを設定しておきましょう。

設定方法

WordPressへログイン

WordPress、あなたのプロフィール

ダッシュボードで「ユーザー」→「あなたのプロフィール」を選択します。

 

WordPress、ニックネーム

「ニックネーム(必須)」に自分のニックネームを入力。「ブログ上の表示名」をニックネームに設定すると、ブログにはニックネームが表示されるようになります。

パーマリンク

記事ごとに割り当てられるURLです。

デフォルトではパーマリンクは数字と記号の組み合わせで表示されます。パーマリンクの設定を変更すれば、記事の内容に合ったURLを入力できるようになります。

パーマリンクを後で変更すると、他のサイトに貼られたリンクからアクセスできなくなるので最初にしておきましょう。

設定方法

WordPressへログイン

ダッシュボードで「設定」、「一般」を選択。

WordPress、設定

続いて「パーマリンク設定」をクリックします。

 

WordPress、設定、パーマリンク設定

「カスタム構造」をチェックして、空白に「 /%postname%/ 」と入力してください。

記事を保存すると、ブログURLの後に日本語のタイトルが表示されます。

英字でURLを設定します。日本語のURLはHTML上では、英数字と記号からなる意味のない記述になってしまいます。英単語はアンダースコアではなくハイフンで繋いでください。

 

ダッシュボードで「投稿」→「投稿一覧」を選択すると記事のタイトルが表示されます。タイトルにカーソルを合わせると「編集」が現れるのでクリックしてください。WordPress、パーマリンク変更、編集

 

WordPress、パーマリンク変更、編集

パーマリンクの最後尾にある「編集」をクリック。

 

WordPress、パーマリンク変更、URLを入力

ブログURLの後に表示されている日本語のURLを英字に変えます。記事の内容に合う言葉を選んでください。問題がなければ「OK」をクリックして完了です。

プラグインの設定

プラグインをインストールすると、標準では用意されていない機能を使えるようになります。セキュリティも高められるので最初に設定しておきましょう。

インストール方法

WordPressへログイン

ダッシュボードで「プラグイン」を選択。

WordPress、プラグイン、追加

「新規追加」をクリックします。

 

WordPress、プラグイン、検索

使用するプラグインの名前を「プラグインの検索」に入力。

 

WordPress、プラグイン、インストール

プラグインの説明を確認したら、「今すぐインストール」をクリックします。

 

WordPress、プラグイン、有効化

次の画面で「有効化」をクリックします。プラグインによっては有効化の後に設定が必要です。

多くのプラグインをインストールすると干渉して不具合を起こしたり、サイトの表示速度が遅くなることがあります。

ウイルスが含まれていたり、Word pressのバージョンやテーマと相性の悪いものもあるので、信用できるものを必要に応じて1つずつインストールしてください。

 

初心者にお勧めの10個のプラグイン

最初からインストールされているもの

Akismet Anti-Spam

コメント欄などに送られてくるスパムを自動で処理します。

Akismet Anti-Spam

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語で使用する時に発生する不具合を解決してくれます。

WP Multibyte Patch

 

自分でインストールするもの

All in One SEO Pack

記事ごとにtitleやmeta descriptionを設定してれます。SEO対策が向上します。

All in One SED Pack

Autoptimize

HTML、CSS、Javascriptのコードを圧縮してくれます。

Autoptimize

BackWPUp

自分で設定したスケジュールで、データを自動的にバックアップします。

BackWPUp

Broken Link Checker

記事内のリンクが切れていると自動的に通知してくれます。

Broken Link Checker

Compress JPEG & PNG images

記事に挿入した画像のファイルサイズを自動的に圧縮してくれます。サイトの表示が速くなります。

Compress JPEG & PNG images

Edit Author Slug

WordPressは自分のサイトURLに「/?author=1」と付け足すとユーザー名が表示されてしまいます。表示されるユーザー名を、他の文字列に変えられるプラグインです。ブログのセキュリティが高くなります。

Edit Author Slug

Google XML Sitemaps

サイトマップを自動で作成し、記事を更新するごとにサイトマップをGoogleへ送信します。

Google XML Sitemaps

Table of Contents Plus

投稿記事のhタグを検知して、記事の冒頭に目次を作成します。

Table of Contents Plus

まとめ

WordPressの初期設定とプラグインの説明をしました。ブログの安全な運営のために最小限必要な手続きです。

● ニックネームを設定して、ユーザー名がブログに表示されないようにしました。
● Googleが推奨するURLを作成するため、パーマリンクの設定を変更しました。
● WordPressのセキュリティと機能を高める10個のプラグインを紹介しました。

ブログを安全、快適に楽しむために、WordPressをインストールしたら最初に設定してください。

次回は、WordPressのビジュアルエディタで文章を書いていて気になったことと、その対策を説明します。
WordPressの初心者のために、段落と改行の違いと、見出しの設定を説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください